【レビュー】シングルモルト 山崎12年

サントリー

日本のウイスキー発祥の地、山崎蒸溜所の竣工60年目の1984年に登場した、日本を代表するシングルモルトウィスキー。
山崎の四季を重ねて12年を超えた秘蔵モルト樽の中から生(き)で味わうにふさわしい円熟モルトを吟味・厳選。
その味わいは海外でも高く評価されています。

1.メーカー

サントリースピリッツ株式会社

設立1899年
本社所在地〒135-8631 東京都港区台場2-3-3
所有蒸留所●日本
山崎蒸留所、白州蒸留所、知多蒸留所
●スコットランド
アードモア蒸留所、グレンギリー蒸留所、オーヘントッシャン蒸留所、ボウモア蒸留所、ラフロイグ蒸留所
●アイルランド
クーリー蒸留所、キルベガン蒸留所
●アメリカ
ジムビーム蒸留所、メーカーズマーク蒸留所
●カナダ
ハイラムウォーカー蒸留所、アルバータ蒸留所

2.蒸留所

サントリー山崎蒸留所

所在地〒618-0001 大阪府三島郡島本町山崎5丁目2−1
操業開始1923年

サントリーが日本で最初のウィスキー事業に乗り出すのは1923年、京都に山崎蒸留所を構えたのが始まり。

そこは、桂川と木津川、宇治川の3つの川が合流し、多湿で霧がとても多く立ち込める場所。その地で国産第一号のウィスキー「サントリー白札」を1929年に誕生させます。

しかし、日本人の味覚には当時スモーキーな香りは受け入れられず、苦戦をしいられる事になります。

その後、今だロングセラーを続ける角瓶を生み出し、1984年にはブレンデッドウィスキー全盛の時代の中シングルモルトウィスキー山崎12年を誕生させます。

画像出展:サントリー公式HP

3.商品名と写真

山崎12年
Yamazaki 12year

4.特徴

2003年、ISCで金賞。ジャパニーズウィスキーで初の快挙
2003年の受賞を皮切りに様々なコンクールで優秀な成績を収めたジャパニーズウィスキーの代表格。
熟成樽には「パンチョン樽」「シェリー樽」「ミズナラ樽」を使用。
その味わいのバランスは素晴らしく、ロックや水割り、ハイボールで飲んでもフルーティな甘さはしっかり感じられます。

4-1.テイスティングノート

香りハチミツやバニラに近い甘い香り
味わいフルーティな甘さを感じた後、ミズナラを感じさせるウッディかつスパイシーな味わいに変化
余韻最後にまた果実を連想させる上品な甘さがゆっくりと続く

4-2.商品スペック

アルコール度数43%
酒別シングルモルトウィスキー
樽種パンチョン樽・シェリー樽・ミズナラ樽
内容量700ml
販売本数
希望小売価格9,350円(税込)
発売日1984年

5.受賞歴

2003年 ISC金賞
2009年 SWSC最優秀金賞
2010年 ISC金賞
2013年 SWSC最優秀金賞
2014年 SWSC金賞
2018年 ISC金賞

6.価格

6-1.メーカー希望小売価格

商品名サントリーシングルモルトウィスキー「山崎12年」
容量700ml
希望小売価格8,500円(税込:9,350円)

6-2.メルカリでの転売価格

メルカリでの転売価格は、18,000円~20,000円前後となっています。(※2021/3/10時点)

6-3.ヤフーオークション落札価格

ヤフーオークションでの落札価格は、最安12,500円、最高21,000円、平均18,194円(※2021/3/10時点より過去120日間の統計情報)

6-4.楽天、ヤフーショッピング、Amazon

通販サイトでも、20,000円~22,000円前後で販売されています。 (※2021/3/10時点)
定価の約3倍近い価格で取引されることが一般的になってきました。市場への流通量が僅かである為、仕方ないのかもしれませんが早く定価で購入できるようになって欲しいですね。

6-5.BAR新海での提供価格

当サイトが運営する「BAR新海」では、1杯、45ml:3,300円で提供しております。

7.まとめ

ジャパニーズウィスキーの代名詞と言っても過言ではないほど、国内のみならず海外からも人気の高いウィスキーです。今となってはプレミア価格で取引されることが多く、品薄の状況が続いていますがジャパニーズウィスキーを取り扱っているBARには置いてあることが多いので、まだ飲まれたことない方は山崎NVと飲み比べしてみると熟成感などの違いを感じて頂けると思います。

山崎に関するその他の記事も是非ご覧ください。

最後に:ジャパニーズウィスキーのおすすめ書籍

世界的なトレンドを巻き起こしている「ジャパニーズウィスキー」の事をもっと知りたい、もっと勉強したいという方は、是非こちらの書籍をおすすめいたします。

(1).ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー

世界的にも有名なウィスキー評論家で、ウィスキー文化研究所代表 土屋守先生の著書「ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー」です。
ウィスキーの基礎知識、日本へのウィスキーの伝来、ジャパニーズウィスキーの誕生、広告戦略とジャパニーズウィスキーの盛隆、そして、現在のクラフト蒸留所の勃興まで。日本のウィスキーの事が非常にわかりやすくまとめられた一冊。

(2).ウィスキーと私(竹鶴政孝)

日本でのウイスキー醸造に人生を捧げた、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝。ただひたすらにウイスキーを愛した男が自らを語った自伝の改訂復刻版。若き日、単身スコットランドに留学し、幾多の苦難を乗り越えてジャパニーズ・ウイスキーを完成させるまでの日々や、伴侶となるリタのことなどが鮮やかに描かれる。

created by Rinker
¥1,650
(2021/09/24 15:52:01時点 Amazon調べ-詳細)

(3).新世代蒸留所からの挑戦状

2019年発売。世界に空前のウイスキーブームが到来しているいま、クラフト蒸留所の経営者たちは何を考え、どんな想いでウイスキー造りに挑んだのか。日本でクラフト蒸留所が誕生するきっかけを作った、イチローズ・モルトで有名なベンチャーウイスキーの肥土伊知郎氏をはじめとする、13人のクラフト蒸留所の経営者たちが世界に挑む姿を綴った1冊。

created by Rinker
repicbook(リピックブック)株式会社
¥1,870
(2021/09/24 15:52:01時点 Amazon調べ-詳細)

(4).ウィスキーライジング

2016年にアメリカで出版された『Whisky Risng』の日本語版であり、内容も大幅にアップデート。ジャパニーズ・ウイスキーの歴史が詳細に記述されているだけでなく、近年、創設がつづくクラフト蒸溜所を含む、日本の全蒸溜所に関するデータも掲載。そのほかにも、今まで発売された伝説的なボトルの解説や、ジャパニーズ・ウイスキーが飲めるバーなども掲載されています。

関連記事

TOP