【レビュー】YAZŪKA (ヤズーカ)ワールドモルトBEAUTIFUL

長濱蒸留所

日本を代表するロックミュージシャンの吉井和哉氏と長濱蒸留所のコラボレーションウィスキー。
吉井和哉氏と本場スコットランドのシングルモルトウィスキーとの出合いは、撮影で訪れたスコットランドのバー。現地の紳士に勧められて飲んだスコッチウィスキーの味に衝撃を受け、スコッチウィスキーの魅力に傾倒していく中で、「いつか自分の人生を投影したウィスキーを造りたいという気持ちが強くなっていた」という。吉井和哉氏自らが味のテーマ設定・ブレンディング・テイスティング・樽選定にまで関わり仕上げたプレミアムなウィスキー。

商品名の「BEAUTIFUL」は「吉井和哉」名義でのファーストシングルの楽曲のタイトル。この楽曲はTHE YELLOW MONKEYが2001年に活動を休止して以降、ソロ活動を繰り広げる中でミュージシャンとして様々な葛藤をしている中で絞り出された珠玉の楽曲。苦しみや悲しみを乗り越えた大人の男から香り立つピーティな苦みと甘さを繊細に表現されたウィスキーです。父の50回目の命日にあたる8月19日に発売。

1.メーカー

長浜浪漫ビール株式会社

設立1995年(平成7年)
本社所在地〒526-0056 滋賀県長浜市朝日町14-1
所有蒸留所長濱蒸留所

2.蒸留所

長濱蒸留所

所在地〒526-0056 滋賀県長浜市朝日町14-1
操業開始2016年(平成28年)11月1日

滋賀県びわ湖北部にある日本最小クラスの長濱蒸留所は、クラフトビールの醸造所とレストランを併設しています。大手ウィスキーメーカーを含めてもレストランを併設している蒸留所は少なく、クラフトウィスキー蒸留所となればごく稀な存在です。

設置された個性的なポットスチルの形状はウィスキーづくりのまさに原点を感じさせます。
長濱蒸留所は元々は江戸時代から米蔵だったところを改修し、1996年からビールづくりが始まりました。その後、2016年にウィスキーづくりのための設備を導入。建物の中は吹き抜けになっていて、1階に糖化槽と蒸留器を設置、2階に粉砕機と発酵槽が設置してあります。
ポットスチルは初留2基、再留1基で、加熱方式は間接蒸気のひょうたんのような形をしたアランビックタイプのポットスチルで、ブランデーの蒸留に使われることが多いポットスチルを使用しています。このアランピックタイプのポットスチルは日本のクラフト蒸留所の中では現在長濱蒸留所だけが使用しています。特徴としては、酒質がクリアで柔らかく雑味の少ないものが出来るメリットがあります。

創業から今に至るまでの間で試行錯誤が繰り返されました。大きな変更点は麦芽の粉砕比率を変更したり、発酵時間を当初60時間だったところを今では72時間に変更。また、蒸留器を2基から3基に増設。創業時は初留釜が1000リットル、再留釜が500リットルでしたが、再留釜も入れ替えて、3基全て1000リットルに統一。あとはスコットランドの蒸留所に倣って、再留器の洗浄をほとんどしていない。など、創業後およそ4年間で様々な変化をしてきました。

引用:ウイスキー|長濱浪漫ビール

長濱蒸留所の詳細情報は、こちらの記事もご覧ください。

3.商品名と写真

YAZŪKA (ヤズーカ)ワールドモルトBEAUTIFUL
YAZUKA World Malt BEAUTIFUL

4.特徴

シェリー樽の芳醇な香りとスモーキーな余韻が特長
艶やかなアンバーカラー。トップノートにはシェリー樽由来のベリーやレーズン。パッションフルーツやドライフルーツを想わせる華やかで甘く、優しいアロマ。口当たりは非常に滑らかで、ピート原酒由来のスモーキーなアクセントはシェリーカスクの芳醇さと交わり、より重厚な味わいに。心地よいスモーキーさは余韻にまで続き、ビロードのように繊細な風味とともに喉奥へと消えゆきます。

4-1.テイスティングノート

香りパッションフルーツ、パイナップル、瑞々しいフルーツの香り
味わいベリーやレーズンの酸味、フルーツの甘み、ピーティな苦み
余韻若干のピートを感じながらも甘さ際立つ余韻

4-2.商品スペック

アルコール度数47%
酒別ブレンデッドモルト
樽種シェリー樽にて追加熟成
内容量700ml
販売本数6,000本限定
希望小売価格8,800円(税抜8,000円)
発売日2021年8月19日

5.受賞歴

現時点での受賞歴はございません。

6.価格

6-1.メーカー希望小売価格

商品名YAZŪKA (ヤズーカ) ワールド モルト “ BEAUTIFUL ” Ride on AMAHAGAN Selected by 吉井和哉
容量700ml
希望小売価格8,800円(税抜:8,000円)

6-2.メルカリでの転売価格

メルカリでの転売価格は、12,000円~15,000円前後となっています。(※2021/8/23時点)

6-3.ヤフーオークション落札価格

ヤフーオークションでの落札価格は、「ワールドブレンデッドFather」と「ワールドモルトBEAUTIFUL」の2本セットで最安23,500円、最高27,980円、平均25,400円 (※2021/8/23時点より過去120日間の統計情報)

6-4.楽天、ヤフーショッピング、Amazon

通販サイトでも、「ワールドブレンデッドFather」と「ワールドモルトBEAUTIFUL」の2本セットで42,000円前後で販売されています。 (※2021/8/23時点)

6-5.BAR新海での提供価格

当サイトが運営する「BAR新海」では、1杯、45ml:2,640円、30ml:1,760円、15ml:880円 にて提供しております。

7.まとめ

吉井和哉氏のこだわりはブレンディング・テイスティングに留まらず、熟成にも及んでいます。それぞれの楽曲のテイストに合わせて “Father”はバーボン樽、“BEAUTIFUL”はシェリー樽を追加熟成に使用。 長濱蒸留所の熟成庫でそれぞれのオリジナル音源を混じり気の無いピュアオーディオで樽に聴かせながらじっくりと熟成することにより、それぞれの楽曲が持つ世界観をさらに強くウィスキーの味に染み込ませることに成功しました。
このウィスキーを購入された方の中にはウィスキーのことはあまり知らないけど、ファンなので買ってみたという方もいると思いますが、楽曲と共に樽熟成されたウィスキーということならファンの方々はとても嬉しいですよね。是非その楽曲をかけ、想いを馳せながら愉しんでほしいウィスキーです。

■長濱蒸留所に関するその他の記事も是非ご覧ください。

最後に:ジャパニーズウィスキーのおすすめ書籍

世界的なトレンドを巻き起こしている「ジャパニーズウィスキー」の事をもっと知りたい、もっと勉強したいという方は、是非こちらの書籍をおすすめいたします。

(1).ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー

世界的にも有名なウィスキー評論家で、ウィスキー文化研究所代表 土屋守先生の著書「ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー」です。
ウィスキーの基礎知識、日本へのウィスキーの伝来、ジャパニーズウィスキーの誕生、広告戦略とジャパニーズウィスキーの盛隆、そして、現在のクラフト蒸留所の勃興まで。日本のウィスキーの事が非常にわかりやすくまとめられた一冊。

(2).ウィスキーと私(竹鶴政孝)

日本でのウイスキー醸造に人生を捧げた、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝。ただひたすらにウイスキーを愛した男が自らを語った自伝の改訂復刻版。若き日、単身スコットランドに留学し、幾多の苦難を乗り越えてジャパニーズ・ウイスキーを完成させるまでの日々や、伴侶となるリタのことなどが鮮やかに描かれる。

created by Rinker
¥1,650
(2021/09/24 15:52:01時点 Amazon調べ-詳細)

(3).新世代蒸留所からの挑戦状

2019年発売。世界に空前のウイスキーブームが到来しているいま、クラフト蒸留所の経営者たちは何を考え、どんな想いでウイスキー造りに挑んだのか。日本でクラフト蒸留所が誕生するきっかけを作った、イチローズ・モルトで有名なベンチャーウイスキーの肥土伊知郎氏をはじめとする、13人のクラフト蒸留所の経営者たちが世界に挑む姿を綴った1冊。

created by Rinker
repicbook(リピックブック)株式会社
¥1,870
(2021/09/24 15:52:01時点 Amazon調べ-詳細)

(4).ウィスキーライジング

2016年にアメリカで出版された『Whisky Risng』の日本語版であり、内容も大幅にアップデート。ジャパニーズ・ウイスキーの歴史が詳細に記述されているだけでなく、近年、創設がつづくクラフト蒸溜所を含む、日本の全蒸溜所に関するデータも掲載。そのほかにも、今まで発売された伝説的なボトルの解説や、ジャパニーズ・ウイスキーが飲めるバーなども掲載されています。

関連記事

TOP