【7月価格改定】サントリー「角瓶」など4ブランド値上げ

ニュース
ニュース
サントリー

3月1日にサントリーの海外ウイスキーが値上げとなったのは記憶に新しいところですが、いよいよサントリー「角瓶」をはじめ国産ウイスキー4ブランドが7月1日出荷分より値上げとなる事が発表されました。

スポンサーリンク

1.実施日

2023年7月1日(土)出荷分から価格改定を実施

2.背景

サントリーは今回の価格改定の背景として下記のポイントを示しています。

  • 原材料、資材、輸送費等のコストアップ
  • さらなる安定供給に向けた貯蔵庫の増設

近年、ウイスキー市場が国内外で拡大を続ける中、当社は高品質な商品を安定的に提供するため、生産性の向上や物流合理化、生産設備増強に向けた積極的な設備投資など、さまざまな企業努力を行ってきました。
 しかし、近年の原材料、資材、輸送費等のコストアップ影響を企業努力だけで吸収することは極めて厳しい状況となっています。加えて、さらなる安定提供に向けた取り組みとして、新たに貯蔵庫を増設します。このため、今回価格改定を実施します。

(引用:国産ウイスキー 一部商品の価格改定について

3.対象ブランド

今回の価格改定の対象となるブランドは、下記の4ブランド

  • 角瓶
  • オールド
  • スペシャルリザーブ
  • ローヤル

4.主な商品と価格

4-1.サントリーウイスキー 角瓶 700ml/瓶

〇希望小売価格

旧価格1,590円(税別)
新価格1,910円(税別)
価格改定率20%

4-2.サントリー オールド 700ml/瓶

〇希望小売価格

旧価格1,880円 (税別)
新価格2,250円(税別)
価格改定率20%

4-3.サントリー スペシャルリザーブ  700ml/瓶

〇希望小売価格

旧価格2,580円(税別)
新価格3,000円(税別)
価格改定率16%
サントリー スペシャルリザーブ 700ml1ケース12本入りのケース販売となります。

4-4.サントリー ローヤル 700ml/瓶

〇希望小売価格

旧価格3,360円(税別)
新価格3,900円(税別)
価格改定率16%

5.影響と今後の予測

昨年2022年4月に、山崎白州は、角瓶などの4ブランドに先立って価格改定が行われました。その時も、「生産設備の増強など安定供給に向けた取り組みを強化するため」と発表されていました。

【2022年4月1日】サントリーウイスキー値上げ
2022年4月1日にサントリースピリッツは、施設の増設等を理由に一部商品の値上げを発表。対象商品の一覧や値上げ前、値上げ後の価格を記載。また、値上げすることで今後起こりうるメリット、デメリットについて考察し、まとめてみました。

5-1.家計と飲食業界への影響

今回の主力4ブランドに関しても、いつかこの日が来るであろうことは予測していましたが、遂に来たというところでしょうか。角瓶やサントリーオールドなどは、サントリーウイスキーの中でも最も日常的に飲まれているウイスキーであり、居酒屋業態や、チェーン店などの飲食店で最も多く取り扱われるウイスキーだと思います。今回の値上げは家計に与える影響だけでなく飲食業界全体にも大きな影響を与えるのではないでしょか。

皆さんが日頃飲食店で飲まれている「角ハイボール」も7月以降は順次値上げされていくのではないかと思います。

そして、角瓶の値上げによって予測されるのは、コンビニやスーパーで販売されている「角ハイボール缶」の価格改定です。いつ頃になるかはわかりませんが、サントリーのハイボール缶の値上げも覚悟しておく必要がありそうです。

5-2.世界における日本のウイスキー価格

また、昨今のウイスキー市場の動向を見ていると、原材料の高騰、資材の高騰、輸送コストの高騰という製造原価の高騰に加え、世界中でウイスキー需要が高まり、日本のウイスキーも海外への輸出高は上がり続けています。

ウイスキー輸出金額に関する統計(2021年)
2021年のウイスキーの輸出金額は約462億円(前年比170.2%)となり、清酒(前年比166.4%)を更に引き離す勢いで増加。その差は約60億円。単月で見ても2020年6月から19カ月連続で前年同月比を上回る。

世界的なウイスキーブームの中、日本におけるウイスキーの価格は海外と比較すると、まだまだ安いのが現状です。

5-3.値上げ基調が予測される

世界中でウイスキー需要が高まっている為、日本国内でもウイスキーの値上げ基調はしばらく続きそうで、引き続き段階的な価格改定が実施される可能性は高いと予測されます。

今回、最大手のサントリーが値上げに踏み切ったことにより、他メーカーにおいても価格改定がしやすい状況になったと思います。

ウイスキーを愛飲する消費者としては残念な面はありますが、日本のウイスキーの価格が価値の向上と共に成長していく事は喜ばしい事であり、今後も動向を注視していきたいと思います。

この記事を書いた人
新海 博之

1981年7月17日 北海道北広島市出身
大学卒業後、NTTデータカスタマサービス㈱へ新卒入社。
2010年「麻布十番BAR新海」を開業 → 2016年、名物「薬膳カレー」を開発 → 2018年「虎ノ門BAR新海」、2019年には「芝大門BAR新海」を開業 → 2020年 ウェブメディア「Japanese Whisky Dictionary」をスタート。
バーテンダーの私達だから出来る事として、ジャパニーズウイスキーの魅力を日々発信する。

新海 博之をフォローする
スポンサーリンク
ジャパニーズウイスキーディクショナリー
タイトルとURLをコピーしました