画像出展:サントリー公式HP

5. 関西地方のウィスキー蒸留所

5.関西地方

5-1. サントリースピリッツ 山崎蒸溜所

サントリーの創業者 鳥井信治郎は、「日本人の繊細な味覚にあった、 日本のウイスキーをつくりたい」という熱い想いを持ち、ウィスキーづくりを決意し山崎蒸留所は日本で初めてのウィスキー蒸留所として1923年に誕生しました。

画像出典:シングルモルトウィスキー山崎 サントリー

山崎蒸留所の建設にあたって、スコッチ・ウイスキーの本場スコットランドでウイスキー製造を学んだ竹鶴政孝を招聘し、山崎蒸留所長に任命しました。
京都の南西、天王山の麓、山崎。ウィスキーづくりにおいて重要な“良質な水”と“自然環境”にこだわり、数ある候補地の中からこの山崎の地が選ばれました。

操業当時の山崎蒸留所
画像出典:シングルモルトウィスキー山崎 サントリー

山崎蒸溜所の蒸溜室には、サイズや形の異なる蒸溜釜が向かい合って並んでいます。
こんなにも様々なタイプの蒸溜釜を有する蒸溜所は世界でも稀。大きさや形状の違う蒸溜釜は、それぞれに生み出す原酒の特長が異なり、軽快な味わいのものから重厚な味わいのものまで、多種多様な原酒を生み出しています。

画像出典:山崎蒸留所 – Wikipedia

所在地〒618-0001
大阪府三島郡島本町山崎5丁目2−1
アクセス
  • JR西日本東海道本線(京都線)山崎駅 徒歩7分
  • 阪急電鉄京都本線大山崎駅 徒歩10分
操業開始1923年
公式HPサントリー 山崎蒸留所
見学見学可。HPより要予約。
※現在、見学を一時休止しています。(2020年12月28日)
商品シングルモルトウィスキー山崎、シングルモルトウィスキー山崎12年、シングルモルトウィスキー山崎18年、シングルモルトウィスキー山崎25年

山崎蒸留所の代表的なウィスキー

5-2. 江井ヶ嶋酒造

500mlの小さなボトルの地ウィスキー「あかし」を製造する江井ヶ嶋酒造は、1888年に創業した日本酒の酒造メーカーでした。
ウィスキー製造の歴史は意外に古く、1919年にはウィスキー製造免許を取得しました。

画像出典:江井ヶ嶋酒造 – Wikipedia

本格的なウィスキー製造を行う為のポットスチルなどの設備の導入は1984年に完成。その後、低価格帯のウィスキーを販売してきましたが、最近では、『「あかし」シングルモルト 8年』や『シングルモルト 江井ヶ嶋 シェリーカスク』などの新商品も続々とリリースしています。

画像出典:江井ヶ嶋酒造株式会社 | 蔵見学

画像出典:江井ヶ嶋酒造オンラインショップ

所在地〒674-0065
兵庫県明石市大久保町西島919
アクセス最寄り駅:山陽電車 西江井ヶ島駅
操業開始1919年(ウィスキー製造免許取得)
※蒸留開始していたかは不明
公式HP江井ヶ嶋酒造株式会社
見学見学可。電話かメールで要予約。
※現在、見学を一時休止しています。(2020年12月28日)
商品ホワイトオーク シングルモルトあかし 、ホワイトオーク 地ウイスキーあかし、ホワイトオーク あかしレッド

江井ヶ嶋酒造の代表的なウィスキー

5-3. 京都酒造 京都みやこ蒸溜所

画像出展:ピックアップ|京都酒造株式会社公式HP

京都酒造株式会社は2019年8月16日設立。ウイスキー製造免許の取得は2020年7月6日。ポットスチルは合計3基。5000ℓが2基、1000ℓが1基。
2021年3月19日に「京都ウイスキー 西陣織赤帯(ブレンデッドウイスキー)」、「京都ウイスキー 西陣織黒帯(バーボンとモルト原酒のブレンド)」、「京都ウイスキー 西陣織紫帯(ブレンデッドモルト)」の3種類のウイスキーを販売開始。
「京都ウイスキーは京都府のみの販売」と公式で案内されておりますが、おそらく店頭販売に関してのことで、通販サイトでは販売されているので京都府以外の方も購入は可能のようです。

京都みやこ蒸留所はオープニングスタッフとして募集していた求人媒体に、採用後の研修場所として鳥取の「倉吉蒸留所」と記載していたことから松井酒造合名会社系列の蒸留所なのか?と、一時物議を醸しましたが現時点では真相は不明のままです。

画像出展:kyoto whisky 公式Twitter
所在地〒629-1131
京都府船井郡京丹波町坂原南林11番
アクセス最寄り駅:JR山陰本線・和知駅から徒歩10分
操業開始2020年7月6日(非公開の為、ウイスキー製造免許所得日を記載)
公式HP京都酒造株式会社
見学
商品「京都ウイスキー西陣織赤帯」、「京都ウイスキー西陣織黒帯」、「京都ウイスキー西陣織紫帯」

京都みやこ蒸留所の代表的なウィスキー

5-4.明石酒類醸造株式会社  海峡蒸溜所

画像出展:波門崎ウイスキー|海峡蒸溜所

明石酒類醸造株式会社は1860年創業。焼酎の製造から始まり、その後順次酒類製造免許を取得し、清酒・みりん・リキュール・合成清酒・などの醸造酒を製造してきた。

ウィスキーの製造免許を取得したのは2017年。ポットスチル(蒸留機)は2基、どちらもスコットランドのフォーサイス社製。同じくマッシュタン(糖化槽)もフォーサイス社製。
2020年から蒸留を開始する予定でしたが、新型コロナウィルスの影響で遅れている。
現在の商品ラインナップは、おそらく海外原酒を使用してボトリングされた「波門崎(はとざき)ウィスキー」を海外向けに販売している。今のところ国内流通はしていない。

クラフトジンの「東経135度兵庫ドライジン」を2021年秋より販売開始していく予定。

所在地〒673-0871 
兵庫県明石市大蔵八幡町1-3
アクセスJR神戸線「朝霧駅」から徒歩10分
操業開始2017年
公式HP海峡蒸溜所
見学
商品波門崎(はとざき)ピュアモルトウイスキー・ブレンデッドウイスキー、どちらも国内未販売

5-5.アクサスホールディングス株式会社  六甲山蒸溜所

酒専門店「アワーリカー」やドラッグストア「チャーリー」などの運営や酒食品等の輸出入を行うアクサスホールディングス株式会社(徳島)。美しい夜景や名水等の豊かな自然を擁する神戸のランドマークである六甲山でのウィスキー及びスピリッツ類の製造・熟成、見学・試飲及び販売事業を通じて、国内はもとより世界中のお酒好きや情報に敏感な人々に訴求することで、ウイスキーを軸とした新たなカルチャーの発信地となることを目的としています。

当初は2020年11月稼働予定でしたが、延期され2021年3月下旬へ。そこから更に遅れて2021年7月1日から稼働開始。敷地面積1,160.73㎡。神戸市が観光振興における重要な課題の1つである六甲山の活性化を実現することを目的とした、六甲山上の遊休施設等を利活用した「賑わい創出事業」の一環として事業開始。

当面はウィスキーのみを生産していく方向で、ポットスチルはドイツ製を使用。すでに蒸留された原酒は樽熟成されていて、3年以上熟成させた「ジャパニーズウィスキー」として販売していく意向。国内および海外サプライヤーとの連携による国外市場の開拓によって海外にも展開していく。

現在の商品ラインナップは「六甲山ピュアモルトウィスキー12年」と「六甲山ピュアモルトウィスキー12年ピーテッド」。
スコットランドのモルト原酒を六甲山の天然水で加水調整したピュアモルトウィスキー。神戸市の元町WHISKYにて販売中。

所在地〒657-0101 
兵庫県神戸市灘区六甲山町南六甲1034-229
アクセス六甲ケーブル「六甲山上駅」から徒歩15分
操業開始2021年7月1日
公式HP六甲山蒸溜所公式Instagram
見学8月以降、見学・テイスティングルームやショップを開設予定
商品六甲山ピュアモルトウィスキー12年、六甲山ピュアモルトウィスキー12年ピーテッド