【レビュー】シングルモルト白州NV(ノンヴィンテージ)

2022/6/16 【メーカー希望小売価格】等変更

白州蒸溜所で育まれた多種多様な原酒の中からブレンダーが厳選して生まれたのがシングルモルトウイスキー「白州」。
森の若葉の香りと爽やかな果実香が調和した清々しい味わいです。
白州蒸溜所では、乳酸菌の働きを促すために昔ながらの「木桶発酵」を少し長めに行い、乳酸菌や微生物の働きを促進することで複雑な香味成分が生まれ、シングルモルトウイスキー白州」特有のあの爽やかで味わい深い風味のモルト原酒が出来上がります。
また、フルーティな香りやクリーミーなコクがある「白州」独自の香味や味わいは、やはり白州の豊かな自然環境があってこそ完成するものなのです。

1.メーカー

サントリースピリッツ株式会社

設立1899年
本社所在地〒135-8631 東京都港区台場2-3-3
所有蒸留所●日本
山崎蒸溜所、白州蒸溜所、知多蒸溜所
●スコットランド
アードモア蒸留所、グレンギリー蒸留所、オーヘントッシャン蒸留所、ボウモア蒸留所、ラフロイグ蒸留所
●アイルランド
クーリー蒸留所キルベガン蒸留所
●アメリカ
ジムビーム蒸留所、メーカーズマーク蒸留所
●カナダ
ハイラムウォーカー蒸留所、アルバータ蒸留所

2.蒸留所

サントリー白州蒸溜所

所在地〒408-0316 山梨県北杜市白州町鳥原2913-1
操業開始1973年

日本で初めてウイスキーづくりを始めてからちょうど50年を迎えた1973年、豊かな自然に恵まれた南アルプス甲斐駒ヶ岳のふもとに約82万平方メートルの豊かな森に、白州蒸溜所は完成しました。
仕込み水は森の湿潤な大気に包まれて、白州モルトは花崗岩に磨かれた清らかでやわらかな南アルプスの天然水を使用。日本ならではの四季の変化の中で長い間熟成され、香り立ちがよくすっきりした「白州」の味わいの源となっています。
2014年に新たに導入された2基のポットスチルを含め、サイズや形状が異なるバラエティ豊かなポットスチルで原酒の作り分けをしています。貯蔵庫は天井の高いラック式。温度や湿度などは一切人の手で管理されず、自然に任せた状態で管理されています。

1923年 白州蒸溜所建設
1994年 白州12年発売
2006年 白州18年発売
2008年 白州25年発売

画像出展:サントリー公式 森の蒸留所
白州蒸溜所の詳細はこちらの記事もご覧ください。

3.商品名と写真

白州NV(ノンヴィンテージ)
Hakushu

4.特徴

ほのかに感じるスモーキーフレーバー
白州蒸溜所では原酒との相性などを研究し、現在はおもにスコットランド産のピートを使用しています。

画像出展:製品ラインナップ 白州

4-1.テイスティングノート

香りドライでミントや若葉のような爽やか香り。柑橘系の香り
味わい瑞々しいフルーツ、青りんご、洋梨
余韻ほろ苦い樽香から、ほのかにスモーキーな余韻

4-2.商品スペック

アルコール度数43%
酒別シングルモルトウイスキー
樽種アメリカンオーク樽、シェリー樽ほか
内容量700ml
販売本数
希望小売価格4,950円(税込)
発売日2012年5月29日

5.受賞歴

現時点での受賞歴はありません。

6.価格

6-1.メーカー希望小売価格

画像出展:製品紹介 サントリー
商品名サントリーシングルモルトウイスキー「白州
容量700ml
希望小売価格4,500円(税込:4,950円)

6-2.メルカリでの転売価格

メルカリでの転売価格は、10,000円前後となっています。(※2022/6/16時点)

6-3.ヤフーオークション落札価格

ヤフーオークションでの落札価格は、最安8,000円、最高9,900円、平均8,861円 (※2022/6/16時点より過去180日間の統計情報)

 

6-4.楽天、ヤフーショッピング、Amazon

通販サイトでも、11,800円~13,450円前後で販売されています。 (※2022/6/16時点)

6-5.BAR新海での提供価格

当サイトが運営する「BAR新海」では、1、45ml:1,540円で提供しております。

7.まとめ

白州蒸溜所では、昔ながらの「木桶の発酵槽」で発酵を行っております。今主流のステンレス製の発酵槽より洗浄やメンテナンスなどの手間はかかりますが、木桶発酵は乳酸菌の働きを促し爽やかで味わい深い風味をもたらします。木桶発酵槽を長年にわたって使い続けることで、木桶に棲みついた乳酸菌がウイスキーをよりおいしくしてくれるということです。まさに森の恵みを使ってつくられています。
オススメの飲み方はハイボール。白州の特徴は柔らかくフルーティな味わい。特にそのフルーティーさは「森香るハイボール」と称される程に瑞々しく爽やかです。まるで若葉やミントのよう。
口に含むとやわらかな甘さに包まれ、その後はじっくりした旨みが口の中に広がります。そしてフィニッシュはすっきりとしたキレの良い味わいが存分に感じられます。
とてもすっきりして飲みやすいので、ウイスキー初心者の方でも楽しめるのが白州ハイボール。クセがないウイスキーが好きな方にもおすすめです!
2021年1月8日サントリーがウイスキーの出荷制限を11年ぶりに緩和する。とニュースリリースがありウイスキー業界は一瞬ざわつきました。
対象となるのは「知多」と「碧Ao」で、知多の販売数量前年比116%、碧Aoの販売数量前年比249%の目標。
自宅で気軽に楽しめるようにと、知多碧Aoともにハーフボトル(350ml)を3月23日から発売
ただ残念だったのは「山崎」「白州」「響」については引き続き出荷制限を継続していくということです。
2021年1月19日、サントリーは白州12年」を3月30日に数量限定で再販売する。とニュースリリースがありました。

これは嬉しいニュースですね。なんとしても手に入れたいウイスキーですね。
毎週なにかしらのウイスキーに関するニュースがあちこちから出ています。特に今年に入って大きな動きを見せているのはサントリー。対するニッカウヰスキーはなにか秘策はあるのでしょうか。きっとなにか仕掛けてくるのでは!!と期待せずにはいられない毎日です。

■世界的に評価されるジャパニーズウイスキー白州。そのこだわりとは。も是非ご覧ください。

■「白州」に関するその他の記事も是非ご覧ください。