【レビュー】シングルモルトウィスキー桜尾

桜尾蒸留所

シングルモルトウィスキー桜尾

世界遺産・厳島神社のまちとして知られる広島県廿日市市に、誕生したSAKURAO DISTILLERY。2018年1月操業開始。
桜尾ジン(SAKURAO GIN)で有名な「株式会社サクラオブルワリーアンドディスティラリー(サクラオB&D)」(旧社名:中国醸造株式会社)が創業100周年事業として2015年にプロジェクトを開始。
現在に至るまで販売されてきたウィスキーは「戸河内」名称のみで「桜尾」を謳ったウィスキーは今回が初のリリースとなります。
出荷先はレストラン、ホテル、バーなどの業務店が殆どで、一般の消費者向けに小売店への流通数はかなり少ないそうです。

また、今回の商品では商品名に「JAPANESE WHISKY」と表記されています。これには重要な意味があり、先般、日本洋酒酒造組合が制定したジャパニーズウィスキーの自主基準が4月1日より施行され、それに準拠した商品である事を表示している事となります。

1.メーカー

株式会社サクラオブルワリーアンドディスティラリー

設立1918年
本社所在地〒738-8602 広島県廿日市市桜尾一丁目12番1号
所有蒸留所桜尾蒸留所

2.蒸留所

桜尾蒸留所(SAKURAO DISTILLERY)

所在地〒738-8602 広島県廿日市市桜尾一丁目12番1号
操業開始2018年1月

広島県の株式会社サクラオブルワリーアンドディスティラリーは、1918年創業の老舗の酒造メーカー。
実はウィスキー造りの歴史は深く、1938年~1989年までモルトウィスキーの製造・販売を行っていました。当時蒸留された原酒は、戸河内にあるJR西日本の鉄道用試掘トンネルを活用した貯蔵庫に保管されていました。
2008年、戸河内の貯蔵庫に貯蔵されていた原酒と輸入原酒をブレンドして作る「戸河内ウィスキー」を販売開始しました。(9割はヨーロッパへの輸出とのこと。)

操業100周年事業として2017年12月、高品質のシングルモルトウィスキーを生産するために新たに設備を導入し、広島発のクラフト蒸留所「SAKURAO DISTILLERY」を建設。2018年1月から蒸留開始。

2017年12月SAKURAO DISTILLERY 竣工
2018年10月SAKURAO DISTILLERY VISITOR CENTER オープン
2019年SAKURAO DISTILLERY 二期工事(グレーンウイスキー蒸留設備導入・ウイスキー貯蔵庫新設)
2021年3月株式会社サクラオブルワリーアンドディスティラリーに社名変更

3.商品名と写真

シングルモルトウィスキー桜尾
Singlemalt Whisky Sakurao

4.特徴

瀬戸内の穏やかな潮の香りを纏い、ウッディでスモーキーな香味が特徴

SAKURAO DISTILLERY敷地内にある熟成庫で3年熟成後、カスクストレングスでボトリング。
熟成庫は海側に位置していることもあり、熟成樽は瀬戸内の穏やかな潮の香りをほのかに纏います。長く続くウッディーな香りとしっかり効いたピーティな香味。濃厚な甘味も感じ取れる奥行きのある味わい。

瀬戸内の海と風に磨かれた味
南に瀬戸内海、北には中国山地がそびえる廿日市市にあるSAKURAO DISTILLERY。蒸留所内の桜尾貯蔵庫には、海からの暖かい風と山からの冷たい風が届き、一年の中で大きな気温差を生み出します。その気温差が、ウイスキーの熟成を早めます。また海側に位置する貯蔵庫ゆえ、瀬戸内の穏やかな潮の香りを熟成樽にほのかにまとうのも特徴。完熟したブドウやオレンジ、ビターチョコ、バニラの甘みとスモーキーな香りが魅力。微かなスパイシーさと程よい渋みも調和しています。長く続くウッディーでスモーキーな香りと濃厚な甘みをお楽しみいただけます。
  創業の地・桜尾にある貯蔵庫で熟成
モルト原酒が眠る樽は、貯蔵庫からほど近くに佇む瀬戸内海から届く潮の気配をほのかにまといます。

引用:伝統と革新で広島から世界へ 海と山のシングルモルトウイスキー「桜尾(さくらお)」「戸河内(とごうち)」を同時リリース|prtimes.jp

4-1.テイスティングノート

香り完熟したブドウ、オレンジの香り、ビターチョコ
味わいバニラの甘味とスモーキーな香り、微かに感じられるスパイシーな味わい、程よい渋み
余韻ウッディーでスモーキーな香りと濃厚な甘みの余韻が長い

4-2.商品スペック

アルコール度数54%
酒別シングルモルトジャパニーズウィスキー
樽種バーボン樽ほか
内容量700ml
販売本数数量限定
希望小売価格9,350円(税込)
発売日2021年7月1日

5.受賞歴

現時点での受賞歴はありません。

6.価格

6-1.メーカー希望小売価格

商品名シングルモルトウィスキー桜尾
容量700ml
希望小売価格9,350円(税込)

6-2.メルカリでの転売価格

メルカリでの転売価格は、同時発売されたシングルモルト戸河内とのセットで40,000円~46,000円前後となっています。(※2021/7/2時点)

6-3.ヤフーオークション落札価格

ヤフーオークションでの落札価格は、同時発売されたシングルモルト戸河内とのセットで最安40,000円、最高40,000円、平均40,000円 (※2021/7/2時点より過去120日間の統計情報)

6-4.楽天、ヤフーショッピング、Amazon

現在、各通販サイトでは販売されていないようです。 (※2021/7/2時点)

6-5.BAR新海での提供価格

当サイトが運営する「BAR新海」では、1杯、45ml:3,630円 30ml:2,420円、15ml:1,210円 などの少量でも提供しております。

7.まとめ

海沿いに位置する桜尾の熟成庫。海を連想させる塩っぽい味わいが印象的。濃厚なチョコレートのような甘も併せ持ちスパイシーさと相まって複雑な味わいとなっています。
「桜尾ジン」では世界的コンペティションで数々の賞を受賞しているSAKURAO DISTILLERY。ジャパニーズウィスキーとしてのファーストリリースとなる今作は今後どのように評価されていくのか楽しみです。

■桜尾蒸留所のその他の記事も是非ご覧ください。

最後に:ジャパニーズウィスキーのおすすめ書籍

世界的なトレンドを巻き起こしている「ジャパニーズウィスキー」の事をもっと知りたい、もっと勉強したいという方は、是非こちらの書籍をおすすめいたします。

(1).ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー

世界的にも有名なウィスキー評論家で、ウィスキー文化研究所代表 土屋守先生の著書「ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー」です。
ウィスキーの基礎知識、日本へのウィスキーの伝来、ジャパニーズウィスキーの誕生、広告戦略とジャパニーズウィスキーの盛隆、そして、現在のクラフト蒸留所の勃興まで。日本のウィスキーの事が非常にわかりやすくまとめられた一冊。

(2).ウィスキーと私(竹鶴政孝)

日本でのウイスキー醸造に人生を捧げた、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝。ただひたすらにウイスキーを愛した男が自らを語った自伝の改訂復刻版。若き日、単身スコットランドに留学し、幾多の苦難を乗り越えてジャパニーズ・ウイスキーを完成させるまでの日々や、伴侶となるリタのことなどが鮮やかに描かれる。

created by Rinker
¥1,650
(2021/10/21 16:12:32時点 Amazon調べ-詳細)

(3).新世代蒸留所からの挑戦状

2019年発売。世界に空前のウイスキーブームが到来しているいま、クラフト蒸留所の経営者たちは何を考え、どんな想いでウイスキー造りに挑んだのか。日本でクラフト蒸留所が誕生するきっかけを作った、イチローズ・モルトで有名なベンチャーウイスキーの肥土伊知郎氏をはじめとする、13人のクラフト蒸留所の経営者たちが世界に挑む姿を綴った1冊。

created by Rinker
repicbook(リピックブック)株式会社
¥1,870
(2021/10/21 16:12:45時点 Amazon調べ-詳細)

(4).ウィスキーライジング

2016年にアメリカで出版された『Whisky Risng』の日本語版であり、内容も大幅にアップデート。ジャパニーズ・ウイスキーの歴史が詳細に記述されているだけでなく、近年、創設がつづくクラフト蒸溜所を含む、日本の全蒸溜所に関するデータも掲載。そのほかにも、今まで発売された伝説的なボトルの解説や、ジャパニーズ・ウイスキーが飲めるバーなども掲載されています。

関連記事

TOP