【レビュー】エッセンス・オブ・サントリーウイスキー <ライスウイスキー>

サントリー

THE ESSENCE of SUNTORY WHISKY は「本質《Essence》」を追求するサントリーのウイスキーづくりへの想いからつくり出されたシリーズです。 2020.4.28 Release<第4弾>となります。

1.メーカー

サントリースピリッツ株式会社

設立1899年
本社所在地〒135-8631 東京都港区台場2-3-3
所有蒸留所●日本
山崎蒸留所、白州蒸留所、知多蒸留所
●スコットランド
アードモア蒸留所、グレンギリー蒸留所、オーヘントッシャン蒸留所、ボウモア蒸留所、ラフロイグ蒸留所
●アイルランド
クーリー蒸留所、キルベガン蒸留所
●アメリカ
ジムビーム蒸留所、メーカーズマーク蒸留所
●カナダ
ハイラムウォーカー蒸留所、アルバータ蒸留所

2.蒸留所

大隅酒造株式会社

所在地〒899-8422 鹿児島県曽於市大隅町坂元860番地1
操業開始2005年6月

2005年6月操業開始の「大隅酒造(鹿児島)」。2014年9月にサントリーグループ会社化。主力商品は芋焼酎。代表銘柄の本格芋焼酎「大隅」は、鹿児島県産の新鮮な黄金千貫を、広大なシラス大地で磨かれた清らかな水で仕込んでます。 さつま芋本来のふくよかな甘味と柔らかさが口いっぱいに広がるまろやかで飲みやすい芋焼酎です。 昔ながらの伝統的な製法をベースに、新たなおいしさをつくり出すための革新を日々重ねています。 中でも強いこだわりを持つのは、人にしかできないものづくり。原材料の芋をひとつひとつ丁寧に選別したり、蒸溜の進み具合を目視で細かにチェックするなど、丁寧なものづくりの姿勢が生きています。

3.商品名と写真

エッセンス・オブ・サントリーウイスキー<ライスウイスキー>
Essence of Suntory Whisky Rice Whisky

4.特徴

ホワイトオーク樽で3年以上熟成

サントリーグループで主に乙類焼酎を製造する大隅酒造で、米を主原料とし麦芽で糖化し発酵させ、蒸溜したライスウイスキーです。 ホワイトオーク樽で3年以上熟成したこのウイスキーは、ふっくらした軽いトップノートの中に、かすかに白桃を思わせる果実香があり、味わいは柔らかく軽やか。 ラベルの文字の「新」には、サントリーの新しい挑戦への強い意志が込められています。

4-1.テイスティングノート

香りふっくらした軽いトップノート。かすかに白桃の果実香
味わいやわらかで軽やかな飲み口。華やかに広がる味わい
余韻すっきり。僅かにスパイシー

4-2.商品スペック

アルコール度数56%
酒別ライスウィスキー
樽酒ホワイトオーク樽
内容量500ml
販売本数数量限定
希望小売価格5,500円(税込)
発売日2020年4月28日

5.受賞歴

現時点では受賞歴はありません。

6.価格

6-1.メーカー希望小売価格

商品名エッセンス・オブ・サントリーウイスキー〈ライスウイスキー〉
容量500ml
希望小売価格税込:5,500円

6-2.メルカリでの転売価格

メルカリでの転売価格は、10,000円前後となっています。(※2021/3/29時点)
定価の倍近い価格で販売されております。

6-3.ヤフーオークション落札価格

ヤフーオークションでの落札価格は、最安9,250円、最高14,500円、平均10,827円(※2021/3/29時点より過去120日間の統計情報)
こちらもメルカリ同様に定価の倍近い価格で販売されております。

6-4.楽天、ヤフーショッピング、Amazon

通販サイトでも、15,000円~20,000円前後で販売されています。 (※2021/3/29時点)

6-5.BAR新海での提供価格

当サイトが運営する「BAR新海」では、1杯、45ml:2,310円、30ml:1,540円、15ml:770円で提供しております。

7.まとめ

オススメの飲み方はストレート。 数量限定販売の為、とても希少なウイスキーです。 早めに飲んでおいた方がよいかもしれません!

■エッセンスオブサントリーに関するその他の記事も是非ご覧ください。

最後に:ジャパニーズウィスキーのおすすめ書籍

世界的なトレンドを巻き起こしている「ジャパニーズウィスキー」の事をもっと知りたい、もっと勉強したいという方は、是非こちらの書籍をおすすめいたします。

(1).ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー

世界的にも有名なウィスキー評論家で、ウィスキー文化研究所代表 土屋守先生の著書「ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー」です。
ウィスキーの基礎知識、日本へのウィスキーの伝来、ジャパニーズウィスキーの誕生、広告戦略とジャパニーズウィスキーの盛隆、そして、現在のクラフト蒸留所の勃興まで。日本のウィスキーの事が非常にわかりやすくまとめられた一冊。

(2).ウィスキーと私(竹鶴政孝)

日本でのウイスキー醸造に人生を捧げた、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝。ただひたすらにウイスキーを愛した男が自らを語った自伝の改訂復刻版。若き日、単身スコットランドに留学し、幾多の苦難を乗り越えてジャパニーズ・ウイスキーを完成させるまでの日々や、伴侶となるリタのことなどが鮮やかに描かれる。

created by Rinker
¥1,650
(2021/09/24 15:52:01時点 Amazon調べ-詳細)

(3).新世代蒸留所からの挑戦状

2019年発売。世界に空前のウイスキーブームが到来しているいま、クラフト蒸留所の経営者たちは何を考え、どんな想いでウイスキー造りに挑んだのか。日本でクラフト蒸留所が誕生するきっかけを作った、イチローズ・モルトで有名なベンチャーウイスキーの肥土伊知郎氏をはじめとする、13人のクラフト蒸留所の経営者たちが世界に挑む姿を綴った1冊。

created by Rinker
repicbook(リピックブック)株式会社
¥1,870
(2021/09/24 15:52:01時点 Amazon調べ-詳細)

(4).ウィスキーライジング

2016年にアメリカで出版された『Whisky Risng』の日本語版であり、内容も大幅にアップデート。ジャパニーズ・ウイスキーの歴史が詳細に記述されているだけでなく、近年、創設がつづくクラフト蒸溜所を含む、日本の全蒸溜所に関するデータも掲載。そのほかにも、今まで発売された伝説的なボトルの解説や、ジャパニーズ・ウイスキーが飲めるバーなども掲載されています。

関連記事

TOP