【レビュー】岩井トラディション ワインカスクフィニッシュ

本坊酒造

ジャパニーズウィスキー創生の一翼を担った岩井喜一郎氏の名を冠した「岩井トラディション」を、山梨マルスワリナリーの赤ワインに使用した空樽に入れて1年以上追加熟成(フィニシュ)したブレンデッドウィスキーです。

「岩井トラディション」のスコッチに近いピート香や麦芽風味と「ワインカスクフィニッシュ」の相乗効果でピート香+シェリー樽原酒の風味+後味にかけてワイン系の風味もしっかり感じられるコストパフォーマンスに優れたブレンデッドウィスキーです。

自社蒸留のウィスキーを自社醸造のワインを寝かせていた樽で後熟させるという、これは「マルスウィスキー」と「マルスワイナリー」という2つのブランドを持つ本坊酒造ならではと言えるのではないでしょうか。

岩井トラディションワインカスクフィニッシュは通年販売されておらず、だいたい春頃と秋頃にスポット生産されているようです。

1.メーカー

本坊酒造株式会社

設立1872年
本社所在地〒891-0122; 鹿児島県鹿児島市南栄三丁目27番地
所有蒸留所マルス信州蒸留所、マルス津貫蒸留所

2.蒸留所

マルス信州蒸留所

所在地〒399-4301 長野県上伊那郡宮田村4752-31
操業開始1985年

1985年、本坊酒造株式会社は、ウィスキー造りに最適な環境(澄んだ空気の寒冷地、適度な湿度、良質な水)を求めて、長野県中央アルプス駒ヶ岳山麓標高798mの地に蒸溜所を開設しました。この地は冷涼で、霧が深く、3000m級の山々に降り注いだ雨や雪解け水は、花崗岩土壌をくぐり、天然のミネラル分をたたえた良質な水になります。

「いつか日本の風土を生かした本物のウィスキーを造りたい」。本坊酒造が描く夢を実現させるために建てられたマルスウイスキーマルス信州蒸留所。中央アルプス駒ヶ岳山麓の美しく緑深い森に囲まれた蒸留所は、澄んだ空気の静寂の中に佇んでいます。

画像出展:マルス信州蒸留所公式HP

マルス信州蒸留所の情報はこちら↓もご覧ください。

3.商品名と写真

岩井トラディション ワインカスクフィニッシュ
IWAI TRADITION Wine Cask Finish

4.特徴

自社のワイン樽で追加熟成されたブレンデッドウイスキー

「岩井トラディション」を、マルス山梨ワイナリーおよびマルス穂坂ワイナリーの「赤ワイン」に使用した樽に入れて一年以上追加熟成(フィニシュ)したブレンデッドウイスキー。
上品な口当たりの柔らかさに、シェリー樽の古木香とワイン樽由来の甘いバニラ香が調和し、赤ワインのタンニンとうまみが味わいのトーンにほどよく厚みをもたらす逸品に仕上がりました。
引用:本坊酒造公式HP

4-1.テイスティングノート

香りイチゴジャム、チョコレート、クッキー、木の香りからバニラ香も感じられる。
味わい口当たりはまろやかで、ベリー系の甘くフルーティな味わいから赤ワインを思わせるタンニンが少しきいてきます。
余韻木の香りから弱めのピート、心地よいバニラ香が抜けていく。

4-2.商品スペック

アルコール度数40%
酒別ブレンデッドウィスキー
樽種シェリー樽、赤ワイン樽
内容量750ml
販売本数
希望小売価格2,750円(税込)
発売日2013年頃(公式リリース無し)

5.受賞歴

現時点での受賞歴はありません。

6.価格

6-1.メーカー希望小売価格

    

商品名岩井トラディション ワインカスクフィニッシュ
容量700ml
希望小売価格2,500円(税込:2,750円)

6-2.メルカリでの転売価格

メルカリでの転売価格は、3,500円~5,000円前後となっています。(※2021/2/14時点)

6-3.ヤフーオークション落札価格

ヤフーオークションでの落札価格は、最安2,000円、最高4,680円、平均3,460円(※2021/2/14時点より過去120日間の統計情報)

6-4.楽天、ヤフーショッピング、Amazon

通販サイトでは、定価と同じ価格の4,000円~7,000前後で販売されています。 (※2021/2/14時点)定期的にチェックしてるとタイミングが良ければ定価で購入できるかもしれません。

6-5.BAR新海での提供価格

当サイトが運営する「BAR新海」では、1、45ml:1,210円で提供しております。

7.まとめ

アルコールのツンとした香りはほぼ感じません。
甘い香りも強すぎず、上品に香る程度で穏やかな甘みが特徴です。ほんとに美味しい。
バニラ香も強く感じれて香りだけでもしばらく楽しめます。
オススメの飲み方はストレート。しっかりとしたコクのあるワイン感が感じられます。
ハイボールにするとフルーティで甘い香りが弱くなり、バニラ香もどこかへ。レモンやグレープフルーツのような酸味がほんのり顔を出します。せっかくのワインカスク感もほぼ感じなくなりました。さっぱりしたハイボールで飲みやすいといえば飲みやすいですが、まずはストレートか少量の加水から赤ワインを感じてみてください。
ワインカスク系のコスパ最強ウィスキーだと思います。

■「本坊酒造・岩井トラディション」に関するその他の記事も是非ご覧ください。

最後に:ジャパニーズウィスキーのおすすめ書籍

世界的なトレンドを巻き起こしている「ジャパニーズウィスキー」の事をもっと知りたい、もっと勉強したいという方は、是非こちらの書籍をおすすめいたします。

(1).ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー

世界的にも有名なウィスキー評論家で、ウィスキー文化研究所代表 土屋守先生の著書「ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー」です。
ウィスキーの基礎知識、日本へのウィスキーの伝来、ジャパニーズウィスキーの誕生、広告戦略とジャパニーズウィスキーの盛隆、そして、現在のクラフト蒸留所の勃興まで。日本のウィスキーの事が非常にわかりやすくまとめられた一冊。

(2).ウィスキーと私(竹鶴政孝)

日本でのウイスキー醸造に人生を捧げた、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝。ただひたすらにウイスキーを愛した男が自らを語った自伝の改訂復刻版。若き日、単身スコットランドに留学し、幾多の苦難を乗り越えてジャパニーズ・ウイスキーを完成させるまでの日々や、伴侶となるリタのことなどが鮮やかに描かれる。

created by Rinker
¥1,650
(2021/09/24 15:52:01時点 Amazon調べ-詳細)

(3).新世代蒸留所からの挑戦状

2019年発売。世界に空前のウイスキーブームが到来しているいま、クラフト蒸留所の経営者たちは何を考え、どんな想いでウイスキー造りに挑んだのか。日本でクラフト蒸留所が誕生するきっかけを作った、イチローズ・モルトで有名なベンチャーウイスキーの肥土伊知郎氏をはじめとする、13人のクラフト蒸留所の経営者たちが世界に挑む姿を綴った1冊。

created by Rinker
repicbook(リピックブック)株式会社
¥1,870
(2021/09/24 15:52:01時点 Amazon調べ-詳細)

(4).ウィスキーライジング

2016年にアメリカで出版された『Whisky Risng』の日本語版であり、内容も大幅にアップデート。ジャパニーズ・ウイスキーの歴史が詳細に記述されているだけでなく、近年、創設がつづくクラフト蒸溜所を含む、日本の全蒸溜所に関するデータも掲載。そのほかにも、今まで発売された伝説的なボトルの解説や、ジャパニーズ・ウイスキーが飲めるバーなども掲載されています。

関連記事

TOP