【レビュー】ホワイトオーク地ウイスキーあかし

江井ヶ嶋酒造

「あかし」は、清酒をはじめ、ワインやブランデーなどさまざまな酒類の製造を手がける、江井ヶ嶋酒造のウィスキー銘柄です。
「あかし」の銘柄名は、その名のとおり、誕生の地である兵庫県明石市に由来しています。
そのほか清酒「神鷹」の醸造元として知られ、ブレンデッドウィスキー「ホワイトオークウィスキー」や「シャルマンブランデー」「シャルマンワイン」などの洋酒も製造しています。
2011年頃から海外輸出にも力を置いており、特にフランスでは人気が高く、9万本の輸出量を誇る。
このカスクシリーズはコスパも良く、入手しやすいながらも特別感を感じられる、お得なラインナップである。

1.メーカー

江井ヶ嶋酒造

設立1888年5月
本社所在地〒674-0065 兵庫県明石市大久保町西島919
所有蒸留所江井ヶ嶋蒸溜所(旧ホワイトオーク蒸留所)

2.蒸留所

江井ヶ嶋蒸留所

所在地〒674-0065 兵庫県明石市大久保町西島919
操業開始1919年

1891年 焼酎貯蔵庫「二番蔵」完成 ※後にウィスキー貯蔵庫ともなる。
1919年 ウィスキー免許取得、蒸留所設立
同年 地ウイスキー「ホワイトオーク発売」
1984年 新蒸留所竣工
2007年 初のシングルモルトウィスキー「あかし」8年発売

あかしが作られているのは兵庫県明石市の江井ヶ嶋にあるホワイトオーク蒸留所
現在は江井ヶ嶋蒸留所と改名しており、その理由は外国人観光客に分かりやすくする為だそう。
国内において最も海に近い蒸留所として有名かつ、シングルモルトウィスキーの蒸留所としては日本最西端に位置している。
小さな漁村である江井ヶ嶋は1年を通して心地よい気候にあり、内海の明石海峡のすぐそばで、温暖な海洋性の気候の恩恵を受けています。
ウィスキーとワインの製造免許を取得したのが1919年。
日本で初めてウィスキーの蒸留が行われたのは1923年山崎蒸留所ですが、日本で初めてウィスキー蒸留の特許を取得したのは1919年江井ヶ嶋蒸留所(旧 ホワイトオーク蒸留所)でした。
1919年といえばジャパニーズウィスキーの父、竹鶴政孝氏がスコットランドへウィスキー蒸留を学びに行っていた頃。
早い段階でホワイトオーク蒸留所が存在したことに驚かされます。
しかし特許は取得したものの、正しいウィスキー造りの製法は伝わってきていなかったため、当時作られていたのはウィスキーを模倣したイミテーション・ウイスキーだったといわれています。

引用元:ホワイトオーク蒸留所公式HP

ホワイトオーク蒸留所の情報はこちら↓もご覧ください。

3.商品名と写真

ホワイトオーク地ウイスキーあかし
White Oak AKASHI

4.特徴

華やかなモルトの香り。淡麗でやや辛口。気軽に飲める地ウィスキー

連続式蒸留機が生む甘い香りとなめらかな口当たり、英国産麦芽100%を原料に造ったスコッチタイプのブレンデッドウィスキーです。 モルトの香り華やかに、淡麗でやや辛口な気軽に飲んでいただける明石の地ウィスキーです。 ロック、ハイボールなど最適です。
グラスに注いで香りをかぐと、アルコールの刺激が強めですが、その奥からはトーストにした食パンに似た香りを感じます。
口に含むと、先ほどの香りが強くなり、ラムレーズンや麦チョコのような甘い香りも感じられます。
味わいも全体的に甘めで、ストレートでもそれほどきつさを感じません。
ロックにして加水されてくると、ピートの持つスモーキーさが広がるようになり、味わいも酸味が加わって複雑に絡み合ってきます。むしろ加水したほうが飲みごたえが出てくる雰囲気があります。

4-1.テイスティングノート

香り

ラムレーズン、トーストした食パンの香り。加水するとスモーキーさも出てくる。

味わい全体的に甘め。加水すると酸味も出てくる。ナッツのようなコク。
余韻すっきりと短い余韻。

4-2.商品スペック

アルコール度数40%
酒別ブレンデッド
樽種
内容量500ml
販売本数
希望小売価格1,210円(税込)
発売日

5.受賞歴

現時点では受賞歴はありません。

6.価格

6-1.メーカー希望小売価格

商品名ホワイトオーク地ウイスキーあかし
容量500ml
希望小売価格1,210円(税込)

6-2.メルカリでの転売価格

メルカリでの転売価格は、2,000円前後となっています。(※2021/4/19時点)

6-3.ヤフーオークション落札価格

ヤフーオークションでの価格は、最安900円、最高1,755円、平均1,242円 (※2021/4/19時点)

6-4.楽天、ヤフーショッピング、Amazon

通販サイトでも、1,000円~1,200円前後で販売されています。 (※2021/4/19時点)

6-5.BAR新海での提供価格

当サイトが運営する「BAR新海」では、1杯、45ml:880円にて提供しております。

7.まとめ

スイスイとすすんでしまう飲み口が特徴です。ロックでたのしむと熟したフルーツのような香りとコクのあるまろやかな甘味がいっそう際立ちます。
飲みやすいハイボールにしても、その印象が弱まることはありません。さわやかさのなかに芯を感じる「あかし」ならではの個性を十分に味わえます。
江ヶ嶋酒造が自信をもって造り続ける「あかし」は、本場スコッチスタイルの手法を守りつつ、日本酒の伝統的手法を取り入れた個性豊かな地ウィスキー。舌の肥えたウィスキー通も納得できる一本といえるでしょう。

「あかし」に関するその他の記事も是非ご覧ください。

最後に:ジャパニーズウィスキーのおすすめ書籍

世界的なトレンドを巻き起こしている「ジャパニーズウィスキー」の事をもっと知りたい、もっと勉強したいという方は、是非こちらの書籍をおすすめいたします。

(1).ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー

世界的にも有名なウィスキー評論家で、ウィスキー文化研究所代表 土屋守先生の著書「ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー」です。
ウィスキーの基礎知識、日本へのウィスキーの伝来、ジャパニーズウィスキーの誕生、広告戦略とジャパニーズウィスキーの盛隆、そして、現在のクラフト蒸留所の勃興まで。日本のウィスキーの事が非常にわかりやすくまとめられた一冊。

(2).ウィスキーと私(竹鶴政孝)

日本でのウイスキー醸造に人生を捧げた、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝。ただひたすらにウイスキーを愛した男が自らを語った自伝の改訂復刻版。若き日、単身スコットランドに留学し、幾多の苦難を乗り越えてジャパニーズ・ウイスキーを完成させるまでの日々や、伴侶となるリタのことなどが鮮やかに描かれる。

created by Rinker
¥1,650
(2021/09/24 15:52:01時点 Amazon調べ-詳細)

(3).新世代蒸留所からの挑戦状

2019年発売。世界に空前のウイスキーブームが到来しているいま、クラフト蒸留所の経営者たちは何を考え、どんな想いでウイスキー造りに挑んだのか。日本でクラフト蒸留所が誕生するきっかけを作った、イチローズ・モルトで有名なベンチャーウイスキーの肥土伊知郎氏をはじめとする、13人のクラフト蒸留所の経営者たちが世界に挑む姿を綴った1冊。

created by Rinker
repicbook(リピックブック)株式会社
¥1,870
(2021/09/24 15:52:01時点 Amazon調べ-詳細)

(4).ウィスキーライジング

2016年にアメリカで出版された『Whisky Risng』の日本語版であり、内容も大幅にアップデート。ジャパニーズ・ウイスキーの歴史が詳細に記述されているだけでなく、近年、創設がつづくクラフト蒸溜所を含む、日本の全蒸溜所に関するデータも掲載。そのほかにも、今まで発売された伝説的なボトルの解説や、ジャパニーズ・ウイスキーが飲めるバーなども掲載されています。

関連記事

TOP