【レビュー】アマハガン World Malt Edition No.1

ウィスキーレビュー
ウィスキーレビュー
長濱蒸溜所

長濱蒸溜所の記念すべきブレンデッドモルト第一弾「AMAHAGAN World Malt Edition No.1」

将来のシングルモルトのリリースに向けウイスキーづくりにおいて最も重要な工程のひとつ「ブレンド」に焦点を当て生み出されたブレンデッドモルトシリーズ『AMAHAGAN(アマハガン)』の第一弾です。AMAHAGANの由来は長濱をローマ字表記にしたものを逆さから読んだもの。

スポンサーリンク

1.メーカー

長浜浪漫ビール株式会社

設立1995年(平成7年)
本社所在地〒526-0056 滋賀県長浜市朝日町14-1
所有蒸留所長濱蒸溜所

2.蒸留所

長濱蒸溜所

所在地〒526-0056 滋賀県長浜市朝日町14-1
操業開始2016年(平成28年)11月1日

滋賀県びわ湖北部にある日本最小クラスの長濱蒸溜所は、クラフトビールの醸造所とレストランを併設しています。大手ウイスキーメーカーを含めてもレストランを併設している蒸留所は少なく、クラフトウイスキー蒸留所となればごく稀な存在です。

設置された個性的なポットスチルの形状はウイスキーづくりのまさに原点を感じさせます。
長濱蒸溜所は元々は江戸時代から米蔵だったところを改修し、1996年からビールづくりが始まりました。その後、2016年にウイスキーづくりのための設備を導入。建物の中は吹き抜けになっていて、1階に糖化槽と蒸留器を設置、2階に粉砕機と発酵槽が設置してあります。
ポットスチルは初留2基、再留1基で、加熱方式は間接蒸気のアランビックタイプのポットスチルで、ブランデーの蒸留に使われることが多いポットスチルを使用しています。このアランピックタイプのポットスチルは日本のクラフト蒸留所の中では現在長濱蒸溜所だけが使用しています。特徴としては、酒質がクリアで柔らかく雑味の少ないものが出来るメリットがあります。

創業から今に至るまでの間で試行錯誤が繰り返されました。大きな変更点は麦芽の粉砕比率を変更したり、発酵時間を当初60時間だったところを今では72時間に変更。また、蒸留器を2基から3基に増設。創業時は初留釜が1000リットル、再留釜が500リットルでしたが、再留釜も入れ替えて、3基全て1000リットルに統一。あとはスコットランドの蒸留所に倣って、再留器の洗浄をほとんどしていない。など、創業後およそ4年間で様々な変化をしてきました。

引用:ウイスキー|長濱浪漫ビール

長濱蒸溜所の詳細情報は、こちらの記事もご覧ください。

長濱蒸溜所 | ジャパニーズウイスキーディクショナリー
Japanese Whisky Dictionary

3.商品名と写真

アマハガン World Malt Edition No.1
AMAHAGAN World Malt Edition No.1

4.特徴

スコットランドのハイランドモルトを中心とした輸入原酒と、長濱蒸溜所のモルト原酒をブレンド
海外のモルトウイスキーをベースに長濱蒸溜所のモルトを絶妙にブレンド。そのモルティな風味を最大限に活かせるよう高めのアルコール度数47度でボトリングされています。長濱蒸溜所の新たなる挑戦により生み出された味わいをぜひお愉しみ下さい。

4-1.テイスティングノート

香り長濱モルト由来の円みのある麦芽香と角の取れたバニラの甘い香り
味わいオレンジチョコレートを連想させるフルーティさと深みが複雑に絡み合う。麦芽のコクもしっかりと感じる
余韻コクのあるアタックの後に、鼻に抜ける華やかな余韻

4-2.商品スペック

アルコール度数47%
酒別ブレンデッドモルト
樽種
内容量700ml
販売本数
希望小売価格5,390円(税抜4,900円)
発売日2018年12月4日

5.受賞歴

2020年 WWA ジャパニーズブレンデッドモルト ノンエイジ部門 銅賞

6.価格

6-1.メーカー希望小売価格

商品名アマハガン World Malt Edition No.1
容量700ml
希望小売価格5,390円(税抜:4,900円)

6-2.メルカリでの転売価格

メルカリでの転売価格は、4,000円前後となっています。(※2021/3/12時点)

6-3.ヤフーオークション落札価格

ヤフーオークションでの落札価格は、最安2,500円、最高8,250円、平均4,270円 (※2021/3/12時点より過去120日間の統計情報)
最高の8,250円は2本セットでの価格です。

6-4.楽天、ヤフーショッピング、Amazon

通販サイトでも、5,000円前後で販売されています。 (※2021/3/12時点)

6-5.BAR新海での提供価格

当サイトが運営する「BAR新海」では、1、45ml:1,650円、30ml:1,100円、15ml:550円 にて提供しております。

「BAR新海」のご案内
Japanese Whisky Dictionaryが運営する「BAR新海」は、東京都港区に3店舗。当サイトで紹介しているジャパニーズウィスキーをはじめ、国産のジンやビールなども取扱い。オリジナルカクテル、フレッシュフルーツカクテルなども人気。食事も豊富で1件目からも利用可能。

7.まとめ

「アマハガン World Malt Edition No.1」 煙臭さ(スモーキーさ)が少なく、麦芽特有のコクもしっかり感じ取れる味わいでフルーティーな香味も強いので、ウイスキー初心者の方でも愉しんで頂けるウイスキーです。

2016年11月に稼働した長濱蒸溜所。当初は2基だったポットスチルも現在は3基に増設。
2020年5月には3年熟成のシングルモルト3種類(バーボンカスク、オロロソシェリーカスク、ミズナラカスク)をリリースなど、目まぐるしくリリースが続いてる中、今年2021年には長濱蒸溜所として初の3 年熟成のヘビーピーテッドモルトのリリースも予定されているということで非常に楽しみです。2018年からリリースされてきた「AMAHAGANシリーズ」のブレンド技術が存分に発揮されてくることは間違いないことで、クラフト蒸留所だからこそ実現できることにトライし続けている蒸留所なので、今後も注目・応援していきたいと思えるとても楽しみな蒸留所です。

■長濱蒸溜所、アマハガンに関するその他の記事も是非ご覧ください。

【レビュー】INAZUMAワールドブレンデッドモルトウイスキー
長濱蒸留所で蒸留したノンピートモルト原酒と、三郎丸蒸留所で蒸留したピーテッドモルト原酒に、慎重に吟味した海外産モルト原酒を加え、各々の原酒同士が補完し高めあう「エクストラ」な味わいを目指しブレンドレシピを構成いたしました。馥郁たるその風味を、心ゆくまでお愉しみください。
【レビュー】アマハガン World Malt Edition N...
Edition No.1をベースに赤ワインの個性を活かした後熟にチャレンジした1本。長濱蒸留所のモルトと、海外から複数購入した原酒をブレンドして作られたブレンデッドモルトウィスキー。レーズンやベリーといった赤ワイン由来の風味と、長濱独特のモルティと爽やかなオレンジピールを感じます。
スポンサーリンク

最後に:ジャパニーズウイスキーのおすすめ書籍

世界的なトレンドを巻き起こしている「ジャパニーズウイスキー」の事をもっと知りたい、もっと勉強したいという方は、是非こちらの書籍をおすすめいたします。

(1).Whisky Galore(ウイスキーガロア)Vol.44 2024年6月号

【巻頭特集】
ジャパニーズウイスキー、次の100年。【第2弾】
日本のグレーンウイスキー蒸留所
日本独自のグレーンウイスキー造りの可能性を検証。大手3社を含め、18の蒸留所のグレーンウイスキー造りについて紹介します。また、富士御殿場蒸溜所でブレンダーを務める竹重元気氏と土屋守編集長の特別対談もお届けします。

【第2特集】
沖縄 泡盛・ウイスキー紀行 & 宮古島 スピリッツ・泡盛紀行
沖縄本島および宮古島を巡り、個性的な蒸留酒造りを紹介します。

【編集長インタビュー】
サントリーが見据えるジンの未来予想図 その展望と戦略
ポール・ジョン 海辺の気候風土をまとったインド産シングルモルト

【企画】
マスター・オブ・ウイスキーの肖像
史上最多の合格者4名一挙インタビュー。それぞれの素顔に迫ります。

日本のクラフト蒸留所最前線 阿波乃蒸溜所
徳島県阿波市の吉野川沿いに誕生した、四国初のクラフトウイスキー蒸留所を取材。

(2).ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー

世界的にも有名なウイスキー評論家で、ウイスキー文化研究所代表 土屋守先生の著書「ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー」です。
ウイスキーの基礎知識、日本へのウイスキーの伝来、ジャパニーズウイスキーの誕生、広告戦略とジャパニーズウイスキーの盛隆、そして、現在のクラフト蒸留所の勃興まで。日本のウイスキーの事が非常にわかりやすくまとめられた一冊。

(3).ウイスキーと私(竹鶴政孝)

日本でのウイスキー醸造に人生を捧げた、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝。ただひたすらにウイスキーを愛した男が自らを語った自伝の改訂復刻版。若き日、単身スコットランドに留学し、幾多の苦難を乗り越えてジャパニーズ・ウイスキーを完成させるまでの日々や、伴侶となるリタのことなどが鮮やかに描かれる。

(4).新世代蒸留所からの挑戦状

2019年発売。世界に空前のウイスキーブームが到来しているいま、クラフト蒸留所の経営者たちは何を考え、どんな想いでウイスキー造りに挑んだのか。日本でクラフト蒸留所が誕生するきっかけを作った、イチローズ・モルトで有名なベンチャーウイスキーの肥土伊知郎氏をはじめとする、13人のクラフト蒸留所の経営者たちが世界に挑む姿を綴った1冊。

(5).ウイスキーライジング

2016年にアメリカで出版された『Whisky Risng』の日本語版であり、内容も大幅にアップデート。ジャパニーズ・ウイスキーの歴史が詳細に記述されているだけでなく、近年、創設がつづくクラフト蒸溜所を含む、日本の全蒸溜所に関するデータも掲載。そのほかにも、今まで発売された伝説的なボトルの解説や、ジャパニーズ・ウイスキーが飲めるバーなども掲載されています。

(6).ウイスキーと風の味

1969年にニッカウヰスキーに入社した、三代目マスターブレンダーの佐藤茂夫氏の著書。
『ピュアモルト』『ブラックニッカクリア』『フロム・ザ・バレル』の生みの親でもあり、なかでも『シングルモルト余市1987』はウイスキーの国際的コンペティションWWA(ワールド・ウイスキー・アワード)にて「ワールド・ベスト・シングルモルト」を受賞。
竹鶴政孝竹鶴威の意志を引き継いだブレンダー界のレジェンドが語る今昔。

この記事を書いた人
深瀬 悠二

北海道札幌市出身。
2005年、大手スポーツ用品販売チェーンに就職→2019年1月、BAR新海に就職しウイスキーの魅力に引き込まれ虜となる。初めて飲んだウイスキーはアードベッグ10年。ほぼ毎日ウイスキーを飲む中で更なる知識習得を目指し、ウイスキー検定2級とJC級(ジャパニーズクラフトウイスキー)を取得。
造り手の想いをしっかりと表現し、飲み手の方々に正しい情報を伝えたい。ウイスキーの魅力をたくさんの方に伝えたいという思いでウェブメディア「Japanese Whisky Dictionary」の編集を担当。

深瀬 悠二をフォローする
スポンサーリンク
ジャパニーズウイスキーディクショナリー
タイトルとURLをコピーしました