厚岸蒸溜所が国内ウイスキー蒸溜所初のHACCPを取得

北海道 厚岸町の厚岸蒸溜所が、令和3年12月28日に、HACCP認証を取得しました。国内のウイスキー蒸溜所では初の快挙になります。

1.HACCP(ハサップ)とは?

「Hazard(危害), Analysis(分析), Critical(重要), Control(管理), Point(点)」の頭文字をとった造語で、元はアポロ計画の宇宙食の安全性を確保するために考案された食品管理手法です。

危険要因の把握

Hazard(危害)

Analysis(分析)

危険要因を除去、低減させるために重点工程を管理し記録

Critical(重要)

Control(管理)

Point(点)

要するに、HACCPとは製造工程を細分化、工程ごとのリスク管理を行います。

これにより、問題のある商品の出荷を防ぎ、万が一に問題が発生した場合でも、どこの工程に問題があるのかを明確にし対処することができます。

HACCPは次第に世界に広まり、今では衛生管理の国際的手法になっています。

created by Rinker
厚岸
¥47,980 (2022/01/24 02:17:34時点 Amazon調べ-詳細)

HACCPとは、食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようとする衛生管理の手法です。

この手法は 国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)の合同機関である食品規格 (コーデックス) 委員会から発表され,各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。

厚生労働省HPより引用

2.厚岸蒸溜所

厚岸蒸留所

所在地〒088-1124 北海道厚岸郡厚岸町宮園4丁目109-2
操業開始2016年10月

2015年 蒸留所建設を開始
2016年 10月蒸留開始
2017年 第2熟成庫完成
2018年 2月厚岸蒸留所として初商品リリース。第3熟成庫完成
2020年 2月初のシングルモルトウィスキーをリリース。
          4月第4熟成庫完成。
     10月二十四節季シリーズ第一弾リリース。

潮気を含んだ深い霧、清澄な空気、豊富な泥炭。北海道・厚岸の風土こそ、私たちの求める未知なるジャパニーズウィスキーの風味をつくり出してくれると信じ、2016年に蒸留を開始しました。
アイラ島のウィスキー造りと同様、泥炭(ピート)層を通った水を仕込み水に用い、冷涼で湿潤、そして海風が当たる場所「厚岸」で日々熟成が進んでいます。
厚岸周辺はウイスキーの風味づけに欠かせないピートが豊富に埋蔵されており、海・山・湿原などの変化に富んだ地形によって、ピートを採取する場所ごとに異なるフレーバーが期待できます。

「スコットランドの伝統的な製法で、アイラモルトのようなウィスキーを造りたい」という強い想いのもと、設備はスコットランドのフォーサイス社製のものを導入。施工はすべてフォーサイス社の職人が来日して実施。ポットスチルの形状はストレートヘッドのオニオンシェイプで、アイラ島のいくつかの蒸留所のものと似ています。加熱はラジエーター方式、付属するコンデンサーはシェル&チューブ式でマッシュタンはセミロイター式です。
発酵槽(ウォッシュバック)はステンレスで、あえて温度調整はできないタイプに。自然に任せながら、クラフトマンが発酵のタイミングを見極めます。

2つのダンネージ式の熟成庫に加え、2018年2月厚岸湾のすぐ側に革新的なラック式の第3熟成庫が完成。2020年4月には厚岸湾を望む丘の上にラック式の第4熟成庫が完成。空気中を漂う海の香りがウィスキーの特性に良い影響を与えることが期待できます。

熟成樽はバーボン、シェリーに加え、入手困難な「ミズナラ」も使用。さらにワインやラム樽とのマッチングなど、あらゆる可能性に挑戦しています。
また、ウィスキーの原料となる大麦を厚岸内で栽培し、ピートや熟成のための木樽も含めてすべて厚岸産でおこない、将来的には「厚岸オールスター」のウィスキー造りを目指しています。新たな取組みで2021年8月、厚岸蒸留所で蒸留した原酒を試験的に富良野で熟成させるという取組みも始まりました。富良野で熟成された原酒はどのような変化をもたらしてくれるのか。地元の厚岸のみならず「北海道」という偉大な個性を活かす、これこそまさにテロワール。ワイン通の人は良く耳にしてきたであろう「テロワール」の考えをウィスキーに取り入れ、「厚岸という個性」と「北海道という個性」を融合し、それらの土地のテロワールを活かしたウィスキー造りは魅力的であり期待値は無限大です。

厚岸町周辺の厚岸湖と別寒辺牛湿原はラムサール条約の登録湿地です。ラムサール条約とは、1971年2月2日にイランのラムサールで採択された湿地に関する条約で、水鳥をはじめとする野生動物の生息地となっている湿地を、国際的な協力のもと保全および賢明に利用することを目的としています。
当社もこの豊かな自然を守り、共存していく蒸留所を目指しています。
ウィスキーに使用する上水の取水口は、蒸留所のそばを流れる尾幌川上流のホマカイ川。その周辺は湿原地帯で、清流にしか生息しないといわれるバイカモの生息地です。夏季に咲く小さな白い花は豊かな水のシンボル。この水が厚岸のウィスキーを育みます。

引用元:厚岸蒸留所公式HP

■厚岸蒸留所の情報はこちら↓もご覧ください。

■「厚岸蒸留所・厚岸ウィスキー」に関するその他の記事も是非ご覧ください。

created by Rinker
厚岸
¥35,400 (2022/01/24 09:12:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
厚岸
¥49,800 (2022/01/24 02:17:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

Check Also

【新蒸留所】野沢温泉蒸留所【来春稼働予定】

Nozawa Onsen Di …