【レビュー】シングルモルト津貫 6th Anniversary

本坊酒造・マルス津貫蒸溜所竣工6周年を記念した限定ボトル。
毎年11月に実施されていた「津貫蒸溜所祭り」が、新型コロナウイルスの影響により「お祭り」形式での開催は昨年に引き続き中止となりました。毎年発売している「津貫蒸溜所祭り限定商品」として今回の6周年記念ボトルが販売されました。

1.メーカー

本坊酒造株式会社

設立1872年
本社所在地〒891-0122; 鹿児島県鹿児島市南栄三丁目27番地
所有蒸留所マルス信州蒸溜所、マルス津貫蒸溜所

2.蒸留所

マルス津貫蒸溜所

所在地〒899-3611 鹿児島県南さつま市加世田津貫6594
操業開始2016年

南さつま市加世田津貫。ここ薩摩半島南西の緑溢れる山あいの中に佇む、本土最南端のウイスキー蒸留所「マルス津貫蒸溜所」

薩摩半島南西部に位置する津貫は、万之瀬川支流の加世田川に沿って長くのびている盆地にあります。東を蔵多山(475m)、西を長屋山(513m)の山々に囲まれ、地形が盆地状のため、夏は暑く、冬の寒さは、南薩摩にあっては、ことのほか厳しい地域です。
良質な水資源(蔵多山湧水)もあり”天の恵み”といっていいほどの自然環境を有し、山の傾斜地を有効に利用したみかん栽培も盛んで、”津貫みかん”として知られています。
温暖な気候と良質な水資源に恵まれる津貫は、本坊酒造発祥の地。薩摩を代表する特産物「さつま芋」を使って焼酎造りを始めてから百有余年、この土地の水と気候風土を知り抜き、酒造りの伝統を今に伝える津貫の地で、ウイスキー造りに取り組んでいます。
引用:マルス津貫蒸溜所公式HP

3.商品名と写真

シングルモルト津貫 6th Anniversary

 Single Malt Tsunuki 6th Anniversary

4.特徴

マルス津貫蒸溜所で蒸留・熟成したモルト原酒の中から、ブレンダーが厳選したバーボンバレル3樽をヴァッティングしたシングルモルトウイスキー
引用:新着情報 2022|本坊酒造株式会社

4-1.テイスティングノート

香りバニラ、甘い柑橘フルーツ
味わいバニラ、クリーム、チョコレート
余韻すっきりした甘さ、バーボン樽の樽香

4-2.商品スペック

アルコール度数52%
酒別シングルモルトジャパニーズウイスキー
樽種バーボンバレル
内容量700ml
販売本数限定657本
希望小売価格11,000円(税込)
発売日2022年11月14日

5.受賞歴

現時点では受賞歴はありません。

6.価格

6-1.メーカー希望小売価格

商品名シングルモルト津貫 6th Anniversary
容量700ml
希望小売価格11,000円(税込)

6-2.メルカリでの転売価格

メルカリでの転売価格は、36,000円~45,000円前後となっています。(※2022/12/12時点)

6-3.ヤフーオークション落札価格

ヤフーオークションでの落札価格は、最安 30,000円 最高 31,350平均 30,675

(※2022/12/12時点より過去180日間の統計情報)

6-4.楽天、ヤフーショッピング、Amazon

通販サイトでの出品は現在確認できておりません。(※2022/12/12時点)

6-5.BAR新海での提供価格

当サイトが運営する「BAR新海」では、1杯、45ml:3,300円 、30ml:2,200円、15ml:1,100円にて提供しております。

7.まとめ

とにかくすっきりと甘い味わい。バーボン樽の特徴でもあるバニラ感が全開に出ています。舌触りもまろやかで柑橘のすっきりした甘さとチョコレートクリームのような味わい。アルコール感もほとんど感じなく飲みやすい。加水しても味わいそのままに甘さとコクをキープします。

今までの津貫のウイスキーはどっしりしていてやや荒々しさもありましたが、今作はまるで違って甘く飲みやすいシングルモルトウイスキー。3樽をブレンドしてこの味わいを引き出せるのかと思うと樽の種類と選定、ブレンド技術に脱帽します。

■本坊酒造・津貫蒸溜所のその他のウイスキーに関する記事も是非ご覧ください。

created by Rinker
¥18,800 (2023/02/06 10:42:14時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
マルス
¥16,750 (2023/02/06 10:42:14時点 Amazon調べ-詳細)

最後に:ジャパニーズウイスキーのおすすめ書籍

世界的なトレンドを巻き起こしている「ジャパニーズウイスキー」の事をもっと知りたい、もっと勉強したいという方は、是非こちらの書籍をおすすめいたします。

(1).Whisky Galore(ウイスキーガロア)Vol.34 2022年10月号

ウイスキー文化研究所が出版するウイスキーガロアの2022年10月号は、『日本の蒸留酒づくり最前線』世界のウイスキー市場がますます拡大を続ける中、ジンやラム、そして焼酎・泡盛にも世界が注目。今回はジャパニーズウイスキーのクラフト蒸留所、そして黒糖、泡盛、ラムの蒸留所など合計10ヵ所を紹介。SETOUCHI DISTILLERY、馬追蒸溜所は今回初公開。

created by Rinker
ウイスキーガロア
¥1,320 (2023/02/05 21:21:47時点 Amazon調べ-詳細)

(2).ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー

世界的にも有名なウイスキー評論家で、ウイスキー文化研究所代表 土屋守先生の著書「ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー」です。
ウイスキーの基礎知識、日本へのウイスキーの伝来、ジャパニーズウイスキーの誕生、広告戦略とジャパニーズウイスキーの盛隆、そして、現在のクラフト蒸留所の勃興まで。日本のウイスキーの事が非常にわかりやすくまとめられた一冊。

(3).ウイスキーと私(竹鶴政孝)

日本でのウイスキー醸造に人生を捧げた、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝。ただひたすらにウイスキーを愛した男が自らを語った自伝の改訂復刻版。若き日、単身スコットランドに留学し、幾多の苦難を乗り越えてジャパニーズ・ウイスキーを完成させるまでの日々や、伴侶となるリタのことなどが鮮やかに描かれる。

created by Rinker
¥1,074
(2023/02/05 18:33:29時点 Amazon調べ-詳細)