【レビュー】YUZA Second edition 2022

山形県、株式会社金龍の遊佐蒸溜所から10月上旬に「YUZA Second edition 2022」がリリースされました。

2022年2月にリリースされたファーストエディションはバーボン樽のみで造られたこれぞ王道という味わいでした。

今回のセカンドエディションは蒸溜所操業第1シーズンの2019年2月~7月に樽詰めされたものから厳選し、果樹王国山形の「豊穣の香り」をテーマに芳醇な香りと複雑かつ重層的な味わいを表現し、ファーストエディションとは一味違う仕上がりになっています。

1.メーカー

株式会社 金龍

設立1950年4月
本社所在地〒998-0111 山形県酒田市黒森字草刈谷地180番地の1
所有蒸留所遊佐蒸溜所

2.蒸留所

遊佐蒸溜所

所在地〒999-8302 山形県飽海郡遊佐町吉出字 カクジ田20番地
操業開始2018年

株式会社金龍が2018年に山形県遊佐町に開設した、東北地方3か所目のウイスキー蒸溜所です。

新鮮で澄んだ空気と、「水の郷百選」に選ばれた、名峰鳥海山の伏流水に恵まれた遊佐町は、最高品質のウイスキー造りに適した土地。

使用するポットスチルはフォーサイス社製、発酵槽は5つ、カナダ産のベイマツを使用しています。製法や熟成方法もスコットランドの方式を採用、若いウイスキーは樽出しせず、納得のいくまで十分に熟成を重ねたウイスキーだけを、シングルモルトのみに絞って製造。大量生産ができない小さな蒸溜所だからこそ、細部までとことん手を尽くし、こだわりを詰め込んだ最高品質のウイスキーをつくります。

遊佐蒸溜所ウイスキーの
コンセプト「TLAS」

遊佐蒸溜所で造るウイスキーは、
Tiny(ちっぽけな)
Lovely(かわいい)
Authentic(本物の)
Supreme(最高の)
上記の頭文字を取った「TLAS(トラス)」をコンセプトとしています。

遊佐蒸溜所は、敷地面積約4,550㎡、蒸溜所面積は約620㎡と、ウイスキー蒸溜所としてはとても小規模な蒸溜所です。外観は小さく可愛らしくも見えますが、造るウイスキーは本格的かつ最高品質のものを目指します。伝統的な製法を用いつつも、日本らしい「ものづくり」に対するこだわりを持って造る、世界に一つのジャパニーズウイスキーです。

遊佐公式HPより引用

遊佐蒸溜所の詳細情報は、こちらの記事もご覧ください。

3.商品名と写真

YUZA Second edition 2022

YUZA Second edition 2022

created by Rinker
遊佐蒸留所
¥23,880 (2022/11/29 19:51:54時点 Amazon調べ-詳細)

4.特徴

カスクストレングス・シリーズのSecond edition。原酒は遊佐蒸溜所第1シーズンの2019年2月~7月に樽詰めされたものから厳選。エステリーさのあるドライフルーツのような芳醇な香り、 リンゴ、洋ナシを思わせるフルーティーさ。バニラのような甘さとともに、 なめらかでクリーミーな口当たり。 それでいて存在感のあるしっかりとしたボディ。 甘さやフルーティー感に重層的な味わいが加わり、 複雑な中にも落ち着きを感じられます。

引用:商品紹介|遊佐蒸溜所

4-1.テイスティングノート

香り桃、りんご、ヨーグルト
味わいいちじくや杏子の甘酸っぱさに樽感の渋さが加わり、ミディアムボディ
余韻バーボン樽特有のフルーツの甘さ、シェリーのようなタンニンとウッディさが折り重なる

4-2.商品スペック

アルコール度数62%
酒別シングルモルトジャパニーズウイスキー
樽種バーボン樽、シェリー樽ほか
内容量700ml
販売本数数量限定
希望小売価格16,500円(税込)
発売日2022年10月上旬

5.受賞歴

現時点での受賞歴はありません。

6.価格

6-1.メーカー希望小売価格

商品名YUZA Second edition
容量700ml
希望小売価格税込:16,500円

6-2.メルカリでの転売価格

メルカリの転売価格22,000円~28,999円前後となっています。(2022年10月17日現在)

6-3.ヤフーオークション落札価格

ヤフーオークションでの落札価格は、最安21,500円、最高 25,000円、平均、22,657

(※2022/10/17時点より過去180日間の統計情報) 

6-4.楽天、ヤフーショッピング、Amazon

通販サイトでも、32,000円前後で販売されています。(2022年10月17日現在)

created by Rinker
遊佐蒸留所
¥23,880 (2022/11/29 19:51:54時点 Amazon調べ-詳細)

6-5.BAR新海での提供価格

当サイトが運営する「BAR新海」では、1杯、45ml:5,610円、30ml:3,740円、15ml:1,870円にて提供しております。

7.まとめ

YUZAファーストエディションはバーボン樽のみ使用で華やかかつフルーティでとても評価が高いウイスキーでした。今回のYUZAセカンドエディションも前作の味わいを軸としてバーボン樽がメインでありつつ、フルーティさは若干影を潜めていますが、ボディに厚みがあり樽感がしっかり感じ取れ、甘さ、酸味、渋みなど味わいの変化が感じ取れます。

加水すると逆にフルーティさが目立ってきてまた違った味わいに。よりクリーミーになりコクが出てきて飲みやすくなります。

 

YUZAファーストエディションの時も感じましたが、とてもクオリティが高く「正統派」な印象を受けるウイスキーです。。遊佐蒸溜所の「造り」に対する拘りを強く感じる一本です。

■「遊佐蒸溜所」に関するその他の記事も是非ご覧ください。

最後に:ジャパニーズウイスキーのおすすめ書籍

世界的なトレンドを巻き起こしている「ジャパニーズウイスキー」の事をもっと知りたい、もっと勉強したいという方は、是非こちらの書籍をおすすめいたします。

(1).Whisky Galore(ウイスキーガロア)Vol.34 2022年10月号

ウイスキー文化研究所が出版するウイスキーガロアの2022年10月号は、『日本の蒸留酒づくり最前線』世界のウイスキー市場がますます拡大を続ける中、ジンやラム、そして焼酎・泡盛にも世界が注目。今回はジャパニーズウイスキーのクラフト蒸留所、そして黒糖、泡盛、ラムの蒸留所など合計10ヵ所を紹介。SETOUCHI DISTILLERY、馬追蒸溜所は今回初公開。

created by Rinker
ウイスキーガロア
¥1,320 (2022/11/29 18:56:55時点 Amazon調べ-詳細)

(2).ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー

世界的にも有名なウイスキー評論家で、ウイスキー文化研究所代表 土屋守先生の著書「ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー」です。
ウイスキーの基礎知識、日本へのウイスキーの伝来、ジャパニーズウイスキーの誕生、広告戦略とジャパニーズウイスキーの盛隆、そして、現在のクラフト蒸留所の勃興まで。日本のウイスキーの事が非常にわかりやすくまとめられた一冊。

(3).ウイスキーと私(竹鶴政孝)

日本でのウイスキー醸造に人生を捧げた、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝。ただひたすらにウイスキーを愛した男が自らを語った自伝の改訂復刻版。若き日、単身スコットランドに留学し、幾多の苦難を乗り越えてジャパニーズ・ウイスキーを完成させるまでの日々や、伴侶となるリタのことなどが鮮やかに描かれる。

created by Rinker
¥1,294
(2022/11/30 14:30:43時点 Amazon調べ-詳細)

(4).新世代蒸留所からの挑戦状

2019年発売。世界に空前のウイスキーブームが到来しているいま、クラフト蒸留所の経営者たちは何を考え、どんな想いでウイスキー造りに挑んだのか。日本でクラフト蒸留所が誕生するきっかけを作った、イチローズ・モルトで有名なベンチャーウイスキーの肥土伊知郎氏をはじめとする、13人のクラフト蒸留所の経営者たちが世界に挑む姿を綴った1冊。

created by Rinker
repicbook(リピックブック)株式会社
¥1,870
(2022/11/29 19:16:08時点 Amazon調べ-詳細)

(5).ウイスキーライジング

2016年にアメリカで出版された『Whisky Risng』の日本語版であり、内容も大幅にアップデート。ジャパニーズ・ウイスキーの歴史が詳細に記述されているだけでなく、近年、創設がつづくクラフト蒸溜所を含む、日本の全蒸溜所に関するデータも掲載。そのほかにも、今まで発売された伝説的なボトルの解説や、ジャパニーズ・ウイスキーが飲めるバーなども掲載されています。

Check Also

【レビュー】シングルモルト余市アロマティックイースト

今回 …