【レビュー】嘉之助ニューボーン2020ピーテッド

嘉之助蒸留所

イギリス産ピーテッド麦芽を使用し蒸留。ホワイトオーク樽貯蔵の嘉之助ニューボーンの第3弾
2018年8月に蒸留したウイスキー原酒を樽詰めしたシングルモルト・ニューボーン。
2020年9月16日発売。

1.メーカー

小正醸造株式会社

設立1883年(明治16年)
本社所在地〒899-3101 鹿児島県日置市日吉町日置3309
所有蒸留所嘉之助蒸留所

2.蒸留所

嘉之助蒸留所

所在地〒899-2421 鹿児島県日置市日吉町神之川845-3
操業開始2018年


2018年に始動。鹿児島県の西岸、吹上浜沿いの約9,000㎡の広々とした敷地に建っており、各施設が点在します。コの字形2階建ての本棟には、蒸溜設備のほか、眺めのいいバーやオリジナルグッズの揃うショップなどを設け、訪れた方々に身近にウイスキーづくりを体感いただける蒸溜所になっています。

蒸溜所の大きな特徴は3基のポットスチル(蒸留器)を備えていること。世界的にみても、クラフト・ディスティラリー(小規模蒸溜所)では2基が一般的です。ウイスキーは通常2度の蒸溜を行いますが、2回目の蒸溜(再溜)の際に、ネックの形状や上部のラインアームの角度の異なるポットスチルを使用することで原酒の香りや味わいをより豊かに変化させることができるのです。

3.商品名

嘉之助ニューボーン2020ピーテッド
Kanasuke Newborn 2020 Peated

4.特徴

24か月間貯蔵後、カスクストレングスにてボトリング

2018 年8 月に蒸留したウイスキー原酒を樽詰めしたシングルモルト・ニューボーン。
イギリス産ピーテッド麦芽を使用し、ディスティラリー酵母で発酵させたウォッシュを初留釜にて蒸留。得られたローワインを嘉之助。蒸溜所が所有する2 基の再留釜のうち、ボディのある酒質を生み出す再留釜にて蒸留しました。原酒はホワイトオーク樽に樽詰し、潮風香る嘉之助蒸溜所の貯蔵庫にて24 か月間貯蔵後、カスクストレングスにてボトリングしました。
ピーティーで骨太でありながら、繊細な甘みのある酒質をお楽しみ下さい。(メーカーHPより)

4-1.テイスティングノート

香りカシューナッツ・洋梨・桃・バニラ
味わい甘やか・潮・ハッカ・ウッディネス
余韻心地よいピートの後に、ビターな甘さが続く

4-2.商品スペック

アルコール度数58%
酒別シングルモルト・ニューボーン
樽種ピーテッドモルト
内容量200ml
販売本数非公開
希望小売価格3,850円(税込)
発売日2020年9月16日

5.受賞歴

現時点では受賞歴はありません。

6.価格

6-1.メーカー希望小売価格

商品名嘉之助ニューボーン2020
容量200ml
希望小売価格3,500円(税込:3,850円)

6-2.メルカリでの転売価格

メルカリでの転売価格は、1本4,000円~6,000円前後となっています。(※2021/3/21時点)

6-3.ヤフーオークション落札価格

ヤフーオークションでの落札価格は、1本あたり平均4,000円(※2021/3/21時点より過去120日間の統計情報)

6-4.楽天、ヤフーショッピング、Amazon

通販サイトでは出品数がかなり少ないですが、6,000円~9,000円前後で販売されています。(※2021/3/21時点)

6-5.BAR新海での提供価格

当サイトが運営する「BAR新海」では、1杯45ml:4,950円、30ml:3,300円、15ml:1,650円にて提供しております。

7.まとめ

香りはフルーティでやや甘い感じ。口に含むとアルコールのピリピリ感はあるものの思っていたほど強くはなく、ほんのピートを感じられる。加水するとフルーティさがさらに強調されて最後はほんのりした甘さで締まります。

当店には嘉之助ニューボーンは2018、2019もございます。それぞれ熟成していた樽が違い、味わいも随分異なりますので実際に飲み比べして是非違いを楽しんでみてください。

■嘉之助ニューボーンに関するその他の記事も是非ご覧ください。

最後に:ジャパニーズウィスキーのおすすめ書籍

世界的なトレンドを巻き起こしている「ジャパニーズウィスキー」の事をもっと知りたい、もっと勉強したいという方は、是非こちらの書籍をおすすめいたします。

(1).ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー

世界的にも有名なウィスキー評論家で、ウィスキー文化研究所代表 土屋守先生の著書「ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー」です。
ウィスキーの基礎知識、日本へのウィスキーの伝来、ジャパニーズウィスキーの誕生、広告戦略とジャパニーズウィスキーの盛隆、そして、現在のクラフト蒸留所の勃興まで。日本のウィスキーの事が非常にわかりやすくまとめられた一冊。

(2).ウィスキーと私(竹鶴政孝)

日本でのウイスキー醸造に人生を捧げた、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝。ただひたすらにウイスキーを愛した男が自らを語った自伝の改訂復刻版。若き日、単身スコットランドに留学し、幾多の苦難を乗り越えてジャパニーズ・ウイスキーを完成させるまでの日々や、伴侶となるリタのことなどが鮮やかに描かれる。

created by Rinker
¥1,650
(2021/09/24 15:52:01時点 Amazon調べ-詳細)

(3).新世代蒸留所からの挑戦状

2019年発売。世界に空前のウイスキーブームが到来しているいま、クラフト蒸留所の経営者たちは何を考え、どんな想いでウイスキー造りに挑んだのか。日本でクラフト蒸留所が誕生するきっかけを作った、イチローズ・モルトで有名なベンチャーウイスキーの肥土伊知郎氏をはじめとする、13人のクラフト蒸留所の経営者たちが世界に挑む姿を綴った1冊。

created by Rinker
repicbook(リピックブック)株式会社
¥1,870
(2021/09/24 15:52:01時点 Amazon調べ-詳細)

(4).ウィスキーライジング

2016年にアメリカで出版された『Whisky Risng』の日本語版であり、内容も大幅にアップデート。ジャパニーズ・ウイスキーの歴史が詳細に記述されているだけでなく、近年、創設がつづくクラフト蒸溜所を含む、日本の全蒸溜所に関するデータも掲載。そのほかにも、今まで発売された伝説的なボトルの解説や、ジャパニーズ・ウイスキーが飲めるバーなども掲載されています。

関連記事

TOP