【レビュー】エッセンス オブ サントリーウイスキー <クリーンタイプ>

サントリー

THE ESSENCE of SUNTORY WHISKY は「本質《Essence》」を追求するサントリーのウィスキーづくりへの想いからつくり出されたシリーズです。 2019.10.29 Release<第3弾>となります。
「白州蒸留所」の杉樽熟成のモルト原酒とホワイトオーク熟成のモルト原酒 「知多蒸留所」のグレーン原酒をブレンド。

1.メーカー

サントリースピリッツ株式会社

設立1899年
本社所在地〒135-8631 東京都港区台場2-3-3
所有蒸留所●日本
山崎蒸留所、白州蒸留所、知多蒸留所
●スコットランド
アードモア蒸留所、グレンギリー蒸留所、オーヘントッシャン蒸留所、ボウモア蒸留所、ラフロイグ蒸留所
●アイルランド
クーリー蒸留所、キルベガン蒸留所
●アメリカ
ジムビーム蒸留所、メーカーズマーク蒸留所
●カナダ
ハイラムウォーカー蒸留所、アルバータ蒸留所

2.蒸留所

サントリー白州蒸留所

所在地〒408-0316 山梨県北杜市白州町鳥原2913-1
操業開始1973年

日本で初めてウィスキーづくりを始めてからちょうど50年を迎えた1973年、豊かな自然に恵まれた南アルプス甲斐駒ヶ岳のふもとに約82万平方メートルの豊かな森に、白州蒸留所は完成しました。
仕込み水は森の湿潤な大気に包まれて、白州モルトは花崗岩に磨かれた清らかでやわらかな南アルプスの天然水を使用。日本ならではの四季の変化の中で長い間熟成され、香り立ちがよくすっきりした「白州」の味わいの源となっています。
2014年には10億円をかけてポットスチル4基増設し16基に。サイズや形状が異なるバラエティ豊かなポットスチルで原酒の作り分けをしています。貯蔵庫は天井の高いラック式。温度や湿度などは一切人の手で管理されず、自然に任せた状態で管理されています。

1973年 白州蒸留所建設
1994年 白州12年発売
2006年 白州18年発売
2008年 白州25年発売

画像出展:サントリー公式 森の蒸留所

白州蒸留所の詳細はこちらの記事もご覧ください。

サントリー知多蒸留所

所在地〒478-0046 愛知県知多市北浜町16番地
操業開始1973年

伊勢湾に臨む知多半島・「知多蒸留所」 サントリーグループが全農グループと共同で設立したグレーンウイスキー蒸留所で、モルトウィスキーの山崎蒸留所や白州蒸留所とともに、サントリーグループの3つの国内ウィスキー蒸留所のひとつです。 ここではとうもろこしを原料にしたグレーンウィスキーを支えてきました。知多蒸留所では、連続式蒸留機によってクリーン、ミディアム、ヘビーの3タイプの世界にも類をみないグレーン原酒のつくり分けを行っています。

知多蒸留所の詳細はこちらの記事もご覧ください。

3.商品名と写真

エッセンス・オブ・サントリーウイスキー<クリーンタイプ>
THE ESSENCE of SUNTORY WHISKY BLENDED JAPANESE WHISKY CLEAN TYPE

4.特徴

杉樽で6年以上熟成させたモルト原酒

ブレンデッドジャパニーズウィスキーは、繊細で優美な調和の中に日本固有の「杉樽モルト原酒」の強い個性が輝く、サントリーの新しいブレンデッドウィスキーへの挑戦です。 <クリーンタイプ>は、鏡板に杉材を使用した「杉樽」で6年以上熟成した白州モルト原酒を使用し、同じく白州蒸留所のホワイトオークで熟成したモルト原酒、知多蒸留所のクリーンタイプのグレーン原酒を丁寧にブレンド。杉樽原酒の持つさわやかな香り、すっきりとした甘さがありながらコクのある味わいをお愉しみいただけます。

4-1.テイスティングノート

香りさわやかで圧倒的に香り立つ杉樽原酒。純粋でクリーンなブレンド。
味わい杉の香りが口の中で広がりつつも、甘くコクのある味わい。
余韻余韻に杉の香りが漂う。

4-2.商品スペック

アルコール度数48%
酒別ブレンデッドウィスキー
樽種杉樽、ホワイトオーク樽
内容量500ml
販売本数数量限定
希望小売価格5,500円(税込)
発売日2019年10月29日

5.受賞歴

現時点では受賞歴はありません。

6.価格

6-1.メーカー希望小売価格

商品名エッセンス・オブ・サントリーウイスキー〈クリーンタイプ〉
容量500ml
希望小売価格税込:5,500円

6-2.メルカリでの転売価格

メルカリでの転売価格は、25,000円~40,000円前後となっています。(※2021/4/8時点)
同時に発売されたエッセンス・オブ・サントリーウイスキー<リッチタイプ>とのセットでの金額になります。

6-3.ヤフーオークション落札価格

ヤフーオークションでの落札価格は、最安12,000円、最高17,500円、平均14,425円(※2021/4/8時点より過去120日間の統計情報)

6-4.楽天、ヤフーショッピング、Amazon

通販サイトでは、20,000円~30,000円前後で販売されています。 (※2021/4/8時点)

6-5.BAR新海での提供価格

当サイトが運営する「BAR新海」では、1杯、45ml:2,320円、30ml:1,540円、15ml:770円で提供しております。

7.まとめ

オススメの飲み方はストレート・ソーダ割り。 数量限定販売の為、かなり注目度の高いウィスキーです。

■エッセンスオブサントリーに関するその他の記事も是非ご覧ください。

最後に:ジャパニーズウィスキーのおすすめ書籍

世界的なトレンドを巻き起こしている「ジャパニーズウィスキー」の事をもっと知りたい、もっと勉強したいという方は、是非こちらの書籍をおすすめいたします。

(1).ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー

世界的にも有名なウィスキー評論家で、ウィスキー文化研究所代表 土屋守先生の著書「ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー」です。
ウィスキーの基礎知識、日本へのウィスキーの伝来、ジャパニーズウィスキーの誕生、広告戦略とジャパニーズウィスキーの盛隆、そして、現在のクラフト蒸留所の勃興まで。日本のウィスキーの事が非常にわかりやすくまとめられた一冊。

(2).Whisky Galore Vol.25 2021年4月号

ウィスキー文化研究所が発行する「ウィスキーガロア」の2021年4月号。
★ジャパニーズウイスキー大全★と題して、ジャパニーズウィスキーの定義、日本のウィスキー最新として、蒸留所24ヵ所を一挙掲載。サントリーチーフブレンダーの福與伸二氏のインタビューも掲載された、ジャパニーズウィスキーファン必見の一冊。

created by Rinker
¥5,100
(2021/09/24 12:56:01時点 Amazon調べ-詳細)

(3).ウィスキーライジング

2016年にアメリカで出版された『Whisky Risng』の日本語版であり、内容も大幅にアップデート。ジャパニーズ・ウイスキーの歴史が詳細に記述されているだけでなく、近年、創設がつづくクラフト蒸溜所を含む、日本の全蒸溜所に関するデータも掲載。そのほかにも、今まで発売された伝説的なボトルの解説や、ジャパニーズ・ウイスキーが飲めるバーなども掲載されています。

関連記事

月間アクセスランキング

  1. 1

    【2021年8月下旬発売】厚岸ブレンデッドウィスキー 処暑(堅展実業・厚岸蒸留所)

  2. 2

    日本のウィスキー蒸留所一覧(2021年9月更新・全40ヵ所)

  3. 3

    【2021年9月28日発売】シングルモルト余市ノンピーテッド・シングルモルト宮城峡ピーテッド

  4. 4

    【抽選販売開始2021年9月6日~10月4日】響 BLOSSOM HARMONY 2021(500本限定)

  5. 5

    【抽選販売開始2021年9月6日~10月4日】山崎 LIMITED EDITION 2021(500本限定)

TOP