【レビュー】イチローズモルト ワインウッドリザーブ(WWR)

ウィスキーレビュー
ウィスキーレビュー
秩父蒸溜所(イチローズモルト)
2022/6/20 【メーカー希望小売価格】等変更

日本のウイスキーメーカーとして知名度が高くパッと思いつくのはサントリーとニッカだと思います。しかし、この2大ブランドに匹敵するくらいウイスキーファンの間で人気が高いのが「イチローズ・モルト」であり、店頭に並べば即日売り切れてしまうほどの人気で入手困難なウイスキーですが、定番品といえるリーフシリーズミズナラウッドリザーブ・ワインウッドリザーブ・ダブルディスティラリーズ)が絶大な人気でウイスキーファンを虜にしています。

スポンサーリンク

1.メーカー

株式会社ベンチャーウイスキー

設立2004年
本社所在地〒368-0067 埼玉県秩父市みどりが丘49
所有蒸留所秩父蒸溜所、秩父第二蒸溜所

2.蒸留所

ベンチャーウイスキー秩父蒸溜所

所在地〒368-0067 埼玉県秩父市みどりが丘49
操業開始2007年

秩父の風土に根ざしたシングルモルトウイスキー造りが行われています。
創業者の肥土伊知郎氏はジャパニーズウイスキーであることに誇りを持ち、小さなミル、マッシュタン、ミズナラ製の発酵槽、スコットランド・フォーサイス社製のポットスチルで手づくりに拘りモルトウイスキーを生産しています。

秩父蒸溜所周辺は自然豊かで空気がきれいで質の良い水、夏は高温多湿で朝晩が氷点下にいたる寒さの厳しい環境です。その厳しい気候が織りなす寒暖差がウイスキーの熟成に多大な影響を与え、短い熟成期間にも関わらずフルーティでバランスの取れたウイスキーに仕上がります。

2004年9月創業。
2007年に秩父蒸溜所が完成。
2008年2月、ウイスキー作りの免許が交付され秩父蒸溜所でウイスキー作りを開始。
2019年10月、第2蒸留所の稼働開始。

1973年設立のサントリー白州蒸溜所・キリン富士御殿場蒸溜所の次に設立された蒸留所。まさにウイスキー低迷期の終焉とも言えるこの時期に実に日本国内35年ぶりの蒸留所設立となる。
年間のウイスキー生産量はスコットランド・グレンリベット蒸留所のわずか2日分。

2019年秋から稼働している第2蒸留所の生産量は第1蒸留所のなんと5倍。一度に仕込む麦芽は2t。ポットスチルは5倍の量を蒸留できるよう形は同じストレート型だがかなり大きなポットスチルになっている。フォーサイス社製でガス直火蒸留機を使用。

秩父蒸溜所の情報はこちら↓もご覧ください。

秩父蒸溜所(イチローズモルト) | ジャパニーズウイスキーディ...
Japanese Whisky Dictionary

3.商品名と写真

イチローズモルト ワインウッドリザーブ(WWR)
Ichiro’s Malt Wine Wood Reserve

4.特徴

羽生蒸留所のモルト原酒をキーモルトに使用したモルト100%ウイスキー
現在は閉鎖された羽生蒸留所のモルト原酒とその他数種類のモルト原酒をヴァッティング。グレーン原酒を含まない100%モルトで構成されているので華やかで芳醇なウイスキー。それらの原酒をフレンチオーク製の赤ワイン樽で後熟。ワイン樽はマスカットベリーAとメルローを熟成していた樽を2種類使用。またウイスキー本来の風味・味わいをより感じれるようにと冷却濾過(ノンチルフィルタード製法※1)や人工的な着色はしていない。

※1ノンチルフィルタード製法:樽で熟成したウイスキー原酒は、温度が低くなると溶け込んでいる香味成分が析出※2し白濁してきてしまいます。通常のウイスキーはこれを防ぐために、原酒や製品を敢えて約0~5度まで冷却して濾過してしまいます。冷えると析出してくる成分には麦芽由来のものと樽由来のものがあり、どちらもウイスキーの持つ味わい成分と考えられています。冷却濾過をしていないということは麦芽や樽の香味成分そのままで瓶詰されているということで、より複雑で豊かな味わいのウイスキーに仕上がっていると言えます。

※2析出:液状の物質から結晶または個体状成分が分離して出てくること。

4-1.テイスティングノート

香りフルーティでビターチョコレートのような甘さも感じられる。奥からバニラも感じられる。抜け感はウッディな香りにメープルシロップの香り。
味わいブドウの酸味とジャムのような甘さ。リンゴやシナモンを彷彿させるフルーティな味わい。若干のタンニンとスパイシーさも感じられる。
余韻赤ワイン樽特有のニュアンスが長く続く。

4-2.商品スペック

アルコール度数46%
酒別ブレンデッドモルトウイスキー
樽種赤ワイン樽
内容量700ml
販売本数
希望小売価格8,800円(税込)
発売日

5.受賞歴

2011年 WWAワールドウイスキーアワード) 「ベストジャパニーズ・ブレンデッドモルト」受賞

6.価格

6-1.メーカー希望小売価格

商品名イチローズモルト ワインウッドリザーブ
容量700ml
希望小売価格8,000円(税込:8,800円)

6-2.メルカリでの転売価格

メルカリでの転売価格は、12,200円~15,000円前後となっています。(※2022/6/20時点)

 

6-3.ヤフーオークション落札価格

ヤフーオークションでの落札価格は、最安9,625円、最高15,950円、平均12,314円(※2022/6/20時点より過去180日間の統計情報)

 

 

6-4.楽天、ヤフーショッピング、Amazon

通販サイトでも、16,500円~19,800円前後で販売されています。 (※2022/6/20時点)
店頭で定価で並ぶとほぼ即日完売。定価の倍くらいの価格がついてしまっています。

6-5.BAR新海での提供価格

当サイトが運営する「BAR新海」では、1、45ml:2,310円30ml:1,540円、15ml:770円などの少量でも提供しております。

「BAR新海」のご案内
Japanese Whisky Dictionaryが運営する「BAR新海」は、東京都港区に3店舗。当サイトで紹介しているジャパニーズウィスキーをはじめ、国産のジンやビールなども取扱い。オリジナルカクテル、フレッシュフルーツカクテルなども人気。食事も豊富で1件目からも利用可能。

7.まとめ

ワイン樽熟成の魅力を感じられるウイスキーですがアルコール感が無く飲みやすいのが特徴。オススメの飲み方はストレートです。フルーティで甘さと樽香をしっかり感じることができます。加水するとタンニンが強調される印象なのでタンニンが苦手な方はストレートを基本にロックでもオススメです。

秩父蒸溜所の現在は、地元秩父で栽培した大麦を原料に使用した製品や、秩父の素材を使用した樽の製造を検討するなど秩父ならではのウイスキー造りを目指しています。
肥土伊知郎氏の願いはイチローズ・モルト30年、50年と熟成されたウイスキーを世の中に出していくこと。と夢のあるお言葉に今後の期待が膨らむばかりです。

■イチローズモルトの赤葉と青葉って?味や評価を解説。も是非ご覧ください。

イチローズモルトの赤葉と青葉って?味や評価を解説。
1924年から販売が開始された「ジャパニーズウイスキー」。世界での人気も高く、希少なものはプレミアム価格で販売されることもあります。 そんなジャパニーズウイスキーのなかで、希少価値が高いながらも、多く

■「イチローズモルト」に関するその他の記事も是非ご覧ください。

【レビュー】イチローズモルト ダブルディスティラリーズ(DD)
2009年、WWA(ワールドウイスキーアワード)にて「ベストジャパニーズ・ブレンデッドモルト」受賞。羽生蒸留所と秩父蒸留所のモルト原酒をバッティング、羽生蒸留所のモルト原酒はパンチョン樽を主体に「シェリー樽」、秩父蒸留所のモルト原酒は「ミズナラ樽」を使用。
【レビュー】イチローズモルト ミズナラウッドリザーブ(MWR)
ミズナラウッドリザーブ(MWR)の原酒は羽生蒸留所のモルト原酒をキーモルトにし、数種のモルトウィスキーをバッティング。その後ミズナラリザーブヴァットで再熟成させたもの。バッティングされた原酒の蒸留所名は定かではありませんが、ピートの強いタイプを選定し秩父蒸留所でブレンドされています。
スポンサーリンク

最後に:ジャパニーズウイスキーのおすすめ書籍

世界的なトレンドを巻き起こしている「ジャパニーズウイスキー」の事をもっと知りたい、もっと勉強したいという方は、是非こちらの書籍をおすすめいたします。

(1).Whisky Galore(ウイスキーガロア)Vol.44 2024年6月号

【巻頭特集】
ジャパニーズウイスキー、次の100年。【第2弾】
日本のグレーンウイスキー蒸留所
日本独自のグレーンウイスキー造りの可能性を検証。大手3社を含め、18の蒸留所のグレーンウイスキー造りについて紹介します。また、富士御殿場蒸溜所でブレンダーを務める竹重元気氏と土屋守編集長の特別対談もお届けします。

【第2特集】
沖縄 泡盛・ウイスキー紀行 & 宮古島 スピリッツ・泡盛紀行
沖縄本島および宮古島を巡り、個性的な蒸留酒造りを紹介します。

【編集長インタビュー】
サントリーが見据えるジンの未来予想図 その展望と戦略
ポール・ジョン 海辺の気候風土をまとったインド産シングルモルト

【企画】
マスター・オブ・ウイスキーの肖像
史上最多の合格者4名一挙インタビュー。それぞれの素顔に迫ります。

日本のクラフト蒸留所最前線 阿波乃蒸溜所
徳島県阿波市の吉野川沿いに誕生した、四国初のクラフトウイスキー蒸留所を取材。

(2).ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー

世界的にも有名なウイスキー評論家で、ウイスキー文化研究所代表 土屋守先生の著書「ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー」です。
ウイスキーの基礎知識、日本へのウイスキーの伝来、ジャパニーズウイスキーの誕生、広告戦略とジャパニーズウイスキーの盛隆、そして、現在のクラフト蒸留所の勃興まで。日本のウイスキーの事が非常にわかりやすくまとめられた一冊。

(3).ウイスキーと私(竹鶴政孝)

日本でのウイスキー醸造に人生を捧げた、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝。ただひたすらにウイスキーを愛した男が自らを語った自伝の改訂復刻版。若き日、単身スコットランドに留学し、幾多の苦難を乗り越えてジャパニーズ・ウイスキーを完成させるまでの日々や、伴侶となるリタのことなどが鮮やかに描かれる。

(4).新世代蒸留所からの挑戦状

2019年発売。世界に空前のウイスキーブームが到来しているいま、クラフト蒸留所の経営者たちは何を考え、どんな想いでウイスキー造りに挑んだのか。日本でクラフト蒸留所が誕生するきっかけを作った、イチローズ・モルトで有名なベンチャーウイスキーの肥土伊知郎氏をはじめとする、13人のクラフト蒸留所の経営者たちが世界に挑む姿を綴った1冊。

(5).ウイスキーライジング

2016年にアメリカで出版された『Whisky Risng』の日本語版であり、内容も大幅にアップデート。ジャパニーズ・ウイスキーの歴史が詳細に記述されているだけでなく、近年、創設がつづくクラフト蒸溜所を含む、日本の全蒸溜所に関するデータも掲載。そのほかにも、今まで発売された伝説的なボトルの解説や、ジャパニーズ・ウイスキーが飲めるバーなども掲載されています。

(6).ウイスキーと風の味

1969年にニッカウヰスキーに入社した、三代目マスターブレンダーの佐藤茂夫氏の著書。
『ピュアモルト』『ブラックニッカクリア』『フロム・ザ・バレル』の生みの親でもあり、なかでも『シングルモルト余市1987』はウイスキーの国際的コンペティションWWA(ワールド・ウイスキー・アワード)にて「ワールド・ベスト・シングルモルト」を受賞。
竹鶴政孝竹鶴威の意志を引き継いだブレンダー界のレジェンドが語る今昔。

この記事を書いた人
深瀬 悠二

北海道札幌市出身。
2005年、大手スポーツ用品販売チェーンに就職→2019年1月、BAR新海に就職しウイスキーの魅力に引き込まれ虜となる。初めて飲んだウイスキーはアードベッグ10年。ほぼ毎日ウイスキーを飲む中で更なる知識習得を目指し、ウイスキー検定2級とJC級(ジャパニーズクラフトウイスキー)を取得。
造り手の想いをしっかりと表現し、飲み手の方々に正しい情報を伝えたい。ウイスキーの魅力をたくさんの方に伝えたいという思いでウェブメディア「Japanese Whisky Dictionary」の編集を担当。

深瀬 悠二をフォローする
スポンサーリンク
ジャパニーズウイスキーディクショナリー
タイトルとURLをコピーしました