World Whiskies Awards 2022 日本予選の結果発表と受賞商品一覧

ニュース
ニュース
ニッカウヰスキー余市蒸溜所キリン富士御殿場蒸溜所秩父蒸溜所(イチローズモルト)厚岸蒸溜所信州蒸溜所津貫蒸溜所嘉之助蒸溜所三郎丸蒸留所長濱蒸溜所安積蒸溜所桜尾蒸留所

世界各国からエントリーされたウイスキーの中からカテゴリーごとの最高賞を決めるウイスキーのコンペティション「World Whiskies Awards(ワールド・ウイスキー・アワード)」。2022年度の各国の予選の結果が発表されました。

本記事では、日本での1次予選の結果をカテゴリ毎に整理して紹介して参ります。

厚岸」「嘉之助」「津貫」「駒ヶ岳」「安積」「三郎丸」などのクラフトディスティラリーズ(小規模蒸留所)からリリースされたウイスキーが多数受賞する結果となりました。

予選の入賞商品は、この後、世界ラウンドへ進出し、3/24に最終結果が発表される事となっています。

スポンサーリンク

1.ワールド・ウイスキー・アワードとは?

ワールド・ウイスキー・アワードは、国際的に認められたあらゆるスタイルのウイスキーの中から、最も優れたものを選出する世界的な賞です。酒類専門家のための世界No.1オンラインリソースであるTheDrinksReport.comが主催するワールド・ウイスキー・アワードは、世界最高のウイスキーを選び、表彰し、世界中の消費者および業界関係者に向けてプロモーションを行うものです。

 

(画像出典:World Whiskies Awards)

 

2.審査の流れ

この審査は、Taste(味)とDesign(デザイン)の2つのジャンルに分かれていますが、ここではTaste(味)の審査に関して説明していきます。

2-1.第1ラウンド

各ウイスキーをそれぞれのスタイルでテイスティングし、スタイルの勝者を特定・選出します。ワールド・ウイスキー・アワードの審査員には、国際的に活躍するジャーナリスト、酒類小売業者、業界の専門家などが名を連ねています。第一ラウンドの審査は、出品国それぞれで行われているようです。

2-2.第2ラウンド

スタイル賞を受賞したウイスキー同士をテイスティングし、各カテゴリーの「ベスト」ウイスキーを決定します。

2-3.第3ラウンド

各カテゴリーの「ベスト」ウイスキーは、最後にもう一度テイスティングを行い、「ワールド・ベスト」ウイスキーを決定します。この段階での審査員には、第1ラウンドと第2ラウンドの審査員に加え、第一線の蒸溜所経営者やウイスキー業界の専門家が名を連ねます。

3.日本の第1ラウンドの結果

それでは、日本より出品されたウイスキーの第1ラウンドの結果をカテゴリ毎に見ていきたいと思います。このリストのオリジナルの情報はこちら

尚、ボリュームの関係上、Blonze受賞ウイスキーは商品名のみの紹介とさせて頂きます。

3-1.Blended(ブレンデッド)

ブレンデッドウイスキーとは、少なくとも1種類のシングルモルトウイスキーと1種類のシングルグレーンウイスキーをヴァッティングして製造されたウイスキーです。ブレンデッドモルトに地理的表示(例:アイリッシュブレンデッドモルト)がある場合、そのブレンドはラベルに記載されている国でヴァッティングされ、瓶詰めされたものでなければなりません。さらに、構成ウイスキーの大部分(50%以上)が、ラベルに記載されている国で蒸留・熟成されたものでなければ、エントリーの資格はありません。

【Category Winner】厚岸ブレンデッドウイスキー処暑

【レビュー】厚岸ブレンデッドウイスキー処暑(しょしょ)
熟成年数4年の原酒をメインに使用。原酒の構成はバーボン樽原酒主体でシェリー樽、ワイン樽原酒にて調整。複雑さと深みを増した熟成感。

【Gold】ニッカ フロム ザ バレル

【レビュー】ニッカ フロムザバレル
『フロム・ザ・バレル』は、熟成を経たモルト原酒とグレーン原酒をブレンド後、さらにもう一度樽詰めし、数ヶ月ほど再貯蔵。この再貯蔵は「マリッジ(結婚)」と呼ばれ、まさにこの間、個性の違うウイスキーは結婚したかのように深く馴染み合い、調和の取れた美味しさが生まれます。

【Silver】 厚岸ブレンデッドウイスキー雨水

【レビュー】厚岸ブレンデッドウイスキー雨水(うすい)
厚岸ブレンデッドウィスキー雨水は、未熟成のまま輸入し たスコットランド産グレーンは厚岸蒸留所で樽詰めして3年以上熟成。厚岸モルトと隣同士で熟成させた結果、厚岸モルトと非常に相性の良いグレーンウィスキーに仕上がりました。厚岸モルト特有の甘く薫り高いピート感とグレーンの軽やかさが相俟って醸し出される華やかなハーモニー。

【Silver】 ニッカ デイズ

【レビュー】ニッカ デイズ
2018年11月発売。海外限定、ジャパニーズブレンデッドウィスキー。ニッカのヨーロッパでの販売代理店でもあるパリのウイスキー専門店ラ・メゾン・デュ・ウイスキーが「ウイスキー・ライブ・パリ2018」でお披露目。11月よりフランスで販売が開始された。

【Silver】 忍 ブレンデッドウイスキー ミズナラウッドフィニッシュ

【Silver】京都ウイスキー 西陣織 黒帯

Bronze】Shin Select Reserve

Bronze】The Shiki Blended Whisky Number 5

Bronze】The Shiki Blended Whisky Number 6

Bronze】The Shiki Blended Whisky Number 7

3-2.Blended Limited Release(ブレンデッド 限定発売)

ブレンデッドウイスキーの発売で3600本以下の限定生産のもの。

【Category Winner】イチローズモルト&グレーン リミテッドエディション 2022

写真は2021年のバージョンなので、今回受賞したのは2022年にリリースする商品と思われます。

Silver】シングルブレンデッドウイスキー富士 リミテッド 2022

キリンの「シングルグレーン富士」が”シングルブレンデッド”ど名乗っているという事は、どういうことなのか?これはきっと、一ヵ所の蒸留所(富士御殿場蒸溜所)で作られたモルト原酒とグレーン原酒をブレンドしたという事を表しているのではないかと思います。

写真は、参考として現行の「シングルグレーン富士」を掲載します。

3-3.Blended Malt No Age Statement(ブレンデッドモルト 年代表記無し)

ブレンデッドモルトウイスキーは、異なる蒸溜所で蒸溜されたシングルモルトウイスキーを組み合わせて製造され、パッケージでは「ヴァッテッドモルト」または「ピュアモルト」と表記されることもあります。ブレンデッドモルトに地理的表示(例:アイリッシュブレンデッドモルト)がある場合、そのブレンドはラベルに記載されている国でヴァッティングされ、瓶詰めされたものでなければなりません。さらに、構成ウイスキーの大部分(50%以上)が、ラベルに記載されている国で蒸留・熟成されたものでなければ、エントリーの資格はありません。

【Category Winner】山桜 ブレンデッドモルト 安積 

【レビュー】山桜ブレンデッドモルトジャパニーズウイスキー シェリ...
かねてから弊社が貯蔵熟成していた国産原酒と安積蒸留所の原酒を厳選しブレンド。シェリーカスクにて更に約18ヶ月熟成したブレンデッドモルトジャパニーズウイスキー重厚感とシェリー由来の美しい甘さがバランス良く感じられ余韻も長め。

【Silver】ニッカ 竹鶴 ピュアモルト

 

【レビュー】竹鶴ピュアモルト 新ラベル
2020年3月竹鶴17年・竹鶴21年・竹鶴25年が終売。竹鶴ピュアモルト(年数表記なし)はリニューアル。余市モルトの原酒使用比率を高め、香りやコクの余韻が付け足されました。北の海に鍛えられたモルトと、緑の峡谷で育まれたモルトを磨きあげ、組みあわせてできたのが新竹鶴ピュアモルトです。

【Silver】マルス 駒ヶ岳×秩父 モルトデュオ 2021

【レビュー】マルスウイスキー モルト デュオ 駒ヶ岳×秩父 20...
ジャパニーズウイスキーのさらなる可能性を探求し、蒸溜所の垣根を越えて美味しいウイスキーを造りたい。そんな想いから、2015年、マルス信州蒸溜所とベンチャーウイスキー秩父蒸溜所は、互いのモルト原酒を交換し、それぞれの地で熟成をする試みを始めました。

【Bronze】昌廣ピュアモルトウイスキー

Bronze】Inazuma Synergy Blend

Bronze】Far East of Peat First Batch

Bronze】イチローズモルト ダブルディスティラリーズ

3-4.Blended Malt 12 Years & Under(ブレンデッドモルト 12年以下

【Category Winner】忍 10年 ピュアモルトウイスキー ミズナラ

【Gold】 昌廣ピュアモルトウイスキー12年オロロソシェリーカスク

(画像出典:SHIN GROUP)

【Silver】倉吉12年 

Silver】倉吉18年

created by Rinker
マツイ ピュアモルトウイスキー 倉吉 18年 700ml ブランド名

【Bronze】Shin Mizunara 10 Years Old

Bronze】Shibui Pure Malt 10 Years Old

3-5.New Make & Young Spirit(ニューメイク&ヤングスピリッツ

ニューメイクスピリッツは、発酵させた穀物のマッシュを銅製のポット、コラム、ハイブリッドスチルで蒸留した未熟成の製品である。ヤングスピリットは、木製の樽で6ヶ月以上2年未満熟成させたニューメイクスピリットです。

【Category Winner】山桜ニューポット 安積ピーテッド

 

【Silver】マルス津貫ニューポット へビリーピーテッド2021

マルスウイスキー4本セット 津貫ニューポット・ノンピーテッド2016 モルテージ越百 ツインアルプス 3&7 セット
ウイスキーセット

【Bronze】山桜ニューポット安積

Bronze】Niigata Kameda New Pot Niigata Barley

3-6.Single Cask Single Malt(シングルカスクシングルモルト)

シングルカスクとは、容量750リットル以下の木製樽を指します。シングルカスク・シングルモルト・ウイスキーの認定には、水(希釈用)および/スピリッツ・キャラメル以外のいかなる物質も添加せずに、排出およびボトリングされたことが条件となります。シングルカスク・シングルモルトの製造プロセスにおいて、2つ以上の樽をヴァッティングすることは一切認められていません。

【Category Winner】山桜 シングルカスクウイスキー安積

(画像出典:クラスタイル

【Gold】マルス シングルカスク 津貫 #T491

https://jpwhisky.net/singlecask-tsunuki-2021-11274/]

3-7.Single Cask Single Malt12 Years & Underシングルカスクシングルモルト12年以下

【Category Winner】 マルス駒ヶ岳 2014年 シングルカスク No.1841 7年

【Gold】 三郎丸 ハンドフィル 2017

(画像出典:私とALC)

【Silver】イチローズモルト シングルカスク #2080 for ウイスキー祭り

【Bronze】 Mars Single Cask Tsunuki #T86

3-8.Single Maltシングルモルト

シングルモルト・ウイスキーは、麦芽100%、銅製のポットスチルを使って最低2回蒸留しなければなりません。複数の樽を使用することもできますが、単一の蒸留所の製品でアルコール度数40%以上、木製の樽で最低2年間熟成されている必要があります。シングルモルトウイスキーに地理的表示(アイリッシュシングルモルトウイスキーなど)がある場合は、ラベルに記載されている国で蒸溜・熟成されたものでなければなりません。

【Category Winner】嘉之助シングモルト蒸留所限定

(画像出典:嘉之助蒸溜所

Gold】 嘉之助シングルモルト2021 Second Edition

【レビュー】シングルモルト嘉之助2021 SECOND EDIT...
前作のファーストエディション同様にノンピート麦芽を使用し、バーボン樽で熟成した原酒をキーに、複数の樽をヴァッティング。2018年に嘉之助蒸留所で蒸留し熟成されたシングルモルトジャパニーズウィスキーです。上品な甘さとほろ苦さ、樽香がしっかり感じ取れるウィスキーです。

Silver】嘉之助シングルモルト2021 First Edition

【レビュー】シングルモルト嘉之助2021 FIRST EDITI...
嘉之助蒸留所初のシングルモルトジャパニーズウィスキー「シングルモルト嘉之助2021 FIRST EDITION 」は ノンピート麦芽を使用し、樽熟成米焼酎「 メローコヅル」で使用したカスクで熟成した原酒をキーに、複数の樽をヴァッティング、カスクストレングスでボトリングしました。

Silver】山桜 安積 ザ ファースト ピーテッド

Silver】ニッカ シングルモルト余市ノンピーテッド

【レビュー】シングルモルト余市ノンピーテッド
2024年に創業90周年を迎えるニッカウヰスキーが保有する多様な原酒や、原料や発酵などの製造工程によるウィスキーのつくり分けの歴史が生み出す奥深さに焦点を当てた“NIKKA DISCOVERYシリーズ”第1弾商品です。ウィスキーの多様性や奥深さ、意外性を「発見する」シリーズ。

Silver】マルス 津貫 2022 エディション

【レビュー】シングルモルト津貫2022 エディション
バーボン樽で熟成したモルト原酒を使用。華やかで甘い香り、フルーツの甘さとバーボン樽のウッディで甘いテイストが相まって心地よい余韻。

【Bronze】厚岸ブレンデッドウイスキー サロルンカムイ 海外エディション

Bronze】ニッカ シングルモルト宮城峡

Bronze】マルス津貫2021 南薩摩エディション

Bronze】イチローズモルト秩父ザ・ピーテッド2022

3-9.Small Batch Single Malt(スモールバッチシングルモルト

スモールバッチシングルモルトウイスキーとは、100個以下の樽を使用して製造されたシングルモルトウイスキーと定義されます。

【Category Winner】 シングルモルト長濱 シェリーカスク Batch 0208

(画像出典:Campfire「長濱ウイスキーラボ」)

Silver】シングルモルト長濱 ボルドーカスク Batch1427

(画像出典:ふるさと納税「さとふる」)

3-10.Small Batch Single Malt12 Years & Under(スモールバッチシングルモルト12年以下)

【Silver】三郎丸ⅠThe Magician Cask Strength

【レビュー】シングルモルト三郎丸1 THE MAGICIAN カ...
0から1へ。「ひとつの変化と新たなる一歩、変容、技能、新しい段階」が三郎丸1のキーワード。カスクストレングス版がアルコール度数63%、通常版がアルコール度数48%ということで、通常版よりもモルトの力強さとコクがしっかりと感じられる1本になっています。

【Bronze】桜尾シングルモルトジャパニーズウイスキー カスクストレングス

4.考察

各国の専門家が銘柄を伝えられずに評価をおこなうブラインドテイスティングにより、厳正に審査がされているようです。

ここ数年、日本中で増え続けているクラフトディスティラリーズのうち、早くから始まった「厚岸蒸溜所」「嘉之助蒸溜所」「安積蒸溜所」「駒ヶ岳蒸留所」「津貫蒸溜所」「三郎丸蒸留所」が審査により正当な評価を受けた事は、非常に喜ばしく意味のある事だと思います。ジャパニーズウイスキーが大手のサントリーやニッカだけでなく、『クラフトディスティラリーズ』の存在感もしっかりと示すことが出来ました。

一方、審査結果を見るとちょっと違和感を感じてしまう部分も少々あります。「こんなウイスキー日本で聞いたことないなぁ」「日本では流通していないなぁ」という海外向けに企画されたであろう輸入原酒を国内で短期間追熟してブレンドしただけと思われるウイスキーも散見されます。(規定に抵触していないのか、問題ないのか定かではない)

ジャパニーズウイスキーの世界的なブームに便乗して、自社で十分な製造設備を用意せずに作られたウイスキーが、あたかもジャパニーズウイスキーのようなデザインと表記で「日本人が作ったウイスキー」として審査されていると思うとやや心が痛みます。

今後、正統派ジャパニーズウイスキーが更に成熟していった時に、今回のような違和感が少しずつ解消されていく事を期待しつつ、引き続き世界的なジャパニーズウイスキー発展を見守っていきたいと思います。

この記事を書いた人
新海 博之

1981年7月17日 北海道北広島市出身
大学卒業後、NTTデータカスタマサービス㈱へ新卒入社。
2010年「麻布十番BAR新海」を開業 → 2016年、名物「薬膳カレー」を開発 → 2018年「虎ノ門BAR新海」、2019年には「芝大門BAR新海」を開業 → 2020年 ウェブメディア「Japanese Whisky Dictionary」をスタート。
バーテンダーの私達だから出来る事として、ジャパニーズウイスキーの魅力を日々発信する。

新海 博之をフォローする
スポンサーリンク
ジャパニーズウイスキーディクショナリー
タイトルとURLをコピーしました