【2021年4月末限定発売】イチローズモルト ダブルディスティラリーズ 秩父×駒ヶ岳 2021

発売情報

イチローズモルトのベンチャーウィスキー株式会社より、2021年4月末に新商品発売の情報が発表されました。
今回の商品は、ジャパニーズウィスキー愛好家が驚嘆する内容で、マルスウィスキー(本坊酒造)との共同企画です。「イチローズモルト」と「マルスウィスキー」の原酒交換により実現した今回のウィスキーは、2015年4月に蒸留したモルト原酒を交換し、互いの蒸留所で熟成してこの度ヴァッティングして商品化されました。

共同企画に関する詳しい記事はこちらをご覧ください。

イチローズモルト ダブルディスティラリーズ 秩父×駒ヶ岳 2021

2008年から稼働を始めた秩父蒸溜所、そして2011年に蒸溜を再開した本坊酒造マルス信州蒸溜所。

 高い志を持った二つの蒸溜所がジャパニーズウイスキーの新たな可能性を追求して立ち上げたこのプロジェクトは、6年前の原酒の交換から始まりました。盆地特有の寒暖差と荒川の恩恵を受けた自然豊かな秩父蒸溜所、中央アルプス駒ヶ岳山麓の美しい森に囲まれたマルス信州蒸溜所。この二つの環境で熟成を重ねた原酒は、それぞれの地でブレンドされ、新たな二つの個性となって表現されました。様々な可能性を秘めたジャパニーズウイスキーの魅力を、是非お楽しみください。

(記事引用:チローズモルトとマルスウイスキー 原酒交換による共同企画ウイスキーを発売 | 本坊酒造のプレスリリース | 共同通信PRワイヤー

製品名イチローズモルト ダブルディスティラリーズ 秩父×駒ヶ岳 2021
酒 別ウイスキー(ジャパニーズウイスキー)
原材料モルト
詰本数10,200本
度 数53%
価 格希望小売価格:16,500円(税込)
蒸留所ベンチャーウィスキー 秩父蒸留所
本坊酒造 マルス信州蒸留所
熟 成秩父蒸留所
製造者ベンチャーウィスキー株式会社

共同企画により、マルスウィスキー(本坊酒造)から発売される「マルスウィスキー モルト デュオ 駒ヶ岳×秩父 2021」はこちらをご覧ください。

ベンチャーウィスキー 秩父蒸留所について

2008年に操業をスタートした秩父蒸留所は、僅か数年で「イチローズモルト」として世界が注目するウィスキーメーカーとなりました。

創業者「肥土伊知郎」氏の父が経営していた「東亜酒造」は羽生蒸留所を所有してウィスキー製造を行っていました。肥土氏が2001年に引き継いだ時には経営不振となっており、2003年に「日の出通商」へ営業譲渡されます。その時にウィスキー事業からの撤退も決定され、貯蔵されていたウィスキーは廃棄される危機を迎えてしまいます。引き取り手探しに奔走し、笹の川酒造からの協力を得る事に成功し、貯蔵庫を間借りして羽生蒸留所に貯蔵されていたウィスキーを移動する事ができました。

その後、笹の川酒造と共に羽生蒸留所の原酒を使ったウィスキーの販売を行いながら、2004年に㈱ベンチャーウィスキーを設立し、2007年に肥土氏自らの故郷でもあり、酒造りに適した環境でもある事より秩父にウィスキー蒸留所を完成させました。

2018年、秩父蒸留所から400m程離れた場所に秩父第2蒸留所を操業開始し、第一蒸留所の約5倍の量を製造する事が出来るようになりました。

イチローズモルトの購入可能な商品について

イチローズモルトは、ご存知の通り入手困難なウィスキーとなっております。定番アイテムで「リーフシリーズ」は、定価の2倍くらいの価格になりますが、市場で流通している状況です。

イチローズモルト&グレーンワールドブレンデッドは、ほぼ定価で流通しています。名前のとおり、世界5か所のウィスキー原酒をブレンドしてる為、「ジャパニーズウィスキー」とは言えませんが味は流石イチローズモルトという具合で、とてもバランスのよいブレンデッドウィスキーです。

最後に:ジャパニーズウィスキーのおすすめ書籍

世界的なトレンドを巻き起こしている「ジャパニーズウィスキー」の事をもっと知りたい、もっと勉強したいという方は、是非こちらの書籍をおすすめいたします。

(1).ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー

世界的にも有名なウィスキー評論家で、ウィスキー文化研究所代表 土屋守先生の著書「ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー」です。
ウィスキーの基礎知識、日本へのウィスキーの伝来、ジャパニーズウィスキーの誕生、広告戦略とジャパニーズウィスキーの盛隆、そして、現在のクラフト蒸留所の勃興まで。日本のウィスキーの事が非常にわかりやすくまとめられた一冊。

(2).Whisky Galore Vol.25 2021年4月号

ウィスキー文化研究所が発行する「ウィスキーガロア」の2021年4月号。
★ジャパニーズウイスキー大全★と題して、ジャパニーズウィスキーの定義、日本のウィスキー最新として、蒸留所24ヵ所を一挙掲載。サントリーチーフブレンダーの福與伸二氏のインタビューも掲載された、ジャパニーズウィスキーファン必見の一冊。

created by Rinker
¥5,100
(2021/09/24 12:56:01時点 Amazon調べ-詳細)

(3).ウィスキーライジング

2016年にアメリカで出版された『Whisky Risng』の日本語版であり、内容も大幅にアップデート。ジャパニーズ・ウイスキーの歴史が詳細に記述されているだけでなく、近年、創設がつづくクラフト蒸溜所を含む、日本の全蒸溜所に関するデータも掲載。そのほかにも、今まで発売された伝説的なボトルの解説や、ジャパニーズ・ウイスキーが飲めるバーなども掲載されています。

関連記事

TOP