【レビュー】静岡 ポットスティルK 純日本産大麦 2023年版

ウィスキーレビュー
ウィスキーレビュー
ガイアフロー静岡蒸溜所

静岡ポットスティルK純日本産大麦2023年版をレビュー。日本産大麦100%使用、ガイアフローディスティリング・静岡蒸溜所より新発売。特徴や価格、購入サイトを紹介。

KシリーズとしてはプロローグK、純日本大麦初版、純外国産大麦初版に続く4作目。今作は2022年6月に発売された「ポットスティルK 純日本大麦 初版」の2023年エディションで500mlボトルでの発売となります。
ノンピート麦芽使用で、日本産ならではの繊細で甘美な味わいが特徴。

今回のリリースは国内販売数量6,000本限定。希望小売価格は14,905円(税込)となります。

スポンサーリンク

1.ガイアフローディスティリング株式会社とは?

静岡ポットスティルK純日本大麦2023年版を製造している「ガイアフローディスティリング株式会社」は、2014年に設立したウイスキー製造を行う会社。グループのガイアフロー株式会社では、ウイスキーの輸入および販売も行っている。

会社名ガイアフローディスティリング株式会社
設立2014年10月8日
本社所在地〒421-2223 静岡県静岡市葵区落合555番地
所有蒸留所ガイアフロー静岡蒸溜所

2.ガイアフロー静岡蒸溜所とは?

静岡ポットスティルK純日本大麦2023年版を製造している蒸溜所は、ガイアフロー静岡蒸溜所

蒸溜所名ガイアフロー静岡蒸溜所
所在地〒421-2223 静岡県静岡市葵区落合555番地
操業開始2016年

2014年10月8日ガイアフローディスティリング株式会社設立。
2016年8月9日ガイアフロー静岡蒸溜所竣工。
同年、10月28日ウイスキー製造開始。
静岡県静岡市のオクシズ(奥静岡エリア)の玉川地区にあり、一級河川安倍川の支流である、安倍中河内川のほとりに建っている。
標高は200m前後、周囲は400m級の美しい山々に囲まれ、市街地より気温は常に2〜3度低く、まさに好立地と言える。
建物は、日本の美と西洋文化の融合をテーマにデザインされており、静岡在住のアメリカ人建築家デレック・バストン氏とのコラボレーションにより内外装に静岡の木材を多用した、見た目にも美しいウイスキー蒸留所です。

静岡蒸溜所には「K」と「W」という呼び名の2基の初留用蒸留機が稼働しています。Kは、1950年代に日本で製造された歴史ある軽井沢蒸留所の蒸留機。2011年11月に惜しまれつつ閉鎖した軽井沢蒸留所から静岡蒸溜所に移設され、修理・改修し伝説の蒸留機は復活しました。そのしなやかに伸びた優美なシルエットと、蒸気の間接加熱により、軽やかで華やかな味わいの原酒を生み出しています。

下の写真の左手前がスコットランド・フォーサイス社製のおそらく世界で唯一の「薪直火蒸留機」で、この蒸留機がW。
今回のプロローグWはこの蒸留機で蒸留した原酒を使用しています。直火蒸留の特徴はまさに温度です。一般的な間接加熱蒸留の場合の温度は150℃前後ですが、静岡蒸溜所の薪直火蒸留は800℃とのことで、香ばしく力強いタイプのモルト原酒を作り出すことができます。

発酵槽には地元静岡産の杉を使った木桶を採用。静岡市は林業の街であり、その特色を生かし、静岡らしいウイスキーを造れたらとの思いを込めて、あえて地元静岡産の杉を選んでいるのだそうです。
ウイスキーの原料となるモルト(大麦麦芽)を粉砕する為のモルトミルも、蒸留機”K”と同様に軽井沢蒸留所で使用されていた歴史ある機械を移設して使用しています。

因みに、メルシャン軽井沢蒸留所で造られ、商品化されずに貯蔵庫に眠っていた幻のウイスキー原酒は、あるイギリスの企業が買取った後、2013年にボトリングされ「軽井沢1960」として200万円で販売されました。その後、2017年のスコットランドのオークションでは約1400万円で落札日本のウイスキーが世界中のウイスキーコレクターにとってターゲットリストのトップにある事が明らかになりました。 メルシャンが当時販売していたウイスキーには、「軽井沢 貯蔵8年 100%モルト ウイスキー」や「メルシャン 軽井沢15年 シェリー樽 モルトマスターズ」などがありました。

静岡は、スコットランドよりも温かい気候であることと、貯蔵庫の天井に採光用の窓を設置して敢えて寒暖差を作る設計にしています。その為、貯蔵庫で熟成中の原酒は、エンジェルズシェアで年間5%以上蒸発する見込みだそうです。

蒸留所には、試飲コーナーが設けられていて静岡蒸溜所の原酒などを試飲する事ができます(有料)。また、静岡蒸溜所では、ウイスキーの輸入販売を行っており、インドのウイスキー「アムルット」、スコットランドのボトラーズ「ブラックアダー」「アスタモリス」なども試飲する事が出来ます。

ガイアフロー静岡蒸溜所の情報はこちら↓もご覧ください。

ガイアフロー静岡蒸溜所 | ジャパニーズウイスキーディクショナ...
Japanese Whisky Dictionary

3.ボトルの写真と購入できるサイト

シングルモルト日本ウイスキー 静岡 ポットスティルK 純日本産大麦2023年版
Single Malt Japanese Whisky Shizuoka Pot Still K 100% Japanese Barley 2023 Edition

4.静岡 ポットスティルK 純日本産大麦 2023年版の特徴

静岡蒸溜所の「Kシリーズ」は、閉鎖した軽井沢蒸留所から移設した蒸留機「K」(写真右)で蒸留された原酒のみを使用しています。

1950年代に国内で製作されたこの蒸留機は、間接加熱式蒸留(蒸留機底部のパイプをスチームが通ることで加熱)、細く長いラインアーム(蒸留機から冷却装置へつながるパイプ)という特徴を持っています。
蒸留機「K」で初留(一度目の蒸留)を行うことで、軽やかで華やか、フルーティーな個性を持つ原酒がつくり出されます。

引用:【新商品】「ポットスティルK 純日本産大麦2023年版」発売決定! – GAIAFLOW NEWS

4-1.テイスティングノート

香り華やかでパフュームな香り、花や果実の香り
味わい和菓子、羊羹のような上品な甘さとジャスミンを思わす爽やかさ
余韻輪郭がはっきりとした甘味とわずかな樽香、モルティなやさしい甘さが広がる

4-2.商品スペック

アルコール度数55.5%
酒別シングルモルトジャパニーズウイスキー
樽種バーボン樽
内容量700ml
販売本数限定6,000本
希望小売価格14,905円(税込)
発売日2023年11月下旬

5.受賞歴

現時点では、受賞歴はありません。

6.定価とネット上での価格

6-1.メーカー希望小売価格(定価)


商品名シングルモルト日本ウイスキー 静岡 ポットスティルK 純日本産大麦 2023年版
容量500ml
希望小売価格14,905円(税込)

6-2.メルカリでの転売価格

現在メルカリでの転売は確認できておりません(※2023/11/29時点)

6-3.ヤフーオークション落札価格

現在ヤフーオークションでの落札は確認できておりません (※2023/11/29時点)

6-4.楽天、ヤフーショッピング、Amazon

現在通販サイトでも販売は確認されていません。(※2023/11/29時点)

6-5.BAR新海での提供価格

当サイトが運営する「BAR新海」では、1杯、45ml:5,610円 30ml:3,740円、15ml:1,870円などの少量でも提供しております。

「BAR新海」のご案内
Japanese Whisky Dictionaryが運営する「BAR新海」は、東京都港区に3店舗。当サイトで紹介しているジャパニーズウィスキーをはじめ、国産のジンやビールなども取扱い。オリジナルカクテル、フレッシュフルーツカクテルなども人気。食事も豊富で1件目からも利用可能。

7.まとめ

2022年6月に発売された「ポットスティルK 純日本大麦 初版」に次ぐ2023年エディションとしてリリース。
香りや味わいに関しては近い系統ではあるものの別物と言っていいほど変化が感じられます。パフューム感や上品な和菓子、ジャスミンのニュアンスが強めに出ています。

ポットスティルWシリーズにもすでに日本大麦初版がリリースされているので飲み比べすると、ポットスティルの違いでの味わいの変化が明らかにわかるので面白いかもしれません。

「静岡蒸溜所」に関するその他の記事も是非ご覧ください。

【レビュー】静岡 ポットスティルW 純外国産大麦 初版
静岡 ポットスティルW 純外国産大麦 初版は、静岡蒸溜所より2022年8月中旬発売。9,845円(税込)。外国産大麦100%。7割はスコットランド産のピーテッド麦芽、静岡蒸溜所としては初めてのスモーキータイプのシングルモルトとなります。
【レビュー】静岡 ポットスティルK 純外国産大麦 初版
静岡ポットスティルK純外国産大麦初版は、静岡蒸溜所より2023年3月上旬発売。13,970円(税込)。スコットランド産のピーテッド麦芽とノンピーテッド麦芽からの原酒を使用し、フェノール値はおよそ20ppmほど。オフィシャル初のシェリー樽使用も注目。

スポンサーリンク

最後に:ジャパニーズウイスキーのおすすめ書籍

世界的なトレンドを巻き起こしている「ジャパニーズウイスキー」の事をもっと知りたい、もっと勉強したいという方は、是非こちらの書籍をおすすめいたします。

(1).Whisky Galore(ウイスキーガロア)Vol.42 2024年2月号

【巻頭特集】ウイスキーの聖地 アイラ島の“現在”を読み解く
アイラ島のウイスキーは、昔から「アイラモルト」という独自のカテゴリーを与えられてきた。現在9ヵ所の蒸留所があり、さらに2つの新蒸留所計画が発表されている、この小さな島を改めて紹介。
また、現在入手可能なウイスキー8種を土屋編集長が飲み比べる。
●掲載蒸留所
ボウモア、アードベッグ、ラガヴーリン、ラフロイグ、カリラ、ブナハーブン、ブルックラディ、キルホーマン、アードナッホー

【第2特集】北アイルランドのウイスキー
世界の五大ウイスキーのなかで、いまもっとも伸びているのがアイリッシュ。ブームを牽引する北アイルランドの最新情報をリポート。
●紹介ウイスキー
ブッシュミルズ、エクリンヴィル、グレンズ・オブ・アントリム、ヒンチ、キルオーウェン、マコーネルズ、ショートクロス、タイタニック・ディスティラーズ、トゥー・スタックス

【蒸留所リポート】
2023年に100周年を迎えたジャパニーズウイスキー。その第一歩が踏み出され、昨年リニューアルしたばかりのサントリー山崎蒸溜所を取材。そのほか月光川蒸留所や、個性的なツアーを行っている八郷蒸溜所&安積蒸溜所も紹介。

【インタビュー】
ワイルドターキーのマスターディスティラーであるエディー・ラッセル氏と、その息子ブルース・ラッセル氏を編集長がインタビュー。またフィンランドで自国ライ麦にこだわったウイスキーを造るキュロ蒸留所のミイカ氏にも話を聞いた。

【特集】
ウイスキーフェスティバル2023 in TOKYO、ウイスキーコニサークラブ新潟蒸留所ツアー、下田ウイスキーフェスリポート。

(2).ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー

世界的にも有名なウイスキー評論家で、ウイスキー文化研究所代表 土屋守先生の著書「ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー」です。
ウイスキーの基礎知識、日本へのウイスキーの伝来、ジャパニーズウイスキーの誕生、広告戦略とジャパニーズウイスキーの盛隆、そして、現在のクラフト蒸留所の勃興まで。日本のウイスキーの事が非常にわかりやすくまとめられた一冊。

(3).ウイスキーと私(竹鶴政孝)

日本でのウイスキー醸造に人生を捧げた、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝。ただひたすらにウイスキーを愛した男が自らを語った自伝の改訂復刻版。若き日、単身スコットランドに留学し、幾多の苦難を乗り越えてジャパニーズ・ウイスキーを完成させるまでの日々や、伴侶となるリタのことなどが鮮やかに描かれる。

(4).新世代蒸留所からの挑戦状

2019年発売。世界に空前のウイスキーブームが到来しているいま、クラフト蒸留所の経営者たちは何を考え、どんな想いでウイスキー造りに挑んだのか。日本でクラフト蒸留所が誕生するきっかけを作った、イチローズ・モルトで有名なベンチャーウイスキーの肥土伊知郎氏をはじめとする、13人のクラフト蒸留所の経営者たちが世界に挑む姿を綴った1冊。

(5).ウイスキーライジング

2016年にアメリカで出版された『Whisky Risng』の日本語版であり、内容も大幅にアップデート。ジャパニーズ・ウイスキーの歴史が詳細に記述されているだけでなく、近年、創設がつづくクラフト蒸溜所を含む、日本の全蒸溜所に関するデータも掲載。そのほかにも、今まで発売された伝説的なボトルの解説や、ジャパニーズ・ウイスキーが飲めるバーなども掲載されています。

(6).ウイスキーと風の味

1969年にニッカウヰスキーに入社した、三代目マスターブレンダーの佐藤茂夫氏の著書。
『ピュアモルト』『ブラックニッカクリア』『フロム・ザ・バレル』の生みの親でもあり、なかでも『シングルモルト余市1987』はウイスキーの国際的コンペティションWWA(ワールド・ウイスキー・アワード)にて「ワールド・ベスト・シングルモルト」を受賞。
竹鶴政孝竹鶴威の意志を引き継いだブレンダー界のレジェンドが語る今昔。

この記事を書いた人
深瀬 悠二

北海道札幌市出身。
2005年、大手スポーツ用品販売チェーンに就職→2019年1月、BAR新海に就職しウイスキーの魅力に引き込まれ虜となる。初めて飲んだウイスキーはアードベッグ10年。ほぼ毎日ウイスキーを飲む中で更なる知識習得を目指し、ウイスキー検定2級とJC級(ジャパニーズクラフトウイスキー)を取得。
造り手の想いをしっかりと表現し、飲み手の方々に正しい情報を伝えたい。ウイスキーの魅力をたくさんの方に伝えたいという思いでウェブメディア「Japanese Whisky Dictionary」の編集を担当。

深瀬 悠二をフォローする
スポンサーリンク
ジャパニーズウイスキーディクショナリー
タイトルとURLをコピーしました