【レビュー】シングルモルト駒ヶ岳 リミテッドエディション2020

2020年限定瓶詰のシングルモルト。2020年9月16日発売。生産終了、15,000本限定。
昨年のシングルモルトはバーボン樽とアメリカンホワイトオーク樽で熟成でした。今年はシェリー樽とアメリカンホワイトオーク樽ということでだいぶ違った味わいに仕上がっているのではないでしょうか。

1.メーカー

本坊酒造株式会社

設立1872年
本社所在地〒891-0122; 鹿児島県鹿児島市南栄三丁目27番地
所有蒸留所マルス信州蒸留所、マルス津貫蒸留所

2.蒸留所

マルス信州蒸留所

所在地〒399-4301 長野県上伊那郡宮田村4752-31
操業開始1985年

画像出典:本坊酒造株式会社 信州マルス蒸留所

「マルス信州蒸溜所」
1985年、本坊酒造株式会社は、ウイスキー造りに最適な環境(澄んだ空気の寒冷地、適度な湿度、良質な水)を求めて、長野県中央アルプス駒ヶ岳山麓標高798mの地に蒸溜所を開設しました。この地は冷涼で、霧が深く、3000m級の山々に降り注いだ雨や雪解け水は、花崗岩土壌をくぐり、天然のミネラル分をたたえた良質な水になります。

「いつか日本の風土を生かした本物のウイスキーを造りたい」。本坊酒造が描く夢を実現させるために建てられたマルスウイスキーマルス信州蒸溜所。中央アルプス駒ヶ岳山麓の美しく緑深い森に囲まれた蒸溜所は、澄んだ空気の静寂の中に佇んでいます。

3.商品名

シングルモルト 駒ヶ岳リミテッドエディション2020
Single Malt Komagadake limited Edition 2020

4.特徴

シェリー樽とアメリカンホワイトオーク樽で熟成されたモルト原酒をヴァッティング

シングルモルト駒ヶ岳 リミテッドエディション2020」は、信州の美しい自然環境の中、シェリー樽とアメリカンホワイトオーク樽で熟成されたモルト原酒を主体にヴァッティングした、2020年限定瓶詰のシングルモルトウイスキーです。
熟したプラムの香りが漂い、上品な蜂蜜やバニラといった穏やかな甘い香りへと続きます。
口に含むとオレンジの様な果実感とカカオを思わせるビターな味わいがバランスよく表れ、その後ほのかに甘く優しい余韻が残ります。(メーカーHPより)

4-1.テイスティングノート

香りバニラやクッキーのような甘い香りと熟したフルーツの香りの二つの香りが一体となった芳醇な香り。
味わいバニラやカカオの甘みからシェリー樽特有の甘みに変化していく。
余韻ナッツ、ビターで穏やかな余韻が続く。

4-2.商品スペック

アルコール度数50%
酒別シングルモルトウィスキー
樽酒シェリー樽、アメリカンホワイトオーク樽
内容量700ml
販売本数約15000本
希望小売価格8,580円(税込)
発売日2020年9月16日

5.受賞歴

現時点では受賞歴はありません。

6.価格

6-1.メーカー希望小売価格

商品名シングルモルト駒ヶ岳リミテッドエディション2020
容量700ml
希望小売価格7,800円(税込:8,580円)

6-2.メルカリでの転売価格

メルカリでの転売価格は、9,000円~11,000円前後となっています。(※2021/3/21時点)

6-3.ヤフーオークション落札価格

ヤフーオークションでの落札価格は、最安7,250円、最高11,100円、平均8,903円(※2021/3/21時点より過去120日間の統計情報)

6-4.楽天、ヤフーショッピング、Amazon

通販サイトでも、12,000~15,000円前後で販売されています。 (※2021/2/7時点)

6-5.BAR新海での提供価格

当サイトが運営する「BAR新海」では、1、45ml:2,970円 30ml:1,980円、15ml:990円などの少量でも提供しております。

7.まとめ

アルコール度数50度ですがピリピリとした感じはなく、甘いシロップ・蜜の味わいが感じられます。
加水するとさらにまろやかになり、甘い香りがさらに開いていきます。
ストレートやロックでも濃厚な味わいでクセがなく、旨味と甘味が絶妙でコクも感じられる美味しさです。

BAR新海には昨年のリミテッドエディションもございますので是非飲み比べしてみてください。
2019・2020どちらも限定ボトルとなっております。是非ともBAR新海でご賞味ください。

■「シングルモルト駒ヶ岳」のその他の記事も是非ご覧ください。

最後に:ジャパニーズウィスキーのおすすめ書籍

世界的なトレンドを巻き起こしている「ジャパニーズウィスキー」の事をもっと知りたい、もっと勉強したいという方は、是非こちらの書籍をおすすめいたします。

(1).Whisky Galore(ウイスキーガロア)Vol.30 2022年2月号

ウィスキー文化研究所が出版するウィスキーガロアの2022年2月号は、【巻頭特集】3号連続特集第2弾「ジャパニーズウイスキークラフト最前線」と題し、全15ヵ所の日本のクラフト蒸留所をリポート。編集長インタビューは、厚岸蒸留所の樋田恵一氏をはじめ、注目の蒸留所の5名へインタビュー。厚岸蒸溜所/ニセコ蒸溜所/安積蒸溜所/八郷蒸溜所/新潟亀田蒸溜所/三郎丸蒸留所/ガイアフロー静岡蒸溜所/井川蒸溜所/長濱蒸溜所/江井ヶ嶋蒸溜所/六甲山蒸溜所/丹波蒸溜所/岡山蒸溜所/桜尾蒸留所

created by Rinker
¥1,320 (2022/1/24 13:50:35時点 Amazon調べ-詳細)

(2).ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー

世界的にも有名なウィスキー評論家で、ウィスキー文化研究所代表 土屋守先生の著書「ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー」です。
ウィスキーの基礎知識、日本へのウィスキーの伝来、ジャパニーズウィスキーの誕生、広告戦略とジャパニーズウィスキーの盛隆、そして、現在のクラフト蒸留所の勃興まで。日本のウィスキーの事が非常にわかりやすくまとめられた一冊。

(3).ウィスキーと私(竹鶴政孝)

日本でのウイスキー醸造に人生を捧げた、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝。ただひたすらにウイスキーを愛した男が自らを語った自伝の改訂復刻版。若き日、単身スコットランドに留学し、幾多の苦難を乗り越えてジャパニーズ・ウイスキーを完成させるまでの日々や、伴侶となるリタのことなどが鮮やかに描かれる。

created by Rinker
¥974
(2022/01/23 15:22:04時点 Amazon調べ-詳細)

(4).新世代蒸留所からの挑戦状

2019年発売。世界に空前のウイスキーブームが到来しているいま、クラフト蒸留所の経営者たちは何を考え、どんな想いでウイスキー造りに挑んだのか。日本でクラフト蒸留所が誕生するきっかけを作った、イチローズ・モルトで有名なベンチャーウイスキーの肥土伊知郎氏をはじめとする、13人のクラフト蒸留所の経営者たちが世界に挑む姿を綴った1冊。

created by Rinker
repicbook(リピックブック)株式会社
¥1,870
(2022/01/23 15:36:29時点 Amazon調べ-詳細)

(5).ウィスキーライジング

2016年にアメリカで出版された『Whisky Risng』の日本語版であり、内容も大幅にアップデート。ジャパニーズ・ウイスキーの歴史が詳細に記述されているだけでなく、近年、創設がつづくクラフト蒸溜所を含む、日本の全蒸溜所に関するデータも掲載。そのほかにも、今まで発売された伝説的なボトルの解説や、ジャパニーズ・ウイスキーが飲めるバーなども掲載されています。

Check Also

【レビュー】シングルモルト駒ヶ岳2021エディション

2018年から毎年リリースされ …

[Review] Single Malt Komagatake Limited Edition 2020

Limited edition 2020 bottling of single malt, released on September 16, 2020. Production ended, limited to 15,000 bottles.
Last year’s single malt was aged in bourbon and American white oak barrels. This year’s single malt will be aged in sherry and American white oak barrels, which will give it a much different flavor.

1. Maker

Honbo Shuzo Co.

Established 1872
Head office 3-27, Minamisakae, Kagoshima City, Kagoshima Prefecture, 891-0122, Japan
Owned distilleriesMars Shinshu distillery, Mars Tsunuki distillery

2. Distillery

Mars Shinshu distillery

Location 4752-31, Miyata-mura, Kamiina-gun, Nagano 399-4301, Japan
Start of operation in 1985.

Image credit: Honbo Shuzo Co. Shinshu Mars Distillery

“The Mars Shinshu Distillery.
In 1985, Honbo Shuzo Co., Ltd. opened a distillery at an altitude of 798 meters above sea level at the foot of Mount Komagatake in the Central Alps of Nagano Prefecture, in search of the perfect environment for whiskey production (cold climate with clean air, moderate humidity, and high-quality water). This place is cool, with deep fog, and the rain and snowmelt that falls on the 3000m mountains passes through the granite soil to become high quality water with natural minerals.

“One day, I want to make a real whiskey that makes the most of Japan’s climate. The Mars Whiskey Mars Shinshu Distillery was built to realize the dream of Honbo Shuzo. Surrounded by beautiful, deep green forests at the foot of Mount Komagatake in the Central Alps, the distillery stands in the silence of clean air.

3. Product name

Single Malt Komagadake Limited Edition 2020


.

4. Characteristics

Vatting of malted barley aged in sherry and American white oak barrels

The Single Malt Komagatake Limited Edition 2020 is a limited edition single malt whisky bottled in 2020, vatted mainly from malt barrels matured in sherry and American white oak barrels in the beautiful natural environment of Shinshu.
It has an aroma of ripe plums, followed by mildly sweet notes of elegant honey and vanilla.
The palate is well-balanced with orange-like fruitiness and a bitter taste reminiscent of cocoa, followed by a sweet and gentle aftertaste. (From the manufacturer’s website)

4-1. Tasting Notes

NoseSweet aroma of vanilla and cookies, and ripe fruit aroma.
TasteThe sweetness of vanilla and cocoa changes to the sweetness characteristic of sherry casks.
AftertasteNutty, bitter, and gentle aftertaste.

4-2. Product Specifications

Alcohol content50% alcohol by volume
by alcoholSingle malt whisky
Barrel alcoholSherry casks, American white oak barrels
Contents700ml
Number of bottles soldApprox. 15,000 bottles
Suggested retail price8,580 yen (tax included)
Release dateSeptember 16, 2020

5. Awards

There is no award history at this time.

6. Price

6-1. Manufacturer’s suggested retail price

Product nameSingle Malt Komagatake Limited Edition 2020
Capacity700ml
Suggested retail price7,800 yen (tax included: 8,580 yen)

6-2. Resale price on Mercari

The resale price on Mercari is around 9,000 yen to 11,000 yen. (*As of March 21, 2021)

6-3. Yahoo Auction Sold Price

The lowestbid price on Yahoo Auctionis 7,250 yen, the highest is 11,100 yen, and the average is 8,903 yen (*Statistics for the past 120 days since 3/21/2021)

6-4. Rakuten, Yahoo Shopping, Amazon

Mail order sites also sell them for around 12,000-15,000 yen. (*as of 2/7/2021)

6-5.

6-5. Price offered at BAR SHINKAI



At “BAR Shinkai”, which is operated by this website, we offer it in small quantities such as 1cup, 45ml: 2,970 yen, 30ml: 1,980 yen, 15ml: 990 yen.

7. Summary

Although it has an alcohol content of 50 degrees, it is not tingling and has a sweet syrup/honey taste.
When watered down, it becomes even mellower and the sweet aroma opens up even more.
Straight or on the rocks, it has a rich taste with no peculiarities, and the flavor and sweetness are exquisite and full-bodied.

BAR Shinkai also has last year’s Limited Edition, so please try to compare the two.
Both 2019 and 2020 are limited edition bottles. Please try them at BAR Shinkai.

Please check out our other articles on Single Malt Komagatake.


最後に:ジャパニーズウィスキーのおすすめ書籍

世界的なトレンドを巻き起こしている「ジャパニーズウィスキー」の事をもっと知りたい、もっと勉強したいという方は、是非こちらの書籍をおすすめいたします。

(1).Whisky Galore(ウイスキーガロア)Vol.30 2022年2月号

ウィスキー文化研究所が出版するウィスキーガロアの2022年2月号は、【巻頭特集】3号連続特集第2弾「ジャパニーズウイスキークラフト最前線」と題し、全15ヵ所の日本のクラフト蒸留所をリポート。編集長インタビューは、厚岸蒸留所の樋田恵一氏をはじめ、注目の蒸留所の5名へインタビュー。厚岸蒸溜所/ニセコ蒸溜所/安積蒸溜所/八郷蒸溜所/新潟亀田蒸溜所/三郎丸蒸留所/ガイアフロー静岡蒸溜所/井川蒸溜所/長濱蒸溜所/江井ヶ嶋蒸溜所/六甲山蒸溜所/丹波蒸溜所/岡山蒸溜所/桜尾蒸留所

created by Rinker
¥1,320 (2022/1/24 13:50:35時点 Amazon調べ-詳細)

(2).ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー

世界的にも有名なウィスキー評論家で、ウィスキー文化研究所代表 土屋守先生の著書「ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー」です。
ウィスキーの基礎知識、日本へのウィスキーの伝来、ジャパニーズウィスキーの誕生、広告戦略とジャパニーズウィスキーの盛隆、そして、現在のクラフト蒸留所の勃興まで。日本のウィスキーの事が非常にわかりやすくまとめられた一冊。

(3).ウィスキーと私(竹鶴政孝)

日本でのウイスキー醸造に人生を捧げた、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝。ただひたすらにウイスキーを愛した男が自らを語った自伝の改訂復刻版。若き日、単身スコットランドに留学し、幾多の苦難を乗り越えてジャパニーズ・ウイスキーを完成させるまでの日々や、伴侶となるリタのことなどが鮮やかに描かれる。

created by Rinker
¥974
(2022/01/23 15:22:04時点 Amazon調べ-詳細)

(4).新世代蒸留所からの挑戦状

2019年発売。世界に空前のウイスキーブームが到来しているいま、クラフト蒸留所の経営者たちは何を考え、どんな想いでウイスキー造りに挑んだのか。日本でクラフト蒸留所が誕生するきっかけを作った、イチローズ・モルトで有名なベンチャーウイスキーの肥土伊知郎氏をはじめとする、13人のクラフト蒸留所の経営者たちが世界に挑む姿を綴った1冊。

created by Rinker
repicbook(リピックブック)株式会社
¥1,870
(2022/01/23 15:36:29時点 Amazon調べ-詳細)

(5).ウィスキーライジング

2016年にアメリカで出版された『Whisky Risng』の日本語版であり、内容も大幅にアップデート。ジャパニーズ・ウイスキーの歴史が詳細に記述されているだけでなく、近年、創設がつづくクラフト蒸溜所を含む、日本の全蒸溜所に関するデータも掲載。そのほかにも、今まで発売された伝説的なボトルの解説や、ジャパニーズ・ウイスキーが飲めるバーなども掲載されています。

.

Check Also

【レビュー】シングルモルト駒ヶ岳2021エディション

2018年から毎年リリースされ …