【レビュー】ピュアモルトウィスキー山桜18年

安積蒸留所

昭和50~60年頃「北のチェリー、東の東亜、西のマルス」と称され地ウイスキーブームの一翼を担い「チェリーウィスキー」で有名な笹の川酒造。
2004年当時、東亜酒造の社長を務めていた肥土一郎氏より、東亜酒造の経営不振を理由に羽生蒸留所に貯蔵されていたウィスキーを笹の川酒造にて預かることに。これが後の「イチローズモルト」として発売されることとなる。

山桜シリーズは「山桜ブレンデッドウィスキー黒ラベル」「山桜ピュアモルト」などがある。
2018年に限定発売された山桜18年。25,000円での発売。

1.メーカー

笹の川酒造株式会社

設立1765年(明和2年)
本社所在地〒963-0108 福島県郡山市笹川1-178
所有蒸留所安積蒸留所

2.蒸留所

安積蒸留所

所在地福島県郡山市笹川1-178
操業開始1946年(旧設備)、 2016年4月(新設備)蒸留再開

1765年(明和2年)操業開始
1920年(大正9年)株式会社山口酒造店設立
1932年(昭和7年)山桜酒造合資会社設立
1946年(昭和21年)ウイスキー製造免許取得
1966年(昭和41年)笹の川酒造株式会社設立
1983年(昭和58年)ウィスキーモルト貯蔵庫竣工
1998年(平成10年)山桜酒造と笹の川酒造を合併、笹の川酒造株式会社を存続会社とする
2004年(平成16年)東亜酒造より貯蔵されていたウィスキーを預かる。
2005年(平成17年)ベンチャーウイスキーが企画した「イチローズモルト」を発売。(ボトル裏ラベルの製造者欄は笹の川酒造)
2016年(平成26年)安積蒸留所が本格稼働。

1710年(宝永7年)に猪苗代湖の南に創業した山桜酒造が1765年に郡山に移転。
この山桜酒造が、戦後のアメリカ軍占領下で国策的に需要の増えたウイスキーの酒造免許を1946年に取得した事がきっかけでした。
戦中戦後の米不足から清酒の醸造が困難を極めたこともあり、戦後の欧米文化の流入がウイスキー造りに取り組む要因ともなりました。
昭和50~60年代、高度経済成長期において「北のチェリー、東の東亜、西のマルス」と呼ばれ、東亜酒造、本坊酒造と共に笹の川酒造の「チェリーウイスキー」も人気を博しました。
しかし、低成長や嗜好の変化もあり不遇の時代を迎えると2003年には東亜も事業撤退を余儀なくされ、羽生の蒸留所にあった原酒樽を笹の川で預かることになります。
これが後に世界的な人気となる「イチローズモルト」が発売される大きな助けとなりました。
戦後より少量ながらウィスキー製造を続け、現在はスコッチタイプとケンタッキーより輸入したモルト使用の2タイプが使われています。
安積蒸留所は江戸時代から続く日本酒の酒蔵「笹の川酒造」内にあり、2016年10月末に生産設備を整え稼働開始。
昔ながらの漆喰の白壁にポットスチルがよく映えます。

画像出展:安積蒸留所公式Facebook

安積蒸留所の情報はこちら↓もご覧ください。

3.商品名と写真

ピュアモルトウィスキー山桜18年
Puremaltwhisky YAMAZAKURA 18year

4.特徴

19年熟成原酒にシェリー樽で3年追熟した18年熟成原酒をブレンド
厳選した19年熟成原酒に、シェリー樽で3年追加熟成した18年熟成原酒を絶妙な比率でブレンドし磐梯山系伏流水にて仕上げたピュアモルトウィスキーです。ノンチルフィルター(非冷却ろ過)、ナチュラルカラー(無着色)です。
華やかかつ濃厚な香り。さすが18年以上熟成と言えるほど口当たりはまろやかで上品な甘さが口いっぱいに広がります。シェリー樽の追熟もしっかり感じ取れる華やかで甘さ際立つ樽香が特徴。

4-1.テイスティングノート

香りいちごジャム、あんず、アプリコット、カスタード
味わいフルーツの熟した甘さとシェリー樽由来の芳醇な甘さ
余韻穏やかな甘い樽香が長く続く

4-2.商品スペック

アルコール度数47%
酒別ピュアモルトウィスキー
樽種シェリー樽他
内容量700ml
販売本数数量限定
希望小売価格27,500円(税込)
発売日2018年

5.受賞歴

現時点では受賞歴はありません。

6.価格

6-1.メーカー希望小売価格

商品名ピュアモルトウィスキー山桜18年
容量700ml
希望小売価格税込:27,500円

6-2.メルカリでの転売価格

メルカリでの転売価格は、21,000円~35,800円前後となっています。(※2021/9/8時点)

6-3.ヤフーオークション落札価格

ヤフーオークションでの価格は、最安14,611円、最高31,200円、平均25,270円 (※2021/9/8時点より過去180日間の統計情報)

6-4.楽天、ヤフーショッピング、Amazon

通販サイトでは、取り扱いがありません。 (※2021/9/8時点)

created by Rinker
¥38,500 (2021/09/24 18:30:53時点 楽天市場調べ-詳細)

6-5.BAR新海での提供価格

当サイトが運営する「BAR新海」では、1杯、45ml:9,570円 30ml:6,380円、15ml:3,190円  などの少量でも提供しております。

7.まとめ

ボトルを開けた瞬間に芳醇で華やかな香りが漂います。飲み口はまろやかで、香り・味わいともにフルーティで上品な甘さが際立ちます。まずはストレートで飲んでその香りをゆっくり愉しんでもらいたいウィスキーです。
少量の加水をすることでさらに香りは際立ってきますが、味わいは甘さが若干身を潜めすっきりとした飲み口に変化します。
ロックにすると若干シェリーの苦みが出てきますが、すぐに追い越すように甘さが出てくるので後味は甘い余韻に浸れます。
さすが18年熟成と言える複雑な味わいであり、バランスの取れた1本です。
このボトルは2018年に限定でリリース。現在は大手通販サイトでもほぼ見当たらないとても希少なボトルです。
甘いウィスキーが好みの方、BARなどで見かけた際は是非試して頂きたいウィスキーです。

■「山桜」に関するその他の記事も是非ご覧ください。

最後に:ジャパニーズウィスキーのおすすめ書籍

世界的なトレンドを巻き起こしている「ジャパニーズウィスキー」の事をもっと知りたい、もっと勉強したいという方は、是非こちらの書籍をおすすめいたします。

(1).ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー

世界的にも有名なウィスキー評論家で、ウィスキー文化研究所代表 土屋守先生の著書「ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー」です。
ウィスキーの基礎知識、日本へのウィスキーの伝来、ジャパニーズウィスキーの誕生、広告戦略とジャパニーズウィスキーの盛隆、そして、現在のクラフト蒸留所の勃興まで。日本のウィスキーの事が非常にわかりやすくまとめられた一冊。

(2).ウィスキーと私(竹鶴政孝)

日本でのウイスキー醸造に人生を捧げた、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝。ただひたすらにウイスキーを愛した男が自らを語った自伝の改訂復刻版。若き日、単身スコットランドに留学し、幾多の苦難を乗り越えてジャパニーズ・ウイスキーを完成させるまでの日々や、伴侶となるリタのことなどが鮮やかに描かれる。

created by Rinker
¥1,650
(2021/09/24 15:52:01時点 Amazon調べ-詳細)

(3).新世代蒸留所からの挑戦状

2019年発売。世界に空前のウイスキーブームが到来しているいま、クラフト蒸留所の経営者たちは何を考え、どんな想いでウイスキー造りに挑んだのか。日本でクラフト蒸留所が誕生するきっかけを作った、イチローズ・モルトで有名なベンチャーウイスキーの肥土伊知郎氏をはじめとする、13人のクラフト蒸留所の経営者たちが世界に挑む姿を綴った1冊。

created by Rinker
repicbook(リピックブック)株式会社
¥1,870
(2021/09/24 15:52:01時点 Amazon調べ-詳細)

(4).ウィスキーライジング

2016年にアメリカで出版された『Whisky Risng』の日本語版であり、内容も大幅にアップデート。ジャパニーズ・ウイスキーの歴史が詳細に記述されているだけでなく、近年、創設がつづくクラフト蒸溜所を含む、日本の全蒸溜所に関するデータも掲載。そのほかにも、今まで発売された伝説的なボトルの解説や、ジャパニーズ・ウイスキーが飲めるバーなども掲載されています。

関連記事

TOP