ウィスキーレビュー

スポンサーリンク
ウィスキーレビュー

【レビュー】嘉之助2019~2023 ヘヴィリーピーテッド リチャード・パンチョン T&T TOYAMA COLLECTION

「T&T TOYAMA COLLECTION」は、日本各地の蒸留所で蒸留・熟成された原酒の中から、品質の高さや個性が光るものをT&T TOYAMAの稲垣氏と下野氏が厳選ししたオリジナルブランド。 今回のモルトヤマ10周年記念となる嘉之助は、ヘヴィリーピーテッド麦芽仕込み、リチャードパンチョンカスクの2019年蒸留、2023ボトリングの商品です。価格は22,000円(税込)
ウィスキーレビュー

【レビュー】静岡 ポットスティルK 純日本産大麦 2023年版

ガイアフローディスティリング、静岡蒸溜所より静岡 ポットスティルK 純日本産大麦 2023年版が発売されました。価格は14,905円(税込)。KシリーズとしてはプロローグK、純日本大麦初版、純外国産大麦初版に続く4作目。今作は2022年6月に発売された「ポットスティルK 純日本大麦 初版」の2023年エディションで500mlボトルでの発売。ノンピート麦芽使用で、日本産ならではの繊細で甘美な味わいが特徴。
ウィスキーレビュー

【レビュー】シングルモルト三郎丸Ⅲ THE EMPRESS カスクストレングス

若鶴酒造、三郎丸蒸留所よりシングルモルト三郎丸Ⅲ THE EMPRESSカスクストレングスが発売されました。価格は19,800円(税込)。『女帝』の名が冠されたこちらの商品は、蒸留所初の試みとして、アイラピート麦芽で仕込みを行い、今までの三郎丸とは違う一面が感じられます。通常版との違いもご覧ください。
スポンサーリンク
ウィスキーレビュー

【レビュー】シングルモルト三郎丸Ⅲ THE EMPRESS

若鶴酒造、三郎丸蒸留所よりシングルモルト三郎丸Ⅲ THE EMPRESSが発売されました。価格は14,850円(税込)。『女帝』の名が冠されたこちらの商品は、三郎丸蒸溜所初の試みとして、アイラピート麦芽で仕込みを行い、今までの三郎丸とは違う一面が感じられます。
ウィスキーレビュー

【レビュー】厚岸ブレンデッドウイスキー小雪(しょうせつ)-特徴や味、定価、どこで買える?

堅展実業㈱より、厚岸二十四節季シリーズ第13弾、厚岸ブレンデッドウイスキー小雪(小雪)が11/27に発売。13,200円(税込)。厚岸ブレンデッド特有の柔らかな甘みと、キーモルトのミズナラ樽熟成によるスパイシーながらもオリエンタル、どこか和の素材を感じる味わいです。
ウィスキーレビュー

【レビュー】YUZA Third Edition 2023

YUZA Third Editionは、遊佐蒸溜所より2023年11月発売、16,500円(税込み)。希少な『ミズナラ』の樽で熟成させた原酒を使用。さらにバーボンとシェリー樽の原酒もバッティングし、遊佐蒸溜所ならではのフルーティーさと共に複雑で上品な風味。
ウィスキーレビュー

【レビュー】マルスモルト ル・パピヨン ダブルカスク『ミヤマシジミ』

マルスモルト ル・パピヨン ダブルカスク『ミヤマシジミ』は本坊酒造より2023年11月発売。信州蒸留所で蒸留したシェリーカスク熟成の2樽をヴァッティングした限定818本のシングルモルトジャパニーズウイスキー
ウィスキーレビュー

【レビュー】YAMAZAKURAシングルモルト 安積 IPA CASK FINISH

安積蒸留所の最新リリース、IPA CASK FINISHはバーボンバレルファーストフィルでノンピート原酒を福島県都路町のブルワリー『HOPJAPAN』のBarrel Aged Imperial IPA樽にて追熟。ホップ特有の爽やかさと程よい苦みと酸味、安積由来の甘みが複雑に感じられる。ノンチルフィルター(非冷却ろ過)、ナチュラルカラー(無着色)仕上げ。
ウィスキーレビュー

【レビュー】シングルモルトあかし4年 蒸留所探訪記

シングルモルトあかし4年 蒸留所探訪記、2023年10月発売。10,890円(税込)。江井ヶ嶋蒸溜所で蒸溜したモルト原酒をバーボン樽で4年間貯蔵。モルトヤマの10周年記念ボトル第8弾。池袋ジェイズ・バーのマスター蓮村 元氏による樽の選定を経て、ボトリング。
ウィスキーレビュー

【レビュー】シングルモルト駒ヶ岳2023エディション

シングルモルト駒ヶ岳2023は、本坊酒造より2023年9月上旬発売。8,800円(税込)。バーボンバレル、シェリーカスク、ポートカスク熟成原酒をバランス良くヴァッティングした2023年限定瓶詰のシングルモルトウイスキー。
スポンサーリンク