【2021年11月下旬発売】厚岸シングルモルトジャパニーズウィスキー立冬(堅展実業・厚岸蒸留所)

発売情報

堅展実業株式会社 厚岸蒸留所 Facebookページより、2021年11月下旬に新商品の発売が発表されました。

『厚岸シングルモルトジャパニーズウィスキー立冬』

厚岸ウィスキー「二十四節気シリーズ」の第五弾となります。
二十四節気とは一年を24等分して季節を表す名称を付けたもので、立春や夏至などもこれにあたります。

今までの厚岸ウィスキーのパッケージ・ラベルデザインは落ち着いた渋めなデザインのものばかりでしたが、今作はとてもカラフルでポップなデザインになりました。立冬期間中の主な行事といえば「七五三」ということで、千歳飴がデザインのモチーフになっているそうです。
キーモルトは「北海道産モルト」これは非常に楽しみですね。

価格は税込19,800円。今までリリースされてきたシングルモルトは税込16,500円でしたので、3,300円の値上げとなりました。
これに関しては厚岸蒸留所Facebookページにて公式コメントが出ております。
具体的要因として
①国産大麦を積極的に用いることによる生産コストの増加
②包装資材費の上昇
③物流費の上昇
の3点を挙げております。
値上げそのものは厚岸蒸留所としても苦渋の決断だったと思います。更なる値上げは行わない見込みとのコメントもありますので、しばらくはこの価格で落ち着くのではないでしょうか。
さらに「春分」「夏至」「秋分」「冬至」に関してはプレミアム原酒使用のため、価格もプレミアムになるとのことです。

1.二十四節季の「立冬」とは?

厚岸蒸留所では、2020年10月のシングルモルトリリースを皮切りに、「二十四節季シリーズ」として定期的に商品を販売しています。

発売日二十四節気名
第一弾2020年10月28日寒露(かんろ):10月8日頃
第二弾2021年2月28日雨水(うすい):2月19日頃
第三弾2021年5月28日芒種(ぼうしゅ):6月6日頃
第四弾2021年8月下旬処暑(しょしょ):8月23日頃
第五弾2021年11月下旬立冬(りっとう):11月7日頃

今回発売となる第五弾は、「立冬(りっとう)」です。
「立冬」とは秋分と冬至の中間でもありまだまだ秋の気配が色濃く残ってるが、着実に冬へと変化していく時期。今年初めて冬の気配を感じ、いよいよ寒くなって行く時期。
二十四節気の中では19番目に当たる日で立春、立夏、立秋と合わせて「四立」と呼ばれ、季節の区切り目として重要な日です。この日から立春の前日までが暦の上では冬とされています。2021年の立冬は11月7日。また、11月7日から次の二十四節気の次の第20節、小雪の11月22日までの15日間ぐらいを指します。

2.厚岸シングルモルト ジャパニーズウィスキー立冬(りっとう)

今作はキーモルトに「北海道産モルト」を使用。今までの厚岸特有のピート感とあの甘さが活かされているのか。北海道産大麦のコストはスコットランド産の2倍以上、アルコール収量も80~90%程度とコストはかかるが、その風味は和のテイスト(温州ミカン,焼き栗,焼き芋の密)を持ったジャパニーズウィスキーに相応しい原酒に仕上がるという。厚岸蒸留所の原酒づくりへのこだわりを強く感じます。
第五弾「立冬」はどんな味に仕上がっているのか非常に楽しみです。

厚岸蒸留所からリリースされた情報は以下に掲載いたします。

二十四節気シリーズ第五弾となるシングルモルトウイスキー。北国には初雪の便りが届き始める季節。徐々に色濃くなる冬のように、厚岸モルトのコクのある甘味も一層深まってまいりました。星の輝く冬の夜空を見上げながら、濃厚な厚岸モルトをお楽しみください。

テイスティングノート
フルーツバスケット、チョコレート、醤油
柑橘系の甘味と酸味、チョコレート様の甘味と苦味、ホワイトペッパー、バーベキュー、みかん様の甘味が続きます。
引用:堅展実業株式会社 厚岸蒸溜所 Facebookページ

製品名厚岸シングルモルトジャパニーズウィスキー立冬
酒 別シングルモルト
原材料モルト
樽 種ミズナラ樽ほか
販売数数量限定
度 数55%
内容量700ml
価 格19,800円(税込)
製造者堅展実業株式会社 厚岸蒸留所

3.厚岸蒸留所の魅力

厚岸蒸留所の事を知らない方や、厚岸蒸留所についてもっと詳しく知りたいという方は、2020年12月にBSフジのウィスキペディアで特集をしていましたので、そちらの配信を是非ご覧ください。
厚岸ウィスキーの魅力だけでなく、厚岸町の自然や牡蠣漁を中心とした漁業、そしてウィスキーと厚岸産牡蠣のマリアージュなど、厚岸の魅力がたっぷりと詰まった番組となっています。

4.過去に発売された厚岸ウィスキー「二十四節気シリーズ」

厚岸蒸留所が過去に発売した二十四節季シリーズをおさらいしておきましょう。

4-1.2020年のリリース

■厚岸シングルモルトウィスキー寒露(かんろ)(2020/10/28発売)

4-2.2021年のリリース

■厚岸ブレンデッドウィスキー雨水(うすい)(2021/2/28発売)

■厚岸シングルモルトジャパニーズウィスキー芒種(ぼうしゅ)(2021/5/28発売)

created by Rinker
厚岸
¥57,800 (2021/10/21 12:20:54時点 Amazon調べ-詳細)

■厚岸ブレンデッドウィスキー処暑(しょしょ)(2021/8下旬発売)

created by Rinker
厚岸
¥37,800 (2021/10/21 12:22:27時点 Amazon調べ-詳細)

最後に:ジャパニーズウィスキーのおすすめ書籍

世界的なトレンドを巻き起こしている「ジャパニーズウィスキー」の事をもっと知りたい、もっと勉強したいという方は、是非こちらの書籍をおすすめいたします。

(1).ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー

世界的にも有名なウィスキー評論家で、ウィスキー文化研究所代表 土屋守先生の著書「ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー」です。
ウィスキーの基礎知識、日本へのウィスキーの伝来、ジャパニーズウィスキーの誕生、広告戦略とジャパニーズウィスキーの盛隆、そして、現在のクラフト蒸留所の勃興まで。日本のウィスキーの事が非常にわかりやすくまとめられた一冊。

(2).ウィスキーと私(竹鶴政孝)

日本でのウイスキー醸造に人生を捧げた、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝。ただひたすらにウイスキーを愛した男が自らを語った自伝の改訂復刻版。若き日、単身スコットランドに留学し、幾多の苦難を乗り越えてジャパニーズ・ウイスキーを完成させるまでの日々や、伴侶となるリタのことなどが鮮やかに描かれる。

created by Rinker
¥1,650
(2021/10/21 16:12:32時点 Amazon調べ-詳細)

(3).新世代蒸留所からの挑戦状

2019年発売。世界に空前のウイスキーブームが到来しているいま、クラフト蒸留所の経営者たちは何を考え、どんな想いでウイスキー造りに挑んだのか。日本でクラフト蒸留所が誕生するきっかけを作った、イチローズ・モルトで有名なベンチャーウイスキーの肥土伊知郎氏をはじめとする、13人のクラフト蒸留所の経営者たちが世界に挑む姿を綴った1冊。

created by Rinker
repicbook(リピックブック)株式会社
¥1,870
(2021/10/21 16:12:45時点 Amazon調べ-詳細)

(4).ウィスキーライジング

2016年にアメリカで出版された『Whisky Risng』の日本語版であり、内容も大幅にアップデート。ジャパニーズ・ウイスキーの歴史が詳細に記述されているだけでなく、近年、創設がつづくクラフト蒸溜所を含む、日本の全蒸溜所に関するデータも掲載。そのほかにも、今まで発売された伝説的なボトルの解説や、ジャパニーズ・ウイスキーが飲めるバーなども掲載されています。

関連記事

TOP