【2021年1月18日受付開始】KANOSUKE OWNERS CLUB 2021(嘉之助蒸留所)

発売情報

鹿児島県の小正醸造が運営する「嘉之助蒸留所」では、2021年1月18日より『KANOSUKE OWNERS CLUB 2021』としてカスクオーナーの申込受付が始まります。

1.KANOSUKE OWNERS CLUBとは?

「KANOSUKE OWNERS CLUB」とは、OWNERS CLUBへのお申し込み完了後、未貯蔵のニューポット原酒を28リットルの樽に詰め、嘉之助蒸溜所にて3年間貯蔵した後にボトリングを行い、オーナーの方へ商品をお届けするシステムです。
オーナー様はKANOSUKE OWNERS CLUBの会員となり、様々な特典をお受け取りいただけます。
■お申込み期間:2021年1月18日 09:00 ~ 2021年1月29日 17:00
引用:KANOSUKE OWNERS CLUB 2021 – 嘉之助蒸溜所

2.原酒及び樽の仕様

2021年1月の「KANOSUKE OWNERS CASK」における原酒及び樽の仕様は下記の通りです。

原材料ノンピーテッド麦芽(英国産)
酵母ディスティラリーズ酵母
蒸留釜初留釜 WS1(ネックが水平でオーソドックスな酒質特性)
再留釜 SS1(ネックが下向きでボディー感のある重厚な酒質特性)
貯蔵樽28Lフレンチオーク(チャー:ミディアム)
貯蔵場所嘉之助蒸溜所ウェアハウス
樽入年2021年7月(予定)
アルコール度数63%(樽入れ時)
仕上り本数30本前後予定(未加水。700ml換算)
ご用意数量30樽

3.価格

KANOSUKE OWNERS CLUB 2021の申込費用は以下となります。樽の数量が30樽であるため、申込数が多い場合は抽選になるようです。

着手金150,000円(税抜)着手時に支払い
引渡し金150,000円(税抜)3年後の引渡し時に支払い
合計300,000円(税抜)

ボトリング費用、ラベル・ボトルの包材にかかる費用、運搬費等も上記金額に含まれます。

4.ボトリング

KANOSUKE OWNERS CLUB 2021は、原酒の樽詰めから嘉之助蒸留所内で3年間の熟成期間を経てボトリングされ、購入者の手元へ届く流れになります。
3年間の熟成期間に、エンジェルズシェア(天使のわけまえ)によって樽内の原酒量は数%目減りします。残った残量を全てボトリングされることとなります。
ボトリング時は、樽出しのままカスクストレングス(加水しない状態)で瓶に詰められます。アルコール度数は、最初の樽入れ時の63%が3年の熟成後にどのように変化しているかは約束されません。

5.申込期間

KANOSUKE OWNERS CLUB 2021への申込は、下記の期間に嘉之助蒸留所ホームページにて受付が行われます。興味のある方、購入を検討されている方は下記期間にホームページをチェックしてみてください。

■KANOSUKE OWNERS CLUB 2021お申込み期間■
2021年1月18日 09:00 ~ 2021年1月29日 17:00

↓嘉之助蒸留所の関連記事もご覧ください。↓

最後に:ジャパニーズウィスキーのおすすめ書籍

世界的なトレンドを巻き起こしている「ジャパニーズウィスキー」の事をもっと知りたい、もっと勉強したいという方は、是非こちらの書籍をおすすめいたします。

(1).ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー

世界的にも有名なウィスキー評論家で、ウィスキー文化研究所代表 土屋守先生の著書「ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー」です。
ウィスキーの基礎知識、日本へのウィスキーの伝来、ジャパニーズウィスキーの誕生、広告戦略とジャパニーズウィスキーの盛隆、そして、現在のクラフト蒸留所の勃興まで。日本のウィスキーの事が非常にわかりやすくまとめられた一冊。

(2).Whisky Galore Vol.25 2021年4月号

ウィスキー文化研究所が発行する「ウィスキーガロア」の2021年4月号。
★ジャパニーズウイスキー大全★と題して、ジャパニーズウィスキーの定義、日本のウィスキー最新として、蒸留所24ヵ所を一挙掲載。サントリーチーフブレンダーの福與伸二氏のインタビューも掲載された、ジャパニーズウィスキーファン必見の一冊。

created by Rinker
¥5,100
(2021/09/24 12:56:01時点 Amazon調べ-詳細)

(3).ウィスキーライジング

2016年にアメリカで出版された『Whisky Risng』の日本語版であり、内容も大幅にアップデート。ジャパニーズ・ウイスキーの歴史が詳細に記述されているだけでなく、近年、創設がつづくクラフト蒸溜所を含む、日本の全蒸溜所に関するデータも掲載。そのほかにも、今まで発売された伝説的なボトルの解説や、ジャパニーズ・ウイスキーが飲めるバーなども掲載されています。

関連記事

TOP