【レビュー】御岳The First Edition 2023-特徴や味、定価、どこで買える?

ウィスキーレビュー
ウィスキーレビュー
御岳蒸留所

西酒造が手掛ける鹿児島県日置市の御岳蒸留所がついに蒸留所第一号となるシングルモルトウイスキー【御岳 THE FIRST EDITION2023】をレビュー。特徴や定価も併せてご紹介。

九州では津貫、嘉之助に次ぐ三番目の蒸留所である、御岳(おんたけ)蒸留所。2019年の稼働からついにシングルモルトのリリースが発表されました。

スポンサーリンク

1.メーカー

西酒造株式会社

所在地鹿児島県日置市吹上町与倉4970-17
創業弘化2年(1845年)
事業内容本格焼酎(富乃宝山など)日本酒、ウイスキー、ワイン、リキュール、スピリッツの製造販売

2.御岳蒸留所について

所在地鹿児島県鹿児島市下福元町12300
操業開始2019年

2011年2月に鹿児島ゴルフリゾートを取得。2019年、ゴルフリゾート内にウイスキーの蒸留施設を建設した。

本坊酒造のマルス津貫蒸溜所、小正醸造の嘉之助蒸溜所に続く鹿児島県3か所目の蒸留所となる。「御岳」とは桜島の事で、桜島の古来からの正式名のようです。毎分1,000L以上の天然軟水湧き上がる、錦江湾と御岳(桜島)を望む丘の上の蒸留所。

ポットスチルは初留機1基と再留機1基の合計2基。どちらもラインアームは上向きの設計で、重たい香味成分は落ち、『フルーティで深い香味成分』だけを取り出すような設計。すっきりとした口当たりのニューポットを使用し、芳醇なフルーツの香り、バランスの取れた香味、喉を滑るようなクリアな飲み口、が蒸留所の目指すウイスキーのスタイル。

2019年に合計24種類のボタニカルを抽出して出来上がったクラフトジン「尽~tsukusu~」を発売した事でも話題に。

画像出展:御岳蒸留所公式HP

3.ボトルの写真と販売サイト

御岳The First Edition 2023

ONTAKE The First Edition 2023

4.御岳The First Edition 2023

180年の蒸留技術をすべて活かした御岳蒸留所第一号のシングルモルトジャパニーズウイスキー、完成。

「これぞジャパニーズウイスキーだ」。そう堂々と言えるものをつくりたい。その純粋な思いから始まった私たちのウイスキーづくり。その最初の一本がついに完成しました。

「世界を狙う、じゃない。世界が狙う、ウイスキーになる。」

呑んだ人にも、そう確信してもらえるような本物のジャパニーズウイスキーを、この薩摩の地からお届けします。

テイスティングノート

美しく澄み切った、やや赤みを帯びた琥珀色。芳香性が非常に高くリッチな印象のアロマで、焼きリンゴや洋梨のコンポート、アプリコットのような濃厚な甘やかさ、柑橘の皮のような爽やかさ、スパイス、さらにトーストのような香ばしさがバランスよく織り重なっています。

引用:御岳蒸留所公式HP

4-1.テイスティングノート

香りプルーンムース、ドライレーズン、シナモン、レモン様の柑橘
味わいなめらか、ドライフルーツのような甘み、ヘーゼルナッツ
余韻少しのアルコールの刺激、チョコレート、上品な甘みと苦みが広がる

4-2.商品スペック

製品名御岳The First Edition 2023
酒別シングルモルトウイスキー
樽酒シェリー古樽
アルコール度数43%
希望小売価格14,300円(税込)

5.受賞歴

現時点では、受賞歴はありません。

6.定価とネット上での価格

6-1.メーカー希望小売価格(定価)

商品名御岳The First Edition 2023
容量700ml
希望小売価格14,300円(税込)

一般販売は抽選のみ、12/27まで

6-2.メルカリでの転売価格

メルカリでの転売価格は、29,000円~30,000円前後となっています。(※2023/12/27時点)

6-3.ヤフーオークション落札価格

現在ヤフーオークションでの落札は確認できておりません(※2023/12/27時点)

6-4.楽天、ヤフーショッピング、Amazon

現在出品は確認されていません。(※2023/12/27時点)

6-5.BAR新海での提供価格

当サイトが運営する「BAR新海」では、1杯、45ml:3,960円 30ml:2,640円、15ml:1,320円などの少量でも提供しております。

「BAR新海」のご案内
Japanese Whisky Dictionaryが運営する「BAR新海」は、東京都港区に3店舗。当サイトで紹介しているジャパニーズウィスキーをはじめ、国産のジンやビールなども取扱い。オリジナルカクテル、フレッシュフルーツカクテルなども人気。食事も豊富で1件目からも利用可能。

7.まとめ

ノンピート、シェリー古樽(シーズニングでない)、加水して43%。昔のスコットランドの王道のようですが、クラフトウイスキーの中はかなり珍しい構成で、非常に上品な味わいです。

今後リリースされるかわかりませんが、カスクストレングスの場合や、さらに熟成した際にどうなるのか?

今後も注目の蒸留所の一つです。

その他の九州・沖縄地方のウイスキー蒸留所はコチラ

8. 九州・沖縄地方のウイスキー蒸留所
ジャパニーズウィスキー蒸留所一覧の九州・沖縄エリア。鹿児島県の本坊酒造が本社のお膝元で2016年に操業した「津貫蒸留所」。同、鹿児島県の老舗酒造メーカー小正醸造が2017年に操業した「嘉之助蒸留所」。その他、「尾鈴山蒸留所」「久住蒸留所」「御岳蒸留所」などに注目。
この記事を書いた人
Ryuhei Oishi

北海道出身 bar新海虎ノ門店のバーテンダー。
都内のレストランで従事し、日本ソムリエ協会認定ソムリエ資格を取得。
自身の知識の少なかった日本のウイスキーに興味を持ち、bar新海に就職。蒸留所へ行き、造り手の方々に話を聞き、その情熱・情報をバーテンダーとして伝搬するべく、JWDに参加。

Ryuhei Oishiをフォローする
スポンサーリンク
ジャパニーズウイスキーディクショナリー
タイトルとURLをコピーしました