3. 関東地方のウィスキー蒸留所

3. 関東地方

3-1. 木内酒造 額田醸造所/八郷蒸溜所

画像出典:木内酒造 公式HP

1823年、茨城県那珂の地で創業した木内酒造は、清酒・菊盛をはじめ、焼酎やワイン、リキュール、クラフトビール「常陸野ネストビール」などを製造しています。

常陸野ネストビールを造るなかで、復活させた日本の幻のビール麦「金子ゴールデン」を活かして、2016年から常陸野ならではのウイスキーを造りを開始しました。熟成を経て直営店での提供を皮切りに、2019年4月、缶入りハイボールの商品化。

そして、ジャパニーズウイスキー造りをさらに追求するために、筑波山の麓に「八郷蒸溜所」を建設し2020年に操業開始しました。

画像出典:木内酒造 公式HP
所在地〒315-0151
茨城県石岡市須釜1300-8
アクセス

<電車>
JR常磐線「石岡駅」よりタクシーで約35分
<車>
常磐道「土浦北IC」からフルーツライン経由約20分
常磐道「千代田石岡IC」からフルーツライン経由約20分
常磐道「石岡小美玉スマートIC」からフルーツライン経由約20分

操業開始2020年 八郷蒸留所
(額田醸造所は2016年から蒸留開始)
公式HP木内酒造 八郷蒸留所
見学
商品

八郷蒸留所の代表的なクラフトビール

3-2. ベンチャーウイスキー 秩父蒸溜所

2008年に操業をスタートした秩父蒸留所は、僅か数年で「イチローズモルト」として世界が注目するウィスキーメーカーとなりました。
創業者「肥土伊知郎」氏の父が経営していた「東亜酒造」は羽生蒸留所を所有してウィスキー製造を行っていました。肥土氏が2001年に引き継いだ時には経営不振となっており、2003年に「日の出通商」へ営業譲渡されます。その時にウィスキー事業からの撤退も決定され、貯蔵されていたウィスキーは廃棄される危機を迎えてしまいます。引き取り手探しに奔走し、笹の川酒造からの協力を得る事に成功し、貯蔵庫を間借りして羽生蒸留所に貯蔵されていたウィスキーを移動する事ができました。その後、笹の川酒造と共に羽生蒸留所の原酒を使ったウィスキーの販売を行う。
肥土氏は、2004年に㈱ベンチャーウィスキーを設立し、2007年に肥土氏自らの故郷でもあり、酒造りに適した環境でもある事より秩父にウィスキー蒸留所を完成させます。

ウィスキーフェスティバル2019出展の様子。これまでにリリースされた商品から一部の商品を試飲する事が出来ました。常時ブースは行列でイチローズモルトの人気の高さを表していました。

所在地〒368-0067
埼玉県秩父市みどりが丘49
アクセス

<電車>
秩父鉄道 皆野駅からタクシーで約15分
西武線 西武秩父駅からタクシーで約20分
<車>
関越自動車道花園インターより秩父方面、皆野寄居有料道路を直進。
料金所を通過して2個目の出口で下り、交差点大塚を直進し、次の交差点を右折、みどりが丘工業団地方面案内看板を確認して進む。

操業開始2007年
公式HPChichibu Distillery Facebookページ
見学プロ向けのみ。一般見学は行っておりません。
商品イチローズモルトミズナラウッドリザーブ、イチローズモルトダブルディスティラリーズ、イチローズモルト&グレーン…etc

秩父蒸留所の代表的なウィスキー

3-3. ベンチャーウイスキー 秩父第2蒸溜所

2018年、秩父蒸留所から400m程離れた場所に秩父第2蒸留所を操業しました。
第2蒸留所では、発酵槽をミズナラ材からフレンチオーク材へ変更。更に、ポットスチルを蒸気による間接式加熱から、ガスによる直火式加熱に変更しています。
アルコール換算生産量は、第1蒸留所が1日160リットルに対して、第2蒸留所は1日800リットルと約5倍の生産量となります。
現在は入手困難なイチローズモルトですが、第2蒸留所の操業開始により今後生産量が大幅に増え、商品の流通量も増えて来ることが予想されます。

3-4. 東亜酒造 羽生蒸溜所

画像出展:東亜酒造|Facebook

ウィスキー市場の低迷により2000年でウィスキー製造を休止していた東亜酒造。経営不振で一度は操業停止したものの、主力の清酒がここ数年国内外で高い評価を得て経営基盤も徐々に安定してきたこともあり、ウィスキー事業再建を決意。
当時のポットスチルの手書きの図面が残っていたこともあり、以前と同じ製作会社に製造を依頼。様々な条件が揃ったことで、2021年2月に約20年ぶりに羽生蒸溜所を再開し、自社蒸溜を実施。3年後の出荷を目指す。

画像出展:Makuake|清酒造り400年の東亜酒造が羽生蒸溜所復活!

東亜酒造は4月11日~5月30日までの期間、「Makuake」にてクラウドファンディングを実施したところ、わずか3日で1,000万円以上の応援購入を集めた。

クラウドファンディングのリターンとして、羽生蒸溜所の復活を記念して樽に入れる前の「ウィスキーニューポット」や、今回限定でゴールデンホース【武蔵】【武州】の特別ラベル、ゴールデンホースのエンブレムを刻印したテイスティンググラス2種を用意した。

所在地〒348-0054
埼玉県羽生市西4-1-11
アクセス最寄り駅からのアクセス/東武伊勢崎線「羽生駅」、秩父鉄道「羽生駅」より徒歩で5分
最寄りICからのアクセス/東北自動車道羽「羽生IC」より車で15分
操業開始1946年~2004年10月(稼働は2000年まで)、2021年2月~再開
公式HP株式会社東亜酒造
見学工場見学一時休止中。(2021年5月28日時点)
商品ゴールデンホース武州、ゴールデンホース武蔵、ウイスキー歌舞伎

羽生蒸留所の代表的なウィスキー

3-5. 光酒造 鴻巣蒸溜所

2020年操業開始。鴻巣蒸溜所は東京駅から乗り換え無しで1時間の場所にある、都心部から最もアクセスしやい蒸留所になります。
建物はスコットランドを思わせる造りで日本にある今までの蒸留所とはまた違った雰囲気です。
マッシュタン(糖化槽)とポットスチル(蒸留機)はスコットランドのフォーサイス社製を使用。ポットスチルは2基で初留がランタンヘッド型で5,500ℓ、再留がバルジ型で3,600ℓ。まっすぐで低いネックと下向きのラインアームが特徴。ウォッシュバック(発酵槽)は全部で6基、すべてステンレス製を使用していて4~5日発酵させる。
現在は英国産の麦芽を使用。ノンピート麦芽、ピーテッド麦芽両方の仕込みを行っている。麦芽の粉砕比率(ハスク:グリッツ:フラワー)は2:7:1の割り合いで粉砕している。近い将来には鴻巣産の大麦を使用したい考えのよう。
熟成庫は1棟でダンネージ式、バーボンバレル熟成がメイン。

2025年以降の販売を目標に、時間をかけて生産に取り組んでいる様子。
今後の目標として、ビジター棟の建設や宿泊施設の併設なども視野に入れている。

所在地〒369-0133
埼玉県鴻巣市小谷625番地
アクセス最寄り駅からのアクセス/JR「北鴻巣駅」より徒歩20分
操業開始2020年
公式HP光酒造株式会社 公式Facebook ホームページは現在制作中のようです。
見学現在は行っておりません。
2024年~2025年頃から開始予定。 試飲、販売、カフェなどを設置予定。
商品