サントリーが「山崎2022Editonミズナラ」を発売準備中

オリジナルの記事は、パートナーである88Bambooです。こちらをご覧ください。元の記事はこちらでご覧ください。

本記事でお伝えしたい事

(画像出典:88Bamboo

2022年の最初の週、山崎蒸溜所では、日本人が好きなミズナラ樽を使用した新しい山崎2022EDITONを発表しました。このボトルは山崎の多彩な原酒の “造り分け “セレクションの一つとなっているようです。

 

では、詳しく見ていきましょう。

ミズナラ樽は、シングルモルト山崎にとって欠かせない原酒の一つ。

まず最初に、ミズナラについて簡単におさらいしておきましょう。日本原産であり、ジャパニーズオークとも呼ばれ、水分を多く含むことからウォーターオークとも呼ばれます(日本では木までしっかり保湿されている)。そのため、樹齢200年以上の古木でないと、樽にするための太く、まっすぐな切り口を作ることができません。そのため、樽の材料として使える太くまっすぐな切り口を作るには、少なくとも樹齢200年以上の木が必要となります。それでもミズナラ樽は漏れたり割れたりしやすいのが特徴です。

 

ミズナラはお寺のお香のような香りを放つと言われています。(画像出典:CaFleureBon)

 

では、樽材として使いにくいのに、なぜそこまでしてミズナラを使うのか。それは、ミズナラが白檀やお寺のお香のような独特の香りを持ち、さらにココナッツや軽い柑橘系の香りを伴う、いわゆる「伽羅(キャラ)」と呼ばれる香りを与えるからでです。山崎はこの香りをうまく使い、ジャパニーズウイスキーといえばミズナラ、と言われるまでになりました。

山崎蒸溜所は、日本有数のスピリッツメーカーであることから、保存に制限のあるミズナラ材の使用を自治体から特別に許可されています。

 

ミズナラは、見た目も美しく、飲んでも美味しいが、それを樽にしようとする職人にとってはとても苦労を要する事だろう。(画像出典:Wallpaper Flare)

 

しかし、ミズナラ材は、ウイスキーに十分なボディがなかったり、適切な熟成が行われなかったりすると、刺激的な風味を与えてウイスキーを台無しにすることでも知られている(一般的には、ミズナラ特有の風味を持ち、かつまろやかになるには、20年間はミズナラ樽で熟成させる必要があると言われている)。

それが、ラベルに記載されたキーワードである「Tsukuriwake」セレクションにつながる。

“Tsukuriwake”の意味を紐解いていきしょう。

 そもそも「つくり分け」とは、「多様性の哲学」を意味する言葉です。ウイスキーに置き換えると、異なる風味をブレンドして、バランスのとれた調和されたウイスキーをつくることである。

サントリーが作る山崎にとって「つくり分け」は、「水」「四季」「熟成樽」「人の輪」と並ぶウイスキーづくりの柱であり、非常に重要なものです。

 

サントリーは、山崎をはじめとするさまざまな蒸留所で体現されているウイスキーづくりの基本理念として、「つくり分け」に力を注いでいます。(画像出典:サントリー)

 

「サントリーウイスキーの蒸留所では、世界で最も多い100種類以上のモルトウイスキーを生産しています。

サントリーは、発酵技術、銅製の巨大なポットスチルの形状や大きさ、使用する樽の種類の多様性によって、多様性を可能にしています。多様性がサントリーウイスキーの複雑で繊細な味わいを生み、豊かさと調和を生み出しているのです」。

ラベルにある「Tsukuriwake Selection」という言葉に戻ると、ミズナラ樽を使用したこのボトルは、おそらく山崎の多様なスタイルを強調するためにボトリングされた一連のボトリングの中のひとつのスタイルに過ぎず、それらが調和して理想の山崎ウイスキーを造り上げるのだろうと思います。

山崎の「Tsukuriwake selection」の5つのスタイル。(画像出典:ボナムズ)

 

ピーテッドモルト、スパニッシュオーク、ミズナラ、ボルドーワインカスク、パンチョンの異なる5種類の原酒。この5種類のスタイルがブレンドされ、「山崎」が誕生しました。

 

ここでは、2020 Editionを取り上げています。

created by Rinker
¥2,200,000 (2022/09/30 23:47:06時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥104,800 (2022/09/30 23:47:06時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥220,000 (2022/09/30 07:26:09時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥328,000 (2022/09/30 07:26:09時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥128,000 (2022/09/30 07:26:10時点 楽天市場調べ-詳細)

2022年の「ミズナラ樽 Tukuriwake selection」の発売を皮切りに、「ピーテッドモルト」「スパニッシュオーク」「ボルドーワインカスク」「パンチョン」の4種類のボトリングが登場する予定だそうです。前回の内容が繰り返さる事が前提ですが。

 

更新情報:スパニッシュオーク、パンチョン、ピーテッドモルトを使用した「山崎」のラベルが公開されました。こちらをご覧ください。

私たちの見解

これは、以前から発売されていたとしても、確かに魅力的なニュースです。ウイスキーを縦断的に見ると、ブレンデッドからシングルモルト、そしてシングルモルトを構成するさまざまな原酒のスタイルへと、ウイスキーを構成する各要素を明確に分離する方向に進んでいることがわかります。従って、ウイスキーを構成する要素を味わう機会は、常に大きな関心を集めているのです。

 

山崎蒸溜所では、マスターブレンダーが重要な役割を担っており、多様なスタイルのブレンドと調和に重点を置いている。(画像出典:The Independent)

 

ウイスキーがどのように作られ、どのように異なる表現がなされ、どのように組み合わされるのか、さまざまに混ざり合い、分解され、積み重なり、それぞれが際立った個性を持つのか。ウイスキーの構成を紐解き、現行品とは異なる非定形的な味を楽しむことは、私達の好奇心を満たしてくれます。

 

とは言え、山崎2022Editionは目を見張るような金額になりそうです。一昨年発売された2020Editionの例でいえば、2万ドル(約230万円)は覚悟しておいたほうがいいでしょう。更に、これらにはビンテージの表記が無いので、熟成年数を規定しないウイスキーとしては非常に高額になります。是非、お近くのBARでお試しください。

 

山崎蒸溜所のショップは、インスタ映えするだけでなく、ブレンドにこだわる姿勢を反映して、数百種類の山崎のスタイルが揃うライブラリーを保有していることでも有名です。(画像出典:ジャパンガイド)

 

この「山崎ミズナラ 2022Editon」の記事が面白かったら、こちらの記事もおすすめです。

 

日本茶、日本酒、ウイスキーを結ぶ水 – 山崎蒸溜所ディープダイブ

山崎2020 Editionシリーズ(230万円は下らない?)

初心者が必ず試すべきウイスキーの3つのスタイル

 

乾杯

 

様々なウイスキーに関する情報を知りたい方は、88BAMBOOをご覧ください。

Check Also

【世界最高賞】厚岸ブレンデッドウイスキー処暑、ブレンデッドモルト安積(WWA2022)

ワールドウイスキーアワード2022「厚岸ブレンデッドウイスキー処暑」がワールドベストブレンデッドに、「YAMAZAKURA ブレンデッドモルト安積」がワールドベストブレンデッドモルトに輝きました。