ウィスキーレビュー

スポンサーリンク
ウィスキーレビュー

【レビュー】シングルモルト余市 シェリー&スイート(蒸留所限定)

ニッカウヰスキー、余市蒸溜所限定販売のシングルモルトウイスキー。余市蒸留所の多様な樽の個性を楽しめるシリーズの「余市シェリー&スイート」。濃厚な果実の甘みと樽由来のほろ苦さとコク。定価6,800円(税込)/500ml。
ウィスキーレビュー

【レビュー】ニッカ シングルカフェグレーン ウッディ&メロウ(蒸留所限定)

ニッカウヰスキーの蒸留所限定シリーズ。竹鶴政孝が原料本来の香りや甘みを残すことにこだわり旧式とされながら導入した「カフェ式連続蒸留機」を使用して製造されるグレーン。甘みが強く、穀物由来の香味がしっかりとした品質の高さ。参考小売価格:500ml  税込6,800円
ウィスキーレビュー

【レビュー】厚岸シングルモルトウイスキー寒露(かんろ)

2020年10月28日に発売された厚岸蒸留所初のフルボトル。限定約15,000本。二十四節気をシリーズ化した第一作目「寒露」。ワイン樽・バーボン樽・シェリー樽・ミズナラ樽の3年熟成原酒をブレンド。スモーキーな香りとドライフルーツやチョコレートの甘味。原酒の品質の高さがうかがえる逸品。
スポンサーリンク
ウィスキーレビュー

【レビュー】マルスモルテージ越百

本坊酒造より2015年7月1日に発売された「マルスモルテージ越百」は、タイプの異なる複数のモルト原酒をヴァッティングし、複雑さと奥行きを表現したモルトウイスキー。「越百(こすも)」の由来は、中央アルプスに連なる山の一つの「越百山(こすもやま)」より。
ウィスキーレビュー

【レビュー】ニッカ デイズ

2018年11月発売。海外限定、ジャパニーズブレンデッドウィスキー。ニッカのヨーロッパでの販売代理店でもあるパリのウイスキー専門店ラ・メゾン・デュ・ウイスキーが「ウイスキー・ライブ・パリ2018」でお披露目。11月よりフランスで販売が開始された。
ウィスキーレビュー

【レビュー】嘉之助ニューボーン2020ピーテッド

鹿児島県の小正酒造が運営する嘉之助蒸留所より2020年9月16日発売。嘉之助ニューボーン2020ピーテッド。イギリス産ピーテッド麦芽を使用し蒸留。2018年8月に蒸留したウイスキー原酒ホワイトオーク樽で24ヵ月間熟成させ、カスクストレングスでボトリングした嘉之助ニューボーンの第3弾。
ウィスキーレビュー

【レビュー】シングルモルト駒ヶ岳 リミテッドエディション2020

本坊酒造のマルス信州蒸留所より15,000本限定で2020年9月16日発売された「シングルモルト駒ヶ岳リミテッドエディション2020」。シェリー樽とアメリカンホワイトオーク樽で熟成されたモルト原酒をヴァッティング。熟したプラムの香り、上品な蜂蜜やバニラといった穏やかな甘い香り。
ウィスキーレビュー

【レビュー】ニッカ セッション

2020年9月29日発売。ニッカウヰスキー「ニッカ セッション」。スコットランド(ベンネヴィスなど)と日本の高品質なモルト原酒をブレンドしたブレンデッドモルト。華やかな香りとモルトの香ばしさ、なめらかな口当たりとオークの甘さ。ビターをともなうピートの余韻が特徴。
ウィスキーレビュー

【レビュー】マルスウイスキー浅葱斑(あさぎまだら)

2020年9月23日発売。マルス信州蒸溜所35周年メモリアルウイスキー。マルス信州蒸留所の初代ポットスチルで蒸留された8年以上熟成のモルトウイスキーに、同じく8年以上熟成された国産グレーンウイスキーをブレンド。蒸溜所を取り囲む中央アルプス山麓の森林を連想させる爽やかな香りと味わい。
ウィスキーレビュー

【レビュー】エッセンス・オブ・サントリーウイスキー <知多蒸溜所 桜樽後熟ブレンド>

「本質」を追求するTHE ESSENCE of SUNTORY WHISKYシリーズより、2020年4月28日発売の第4弾。知多蒸留所 桜樽後熟ブレンドは、15年熟成の知多グレーン原酒を桜樽で更に3年以上追熟。更に12年や21年以上の長期熟成の知多グレーン原酒をブレンド。
スポンサーリンク