【レビュー】駒ヶ岳IPAカスクフィニッシュ

本坊酒造

本坊酒造のマルス信州蒸留所は、1992年にウィスキー需要低迷により蒸留を休止。その後、世界的にジャパニーズウィスキーが評価されはじめる中、ウィスキー需要が回復傾向にあった2009年に蒸留再開を決意し2011年2月より再スタート。

2020年9月、35年ぶりの全面リニューアル。投資額は約12億円。
2019年5月から、老朽化した設備の改修とウィスキー増産を見据えた樽貯蔵庫施設の整備やウィスキー造りの見学を目的にしたウィスキー蒸留棟(樽貯蔵庫を含む)と、オリジナルウィスキーやグッズ販売などを目的にビジター棟を新設、既存の設備及び施設を改修。
新設したウィスキー蒸留棟は1,996㎡(延床面積、約2,500樽収容予定の樽貯蔵庫含む)、ビジター棟は746㎡。

1.メーカー

本坊酒造株式会社

設立1872年
本社所在地〒891-0122; 鹿児島県鹿児島市南栄三丁目27番地
所有蒸留所マルス信州蒸留所、マルス津貫蒸留所

2.蒸留所

マルス信州蒸留所

所在地〒399-4301 長野県上伊那郡宮田村4752−31
操業開始1985年

鹿児島の地で日本の蒸留酒「焼酎」造りに邁進していた本坊酒造が、ウィスキー製造免許を取得したのが1949年。それ以来、「いつか日本の風土を活かした本物のウィスキーを造りたい」と夢を抱き続けていました。
鹿児島でのウィスキー製造から数年経た後、1960年に山梨にワインとウィスキー製造のための工場「マルス山梨ワイナリー」を設立。そして、本格的にウィスキー造りに取り組むために、さらなる理想の地を探し求めました。

澄んだ空気の寒冷地であり、しかも適度な湿度と良質な水に恵まれていることなど、ウィスキー造りのための自然条件は、たいへん厳しいものがあります。
こうした条件を満たす土地を探し求め、1985年ウィスキー造りに最適な環境を求めて、長野県中央アルプス駒ヶ岳山麓標高798mの地にマルス信州蒸留所を開設致しました。
引用:本坊酒造公式HP

■製造能力:原料麦芽1.1t/日
■原酒製造量:約700L/日、約185KL/年(2020年度予定)
■主要な設備:麦芽粉砕機1基、マッシュタンロイテル(糖化槽)6KL×1基、ステンレス発酵タンク6KL×3基、ダグラスファー木槽発酵タンク(移設)6KL×3基、初溜釜(移設)

マルス信州蒸留所の情報はこちら↓もご覧ください。

3.商品名と写真

シングルモルト駒ヶ岳IPAカスクフィニッシュ Bottled in 2020
KOMAGATAKE IPA CASK FINISH

4.特徴

爽やかホップと後味に苦み感じる、まるでビールのような風味。南信州ビールIPAの空き樽でフィニッシュ

「シングルモルト駒ヶ岳 IPAカスクフィニッシュ」は、 南信州ビール駒ヶ岳醸造所でホップをふんだんに使用して醸造した中濃色ビール、 インディア・ペールエール(IPA)を寝かせた空き樽でフィニッシングしたシングルモルトウィスキーです。 軽やかで爽やかなシトラスの香り、グレープフルーツやオレンジを思わせるクリアな甘み、 IPA由来のキレの良いビターな余韻があり、ハイボールとの相性が抜群の1本に仕上がりました。
引用:本坊酒造公式HP

4-1.テイスティングノート

香りIPAビールの麦の爽快感を思わす爽やかな香り。柑橘系のフレッシュ感。ミント。
味わいフルーティな甘さとやわらかなホップの甘みの中に若干の酸味を感じる。ヨーグルトのよう。後味はビールを思わせる苦み。
余韻比較的穏やかでバーボン樽由来のバニラ香と心地よい苦み。

4-2.商品スペック

アルコール度数52%
酒別シングルモルトウィスキー
樽種バーボン樽(南信州ビールIPA)
内容量700ml
販売本数限定2,688本
希望小売価格8,600円(税抜)
発売日2020年10月22日

5.受賞歴

現時点での受賞歴はありません。

6.価格

商品名シングルモルト駒ヶ岳 IPAカスクフィニッシュ Bottled in 2020
容量700ml
希望小売価格8,600円(税込:9,460円)

6-2.メルカリでの転売価格

メルカリでの転売価格は、14,000円~16,000円前後となっています。(※2021/1/19時点)

限定数2,688本とかなり少ないので多くの販売サイトや酒屋さんで定価で販売しているとこは見当たりません。

画像出展:メルカリ

6-3.ヤフーオークション落札価格

ヤフーオークションでの落札価格は、最安9,250円、最高18,000円、平均12,966円 (※2021/2/7時点より過去120日間の統計情報)

6-4.楽天、ヤフーショッピング、Amazon

通販サイトでも、23,000~25,000円前後で販売されています。 (※2021/2/7時点)

6-5.BAR新海での提供価格

当サイトが運営する「BAR新海」では、1杯、45ml:2,700円 30ml:1,800円、15ml:900などの少量でも提供しております。

7.まとめ

フィニッシュで使用した樽は、マルス信州蒸留所内にある「南信州ビール駒ヶ岳醸造所」で作った南信州ビールのIPAを熟成させていた樽で熟成しています。ビールもウィスキーも自社で製造し、最終的にうまく融合させています。岩井ワインカスクも同様で自社の「マルス山梨ワイナリー」の赤ワインに使用した空樽でウィスキーを熟成させるなど、他蒸留所では自社だけで賄えない部分を本坊酒造はすべて自社でやり遂げているところは素晴らしい。

味わいは思っていた以上のホップを感じました。ハイボールにするとまるでビール!!炭酸と爽快なホップ感と苦みが美味しい。加水するとビターな感じと樽香が前面に出てきてIPA感も強まりますが、決して嫌な感じすることなく程よい苦みで美味しく飲めてしまいます。ウィスキー初心者の方でも、ビールが好きな人は抵抗なく飲めてしまいそう。
限定数も少なく、すでに市場に出てる分は完売しているのでボトル購入は難しいウィスキーですが、BARなどで見かけたときは是非飲んでいただきたいウィスキーです。

「シングルモルト駒ヶ岳」に関するその他の記事も是非ご覧ください。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

アクセスランキング

  1. 1

    【2021年3月30日数量限定発売】白州ピーテッドモルト2021(サントリースピリッツ)

  2. 2

    【2021年2月28日発売】厚岸ブレンデッドウイスキー 雨水(堅展実業・厚岸蒸留所)

  3. 3

    【2021年3月30日より数量限定再発売】白州12年(サントリースピリッツ)

  4. 4

    【2021年5月25日数量限定発売】山崎 LIMITED EDITION 2021(サントリースピリッツ)

  5. 5

    【2021年1月18日発売】シングルモルト 津貫 PEATED(本坊酒造)

新着記事 おすすめ記事 クラフト蒸留所
  1. 【レビュー】ムーングロウクレセント2018

  2. 【レビュー】シングルグレーンウィスキー富士

  3. 【2021年2月16日】ジャパニーズウィスキーの定義を制定(日本洋酒酒造組合)

  4. 【レビュー】厚岸ブレンデッドウィスキー雨水

  5. 【レビュー】マルスウイスキー 西郷どん

  1. ガイアフロー静岡蒸溜所より新商品、シングルモルト「プロローグK」が発売(2020年12月19日)

  2. 「ウイスキペディアSP 日本最東端・厚岸蒸溜所の挑戦」がBSフジHPで<2021/12/11まで配信中>

  1. ガイアフロー静岡蒸留所 プライベートカスク2021を販売中

  2. 【2021年2月28日発売】厚岸ブレンデッドウイスキー 雨水(堅展実業・厚岸蒸留所)

  3. 宮下酒造「シングルモルトウイスキー岡山 トリプルカスク」が抽選販売受付中

  4. ガイアフロー静岡蒸溜所より新商品、シングルモルト「プロローグK」が発売(2020年12月19日)

  5. 軽井沢蒸留酒製造㈱が長野県小諸市に「小諸蒸留所」建設を発表。2020年完成予定。

当サイト運営「BAR新海」のご案内

TOP