【レビュー】シングルモルトあかし4年 日本酒カスク

江井ヶ嶋酒造

「あかし」は、清酒をはじめ、ワインやブランデーなどさまざまな酒類の製造を手がける、江井ヶ嶋酒造のウイスキー銘柄です。
「あかし」の銘柄名は、その名のとおり、誕生の地である兵庫県明石市に由来しています。
そのほか清酒「神鷹」の醸造元として知られ、ブレンデッドウイスキー「ホワイトオークウィスキー」や「シャルマンブランデー」「シャルマンワイン」などの洋酒も製造しています。
2011年頃から海外輸出にも力を置いており、特にフランスでは人気が高く、9万本の輸出量を誇る。
このカスクシリーズはコスパも良く、入手しやすいながらも特別感を感じられる、お得なラインナップである。

1.メーカー

江井ヶ嶋酒造

設立1888年5月
本社所在地〒674-0065 兵庫県明石市大久保町西島919
所有蒸留所江井ヶ嶋蒸溜所(旧ホワイトオーク蒸留所)

2.蒸留所

江井ヶ嶋蒸溜所

所在地〒674-0065 兵庫県明石市大久保町西島919
操業開始1919年

1891年 焼酎貯蔵庫「二番蔵」完成 ※後にウイスキー貯蔵庫ともなる。
1919年 ウイスキー免許取得、蒸留所設立
同年 地ウイスキー「ホワイトオーク発売」
1984年 新蒸留所竣工
2007年 初のシングルモルトウイスキー「あかし」8年発売

あかしが作られているのは兵庫県明石市の江井ヶ嶋にあるホワイトオーク蒸溜所。
現在は江井ヶ嶋蒸留所と改名しており、その理由は外国人観光客に分かりやすくする為だそう。
国内において最も海に近い蒸溜所として有名かつ、シングルモルトウイスキーの蒸溜所としては日本最西端に位置している。
小さな漁村である江井ヶ嶋は1年を通して心地よい気候にあり、内海の明石海峡のすぐそばで、温暖な海洋性の気候の恩恵を受けています。
ウイスキーとワインの製造免許を取得したのが1919年。
日本で初めてウイスキーの蒸溜が行われたのは1923年山崎蒸溜所ですが、日本で初めてウイスキー蒸溜の特許を取得したのは1919年江井ヶ嶋蒸留所(旧 ホワイトオーク蒸留所)でした。
1919年といえばジャパニーズウイスキーの父、竹鶴政孝氏がスコットランドへウイスキー蒸溜を学びに行っていた頃。
早い段階でホワイトオーク蒸溜所が存在したことに驚かされます。
しかし特許は取得したものの、正しいウイスキー造りの製法は伝わってきていなかったため、当時作られていたのはウイスキーを模倣したイミテーション・ウイスキーだったといわれています。

引用元:ホワイトオーク蒸留所公式HP

ホワイトオーク蒸留所の情報はこちら↓もご覧ください。

3.商品名と写真

シングルモルトあかし4年 日本酒カスク
singlemalt  AKASHI 4year sake cask

created by Rinker
¥6,250 (2021/09/24 09:00:28時点 楽天市場調べ-詳細)

※シングルモルトあかし4年は数量限定という事もあり、現在入手困難のようです。
(上記リンクは、シングルモルトあかし3年日本酒カスクです。)

4.特徴

瀬戸内海を望む、兵庫県明石市の小さな蒸留所で造ったシングルモルトウイスキー。
日本酒を貯蔵したオーク樽に4年間貯蔵。
モルト本来の味をお愉しみいただくため、ノンチルフィルター(冷却ろ過せず)、ノンカラー(着色せず)で瓶詰め

この日本酒カスクは、日本酒を詰めた樽にウイスキーを詰めて熟成させたもの。
日本酒造りの際、酵母を保護して活動を促すための乳酸を添加しているのが特徴。
日本酒カスクの最大の要素として香りに乳酸の風味がウイスキーへと移り、珍しいフレーバーとなっている。
2018年に続き登場。

4-1.テイスティングノート

香りピーティー、乳酸系
味わいビタースウィート、なめらかでワイルド
余韻スイートな余韻

4-2.商品スペック

アルコール度数50%
酒別シングルモルト
樽種日本酒樽
内容量500ml
販売本数
希望小売価格6,380円(税込)
発売日2019年

5.受賞歴

現時点では受賞歴はありません。

6.価格

6-1.メーカー希望小売価格

【限定商品】シングルモルトあかし 4年 日本酒カスク

商品名シングルモルトあかし4年 日本酒カスク
容量500ml
希望小売価格5,800円(税込:6,380円)

6-2.メルカリでの転売価格

メルカリでの転売価格は、5,500~6,600円前後となっています。(※2021/4/26時点)※現在売り切れ

6-3.ヤフーオークション落札価格

ヤフーオークションでの価格は、最安8,250円、最高11,000円(※2021/4/26時点)
ほぼ出回ることがもうあまり無い様です。

6-4.楽天、ヤフーショッピング、Amazon

通販サイトでも、6,250円前後で販売されています。 (※2021/4/26時点)

created by Rinker
¥6,250 (2021/09/24 09:00:28時点 楽天市場調べ-詳細)

※シングルモルトあかし4年は数量限定という事もあり、現在入手困難のようです。
(上記リンクは、シングルモルトあかし3年日本酒カスクです。)

6-5.BAR新海での提供価格

当サイトが運営する「BAR新海」では、1杯、45ml:2,640円 30ml:1,760円、15ml:880円などの少量でも提供しております。

7.まとめ

2019年のモダンモルトウイスキーマーケット(2006年から三陽物産株式会社がお酒のプロ向けに開催するウイスキーイベント)向けに発売された、シングルカスクの限定品。
2018年に発売されたものよりも一年長く熟成されている為、深みが増している。
まず何より面白いのはウイスキーが一年刻みで出品される事は珍しく、可能ならば3年と4年でどう変わったか飲み比べてみると面白いと思います。
日本でのエンジェルスシェアを感じられるいい機会かも知れません。

「あかし」に関するその他の記事も是非ご覧ください。

最後に:ジャパニーズウィスキーのおすすめ書籍

世界的なトレンドを巻き起こしている「ジャパニーズウィスキー」の事をもっと知りたい、もっと勉強したいという方は、是非こちらの書籍をおすすめいたします。

(1).ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー

世界的にも有名なウィスキー評論家で、ウィスキー文化研究所代表 土屋守先生の著書「ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー」です。
ウィスキーの基礎知識、日本へのウィスキーの伝来、ジャパニーズウィスキーの誕生、広告戦略とジャパニーズウィスキーの盛隆、そして、現在のクラフト蒸留所の勃興まで。日本のウィスキーの事が非常にわかりやすくまとめられた一冊。

(2).ウィスキーと私(竹鶴政孝)

日本でのウイスキー醸造に人生を捧げた、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝。ただひたすらにウイスキーを愛した男が自らを語った自伝の改訂復刻版。若き日、単身スコットランドに留学し、幾多の苦難を乗り越えてジャパニーズ・ウイスキーを完成させるまでの日々や、伴侶となるリタのことなどが鮮やかに描かれる。

created by Rinker
¥1,650
(2021/09/24 15:52:01時点 Amazon調べ-詳細)

(3).新世代蒸留所からの挑戦状

2019年発売。世界に空前のウイスキーブームが到来しているいま、クラフト蒸留所の経営者たちは何を考え、どんな想いでウイスキー造りに挑んだのか。日本でクラフト蒸留所が誕生するきっかけを作った、イチローズ・モルトで有名なベンチャーウイスキーの肥土伊知郎氏をはじめとする、13人のクラフト蒸留所の経営者たちが世界に挑む姿を綴った1冊。

created by Rinker
repicbook(リピックブック)株式会社
¥1,870
(2021/09/24 15:52:01時点 Amazon調べ-詳細)

(4).ウィスキーライジング

2016年にアメリカで出版された『Whisky Risng』の日本語版であり、内容も大幅にアップデート。ジャパニーズ・ウイスキーの歴史が詳細に記述されているだけでなく、近年、創設がつづくクラフト蒸溜所を含む、日本の全蒸溜所に関するデータも掲載。そのほかにも、今まで発売された伝説的なボトルの解説や、ジャパニーズ・ウイスキーが飲めるバーなども掲載されています。

関連記事

TOP