【2022年12月10日まで】安積蒸溜所 樽オーナー募集

2022年11月21日追記。11月21日17時ころ募集定員に達したため受付終了となりました。

笹の川酒造・安積蒸溜所と、ネットショップ福島屋商店が5年前から取り組んできたウイスキー樽オーナー制度。
6年目となる2022年からは、笹の川酒造・安積蒸溜所がその想いを引き継ぎ、新たに「安積蒸溜所 ウイスキー樽オーナー制度」として継続することとなったようです。

1樽を買うというわけではなく、1樽を募集口数の260口で分け合う形のようです。今回1口(ボトル2本)で23,000円(税込・送料込み)の予定のようです。
他蒸溜所でよくあるカスクオーナーだと数十万~数百万と個人ではなかなか手が出せる金額ではないことが多いので、この1口制度はありがたい制度だと思います。

申し込み期間は11月20日~12月10日。募集口数は260口(一人2口まで)なので興味ある方はお早めに!!→11月21日17時ころ募集定員に達したため受付終了。

安積蒸溜所公式Twitterにて投稿後、2時間弱で定員となりました。毎年実施しているようなので来年こそ!!という方はTwitterフォローしておきましょう。こちらから。

1.申し込み方法~流れ

①こちらの参加意向確認フォームに必要事項を記入し送信。→11月21日17時ころ募集定員に達したため受付終了。
②参加申し込みした方に決済専用ページ(笹の川酒造/楽天市場店)のURLを順次メールにて送付。12月15日(木)までに決済手続きを完了。
決済はクレジットカード/銀行振込/後払い決済/Apple Pay/コンビニ払いが利用できるようです。
③オーナー証の発行。2023年2月下旬ころ予定。

申し込み数が募集口数(260口)に達した時点で申込を締め切り。また、万一参加意向確認が200口に達しない場合は中止。

1.樽オーナー詳細

米国 cantoncooperage (www.cantoncooperage.com) のアメリカンオークの新樽を使用。この樽は厳選したきめ細やかなオーク材を24カ月自然乾燥した材で作られた樽で、熟練した樽職人による直火で、樽のアロマを最大限に引き出すようチャーリングされた樽です。熟成期間はこれまでと同様で5年間、年一回の見学会も開催予定とのこと。

容量700ml
価格

1口2本、23,000円(税込・送料込み)

樽詰め2023年2月予定
瓶詰め

2028年2月予定

備考

・募集口数は260口(先着順で一人2口まで)

・アルコール度数は48%になるよう加水調整。

2.その他内容

ラベルデザインなどは現状不明です。年一回の見学会もあるようなので楽しみですね。

created by Rinker
山桜
¥3,300 (2022/11/30 11:39:08時点 Amazon調べ-詳細)

最後に:ジャパニーズウイスキーのおすすめ書籍

世界的なトレンドを巻き起こしている「ジャパニーズウイスキー」の事をもっと知りたい、もっと勉強したいという方は、是非こちらの書籍をおすすめいたします。

(1).Whisky Galore(ウイスキーガロア)Vol.34 2022年10月号

ウイスキー文化研究所が出版するウイスキーガロアの2022年10月号は、『日本の蒸留酒づくり最前線』世界のウイスキー市場がますます拡大を続ける中、ジンやラム、そして焼酎・泡盛にも世界が注目。今回はジャパニーズウイスキーのクラフト蒸留所、そして黒糖、泡盛、ラムの蒸留所など合計10ヵ所を紹介。SETOUCHI DISTILLERY、馬追蒸溜所は今回初公開。

created by Rinker
ウイスキーガロア
¥1,320 (2022/11/29 18:56:55時点 Amazon調べ-詳細)

(2).ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー

世界的にも有名なウイスキー評論家で、ウイスキー文化研究所代表 土屋守先生の著書「ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー」です。
ウイスキーの基礎知識、日本へのウイスキーの伝来、ジャパニーズウイスキーの誕生、広告戦略とジャパニーズウイスキーの盛隆、そして、現在のクラフト蒸留所の勃興まで。日本のウイスキーの事が非常にわかりやすくまとめられた一冊。

(3).ウイスキーと私(竹鶴政孝)

日本でのウイスキー醸造に人生を捧げた、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝。ただひたすらにウイスキーを愛した男が自らを語った自伝の改訂復刻版。若き日、単身スコットランドに留学し、幾多の苦難を乗り越えてジャパニーズ・ウイスキーを完成させるまでの日々や、伴侶となるリタのことなどが鮮やかに描かれる。

(4).新世代蒸留所からの挑戦状

2019年発売。世界に空前のウイスキーブームが到来しているいま、クラフト蒸留所の経営者たちは何を考え、どんな想いでウイスキー造りに挑んだのか。日本でクラフト蒸留所が誕生するきっかけを作った、イチローズ・モルトで有名なベンチャーウイスキーの肥土伊知郎氏をはじめとする、13人のクラフト蒸留所の経営者たちが世界に挑む姿を綴った1冊。

(5).ウイスキーライジング

2016年にアメリカで出版された『Whisky Risng』の日本語版であり、内容も大幅にアップデート。ジャパニーズ・ウイスキーの歴史が詳細に記述されているだけでなく、近年、創設がつづくクラフト蒸溜所を含む、日本の全蒸溜所に関するデータも掲載。そのほかにも、今まで発売された伝説的なボトルの解説や、ジャパニーズ・ウイスキーが飲めるバーなども掲載されています。

Check Also

飛騨高山蒸溜所、クラウドファンディング開始

岐阜 …