【レビュー】YUZA First Edition 2022

ついに遊佐蒸溜所から、「YUZA First edition 2022」がリリースされました。限定8,500本。

「専門家やベテランに任せると蒸留所がその人の色に染まってしまう」という佐々木 雅晴社長。若いスタッフがゼロからスタートすることで「遊佐蒸溜所らしさ」を生みだします。

「納得のいくまで熟成をする」「ジャパニーズウイスキーの定義に準じた製品のみを送りだすことに集中する」という強い信念をもって生まれた「YUZA First edition 2022」。ついに夜明けの時が訪れました。

1.メーカー

株式会社 金龍

設立 1950年4月
本社所在地 〒998-0111 山形県酒田市黒森字草刈谷地180番地の1
所有蒸留所 遊佐蒸溜所

2.蒸留所

遊佐蒸溜所

所在地 〒999-8302 山形県飽海郡遊佐町吉出字 カクジ田20番地
操業開始 2018年

株式会社金龍が2018年に山形県遊佐町に開設した、東北地方3か所目のウイスキー蒸溜所です。

新鮮で澄んだ空気と、「水の郷百選」に選ばれた、名峰鳥海山の伏流水に恵まれた遊佐町は、最高品質のウイスキー造りに適した土地。

使用するポットスチルはフォーサイス社製、発酵槽は5つ、カナダ産のベイマツを使用しています。製法や熟成方法もスコットランドの方式を採用、若いウイスキーは樽出しせず、納得のいくまで十分に熟成を重ねたウイスキーだけを、シングルモルトのみに絞って製造。大量生産ができない小さな蒸溜所だからこそ、細部までとことん手を尽くし、こだわりを詰め込んだ最高品質のウイスキーをつくります。

 

遊佐蒸溜所ウイスキーの
コンセプト「TLAS」

遊佐蒸溜所で造るウイスキーは、
Tiny(ちっぽけな)
Lovely(かわいい)
Authentic(本物の)
Supreme(最高の)
上記の頭文字を取った「TLAS(トラス)」をコンセプトとしています。

遊佐蒸溜所は、敷地面積約4,550㎡、蒸溜所面積は約620㎡と、ウイスキー蒸溜所としてはとても小規模な蒸溜所です。外観は小さく可愛らしくも見えますが、造るウイスキーは本格的かつ最高品質のものを目指します。伝統的な製法を用いつつも、日本らしい「ものづくり」に対するこだわりを持って造る、世界に一つのジャパニーズウイスキーです。

遊佐公式HPより引用

遊佐蒸溜所の詳細情報は、こちらの記事もご覧ください。

3.商品名と写真

YUZA First edition 2022

YUZA First edition 2022

4.特徴

蒸溜所が稼働したばかりの2018年11月~翌年1月に樽詰めされた原酒から厳選し、樽出しの風味を存分に楽しんでいただけるよう、カスクストレングスといたしました。熟成には、バーボンバレルのみを使用しております。華やかでフルーティーな香り・味わいを心ゆくまでお楽しみください。

引用:遊佐蒸溜所商品紹介ページ

4-1.テイスティングノート

香り 蜂蜜、バニラ、アプリコットのような甘く華やかな香り。ナッツ、アーモンド
味わい 滑らかな舌触りと、ライト~ミディアムボディの味わい、フルーティーな甘み。
余韻 若干のアルコールのピリピリ感と、モルトの風味

4-2.商品スペック

アルコール度数 61%
酒別 シングルモルトジャパニーズウイスキー
樽種 バーボン樽
内容量 700ml
販売本数 8,500本
希望小売価格 16,500円(税込)
発売日 2022年2月

5.受賞歴

現時点での受賞歴はありません。

6.価格

6-1.メーカー希望小売価格

 

商品名 YUZA First edition
容量 700ml
希望小売価格 税込:16,500円

6-2.メルカリでの転売価格

メルカリの転売価格34,800円~38,000円前後となっています。(2022年2月24日現在)

 

6-3.ヤフーオークション落札価格

ヤフーオークションでの落札価格は、最安32,500円、最高 35,000円、平均、33,600円

(※2022/2/24時点より過去180日間の統計情報) 

6-4.楽天、ヤフーショッピング、Amazon

通販サイトでの出品は現在確認できておりません。(2022年2月24日現在)

6-5.BAR新海での提供価格

当サイトが運営する「BAR新海」では、1杯、45ml:5,610円、30ml:3,740円、15ml:1,870円にて提供しております。

7.まとめ

原酒の若さを感じずにはいられませんが、カスクストレングスのアルコール度数の割りにはピリピリせずスムーズな舌触り。ナッツやアーモンドと、バニラ、はちみつのような甘い香りは、スムーズに口に流れ込み、ピリピリと舌を刺激しつつもフルーティな味わい。若干の若さとカスクストレングスを感じることが出来ます。ピリピリとした感じは緩くモルトの風味とともに余韻として残ります。

加水を行うとさらにフルーティな香りが強まり、バーボン樽の甘みが顔を覗かせます。アルコール感や若さは身を潜めます。

ストレートと加水時でガラリと印象が変わるため、1度で2度楽しめます。

ファーストリリースでこのクオリティ。遊佐蒸溜所のこだわりを強く感じます。

長期熟成、加水したボトル詰め、そして今後製造を視野に入れているシングルカスク。今後の遊佐蒸溜所への期待は膨らむばかりです。今後も遊佐蒸溜所が羽ばたかせるウイスキーに目が離せません。

最後に:ジャパニーズウイスキーのおすすめ書籍

世界的なトレンドを巻き起こしている「ジャパニーズウイスキー」の事をもっと知りたい、もっと勉強したいという方は、是非こちらの書籍をおすすめいたします。

(1).Whisky Galore(ウイスキーガロア)Vol.34 2022年10月号

ウイスキー文化研究所が出版するウイスキーガロアの2022年10月号は、『日本の蒸留酒づくり最前線』世界のウイスキー市場がますます拡大を続ける中、ジンやラム、そして焼酎・泡盛にも世界が注目。今回はジャパニーズウイスキーのクラフト蒸留所、そして黒糖、泡盛、ラムの蒸留所など合計10ヵ所を紹介。SETOUCHI DISTILLERY、馬追蒸溜所は今回初公開。

created by Rinker
ウイスキーガロア
¥1,320 (2023/06/08 02:57:15時点 Amazon調べ-詳細)

(2).ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー

世界的にも有名なウイスキー評論家で、ウイスキー文化研究所代表 土屋守先生の著書「ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー」です。
ウイスキーの基礎知識、日本へのウイスキーの伝来、ジャパニーズウイスキーの誕生、広告戦略とジャパニーズウイスキーの盛隆、そして、現在のクラフト蒸留所の勃興まで。日本のウイスキーの事が非常にわかりやすくまとめられた一冊。

(3).ウイスキーと私(竹鶴政孝)

日本でのウイスキー醸造に人生を捧げた、ニッカウヰスキー創業者・