本坊酒造とイチローズモルト(ベンチャーウィスキー)が原酒交換による共同企画ウィスキー発売を発表

ニュース

本坊酒造とイチローズモルト(ベンチャーウィスキー)は、原酒交換によるブレンデッドモルトウィスキーを共同企画ウィスキーとして4月下旬に発売すると発表しました。
先月、3月30日に発売された三郎丸蒸留所×長濱蒸留所の原酒交換による新商品の発売もジャパニーズウィスキー業界内では話題となったばかりでした。
今回の「駒ヶ岳×秩父」のブレンデッドモルトは6年前の2015年から進められていた共同企画で、長い年月を経た新しい試みだったようです。原酒交換は、これまでのジャパニーズウィスキーでは考えられなかった常識を覆す取り組みです。ジャパニーズウィスキー史に新たな歴史が刻まれました。

今回の原酒交換について

イチローズモルトとマルスウイスキーの共同企画は、ウイスキー発祥の地スコットランドでは一般的に行われている原酒交換を、日本でも実現できればとの想いからスタート。
2015年4月にそれぞれの蒸留所で造った熟成前の原酒(ニュースピリッツ)を交換し、それぞれの環境で熟成を進めてきました。基本的なウィスキーの製造工程は同じでも、それぞれの蒸留所によるこだわりや細かな造り方の違いにより、異なる酒質の原酒が出来がると考えられます。更に熟成環境の違うそれぞれの蒸留所で熟成させていく事で、様々な種類のウィスキー原酒が出来上がります。

ニュースピリッツの状態からの原酒交換による、ブレンデッドモルトの商品化は日本初となります。今回の取組みについて、本坊酒造のHPでは下記のように述べられています。

共同企画により、両社はニューポット段階で、原酒交換を行い熟成することで、造り手が表現できる幅を広げ、よりバリエーション豊かな原酒を保有することになりました。また、熟成過程において、経年変化を確かめ合うことが経験値となり、ブレンダーや造り手にとって技術を高め合うことに寄与しています。お互いの原酒の特徴を深く理解し、両社の原酒があるからこそ表現できた味わい。イチローズモルトとマルスウイスキー相互に信頼できる品質の原酒だからこそ実現し、両社は理想の味わいを目指し新たに挑戦する第一歩を踏み出しました。

両社は、この取り組みがジャパニーズウイスキーの多様性のある魅力として新たに評価され、ウイスキーメーカー同士の原酒交換が、技術水準や品質向上に繋がるものとして広がり、ジャパニーズウイスキーの品質をより一層高めていく、きっかけになることを期待し、今後も継続して原酒交換を行ってまいります。また、今回の共同企画を通じて新たなジャパニーズウイスキーの可能性を知っていただき、ウイスキーファンの皆様をはじめ、多くの皆様に楽しんでいただければと考えております。

(記事引用:新着情報 2021| 本坊酒造株式会社

「三郎丸×長濱」の原酒交換との違い

先日の「三郎丸×長濱」の場合は、熟成された状態の原酒を交換して互いのモルト原酒とバッティングした商品となります。”原酒交換”という言葉では同じですが、取組の詳細を見てみると大きく異なります。

「三郎丸×長濱」ブレンデッドモルトの造り方

3月30日に発売された「三郎丸蒸留所×長濱蒸留所」共同企画の原酒交換によるブレンデッドモルトの造り方は以下となります。

三郎丸蒸留所長濱蒸留所

蒸留

2017年に蒸留

2017年に蒸留
貯蔵三郎丸蒸留所で3年以上熟成
長濱蒸留所で3年以上熟成
原酒交換
<原酒交換>
熟成後の樽を長濱蒸留所へ→
<原酒交換>
←熟成後の樽を三郎丸蒸留所へ
ブレンド自社モルト原酒と長濱原酒のバッティング自社モルト原酒と三郎丸原酒のバッティング
商品化

FAR EAST OF PEAT

INAZUMA(イナズマ) ブレンデッドモルト

「駒ヶ岳×秩父」ブレンデッドモルトの造り方

今回、4月末に発売される「駒ヶ岳×秩父」共同企画の原酒交換によるブレンデッドモルトの造り方は以下となります。

マルス信州蒸留所秩父蒸留所

蒸留

2015年に蒸留

2015年に蒸留
原酒交換<原酒交換>
熟成前のニュースピリッツを秩父蒸留所へ→
<原酒交換>
←熟成前のニュースピリッツを信州蒸留所へ
貯蔵信州蒸留所で6年以上熟成
秩父蒸留所で6年以上熟成
ブレンド自社モルト原酒と秩父モルト原酒のバッティング自社モルト原酒と駒ヶ岳(信州)モルト原酒のバッティング
商品化

マルスウィスキー モルト デュオ
駒ヶ岳×秩父 2021
MARS WHISKY Malt Duo
KOMAGATAKE × CHICHIBU 2021

イチローズモルト ダブルディスティラリーズ 秩父×駒ヶ岳 2021
Ichiro’s Malt Double Distilleries
CHICHIBU ×KOMAGADAKE 2021

マルスウィスキー モルト デュオ 駒ヶ岳×秩父 2021

今回の共同企画により、本坊酒造 マルスウイスキー側から発売される商品が、「マルスウィスキー モルト デュオ 駒ヶ岳×秩父 2021 -MARS WHISKY Malt Duo KOMAGATAKE × CHICHIBU 2021-

マルス信州蒸溜所で熟成させた「駒ヶ岳」「秩父」二つのモルト原酒をヴァッティングしたブレンデッドモルトジャパニーズウイスキー。駒ヶ岳らしさと秩父らしさ、双方の個性を磨きあうように誕生した特別な1本。

商品に関する記事はこちらをご覧ください。

イチローズモルト ダブルディスティラリーズ 秩父×駒ヶ岳 2021

今回の共同企画により、ベンチャーウィスキーのイチローズモルト側から発売される商品が、「イチローズモルト ダブルディスティラリーズ 秩父×駒ヶ岳 2021 -Ichiro’s Malt Double Distilleries CHICHIBU  ×KOMAGADAKE 2021

盆地特有の寒暖差と荒川の恩恵を受けた自然豊かな秩父蒸溜所、中央アルプス駒ヶ岳山麓の美しい森に囲まれたマルス信州蒸溜所。この二つの環境で熟成を重ねた原酒は、それぞれの地でブレンドされ、新たな二つの個性となって表現されました。様々な可能性を秘めたジャパニーズウイスキーの魅力を、是非お楽しみください。

(記事引用:チローズモルトとマルスウイスキー 原酒交換による共同企画ウイスキーを発売 | 本坊酒造のプレスリリース | 共同通信PRワイヤー

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

Language

アクセスランキング

  1. 1

    【2021年3月30日数量限定発売】白州ピーテッドモルト2021(サントリースピリッツ)

  2. 2

    【2021年2月28日発売】厚岸ブレンデッドウイスキー 雨水(堅展実業・厚岸蒸留所)

  3. 3

    【2021年3月30日より数量限定再発売】白州12年(サントリースピリッツ)

  4. 4

    【抽選販売開始2021年4月12日~5月6日】山崎 LIMITED EDITION 2021(500本限定)

  5. 5

    【2021年4月末限定発売】イチローズモルト ダブルディスティラリーズ 秩父×駒ヶ岳 2021

新着記事 おすすめ記事 クラフト蒸留所
  1. 【レビュー】シングルモルト山崎 ボルドーワインカスク 2020 EDITION

  2. 【レビュー】シングルモルト山崎 パンチョン 2020 EDITION

  3. 【レビュー】イチローズモルトダブルディスティラリーズ秩父×駒ヶ岳2021

  4. 【レビュー】シングルモルト あかし 4年 日本酒カスク

  5. 【2021年5月13日発売】TEAM MARS DOUBLE INDIVIDUALS

  1. ガイアフロー静岡蒸溜所より新商品、シングルモルト「プロローグK」が発売(2020年12月19日)

  2. 「ウイスキペディアSP 日本最東端・厚岸蒸溜所の挑戦」がBSフジHPで<2021/12/11まで配信中>

  1. ガイアフロー静岡蒸留所 プライベートカスク2021を販売中

  2. 【2021年2月28日発売】厚岸ブレンデッドウイスキー 雨水(堅展実業・厚岸蒸留所)

  3. 宮下酒造「シングルモルトウイスキー岡山 トリプルカスク」が抽選販売受付中

  4. ガイアフロー静岡蒸溜所より新商品、シングルモルト「プロローグK」が発売(2020年12月19日)

  5. 軽井沢蒸留酒製造㈱が長野県小諸市に「小諸蒸留所」建設を発表。2020年完成予定。

当サイト運営「BAR新海」のご案内

TOP