【レビュー】ニッカ伊達

ニッカウヰスキー

ニッカ伊達」は宮城峡蒸留所で蒸留したモルト原酒とグレーン原酒、グレーン原酒の一部にスコットランドのベンネヴィス蒸留所の原酒を使用。ニッカこだわりのカフェモルト、カフェグレーンの特徴を生かした「宮城県限定」のブレンデッドウィスキーです。

ニッカ伊達は、地域共生型の営業活動の一環として「仙台・宮城【伊達な旅】キャンペーン」を盛り上げていくため2008年と2009年に500mlで数量限定(2009年度は36,000本限定)で発売されました。この時のラベルは黒い下地に白字で「伊達」という文字が記され、その下に大きな金色の三日月が描かれていて、その三日月のデザインは「伊達政宗」の兜がモチーフになっているらしいです。

その後2012年から発売されたものは700mlに変更し、通年商品としてリリース。さらに味の改良も実施。写真の真ん中のボトルがこの時期のボトルですが、今現在店頭に並んでいるボトルは写真右のボトルになります。いつからラベル変更になったのかは定かではありませんが、2019年終わり頃から変更になっていたという説もあります。

1.メーカー

ニッカウヰスキー株式会社

設立1934年(昭和9年)
本社所在地〒107-8616 東京都港区南青山5丁目4番31号
所有蒸留所余市蒸留所、宮城峡蒸留所、ベンネヴィス蒸留所

2.蒸留所

宮城峡蒸留所

所在地〒989-3433 宮城県仙台市青葉区ニッカ1番地
操業開始1969年

北海道・余市で第一の蒸留所をスタートさせてから約30年。 「異なる蒸留所で生まれた複数の原酒をブレンドすることで、ウィスキーはより味わい深く豊かになる」という信念を抱く竹鶴政孝にとって、第二の蒸留所はどうしても必要でした。 竹鶴が選んだ地は仙台・宮城峡。広瀬川と新川というふたつの清流に恵まれた緑豊かな峡谷。竹鶴は初めてこの地を訪れた時、新川の清流で持っていたブラックニッカを割って飲み、味わいを確認。その場で蒸留所建設を決定したと言われています。 宮城峡蒸留所が誇るのが「カフェ式連続式蒸留機」。 導入当時、すでに旧式とされていた蒸留機です。旧式だからこそ雑味となる成分が残りやすいのですが、技術によってそれを原料本来の香りや甘みに変えることができるため、竹鶴はあえてこの旧式蒸留機を選びました。宮城峡蒸留所では、今なお竹鶴の情熱を受け継ぐ人々がウィスキーのおいしさを求め、さまざまな試みを続けています。

画像出展:宮城峡蒸留所|NIKKA WHISKY

宮城峡蒸留所の詳細情報は、こちらの記事もご覧ください。

3.商品名と写真

ニッカ伊達
Nikka Date

created by Rinker
¥5,750 (2021/09/24 17:33:39時点 楽天市場調べ-詳細)

4.特徴

力強く豊かな味わい。 優しくやわらかな余韻。

心地良い樽熟成香とやわらかくフローラルの香りと優しいモルティーな香り、濃厚なバニラのような甘さとミルクチョコレートの甘味、なめらかでクリーミーな味わいで、甘さの後から顔を出すピートのほどよい苦味と複雑な味わいが全体を引き締めます。

4-1.テイスティングノート

香りウッディな香りと樽熟成感、モルティな甘さ。チョコレートのようなビター感とフラワリー、フルーティーなエステルが調和
味わい蜂蜜様の甘さとバニラの甘さが調和、なめらかでクリーミーな味わい。ピートの苦味が全体を引き締める
余韻きれいなエステルと甘くビターな余韻がスムース

4-2.商品スペック

アルコール度数43%
酒別ブレンデッドウィスキー
樽種
内容量700ml
販売本数
希望小売価格税込3,850円
発売日2008年9月・2009年9月15日(旧伊達、数量限定でリリース)
2012年7月2日~(現行伊達、通常品としてリリース)

5.受賞歴

現時点では受賞歴はありません。

6.価格

6-1.メーカー希望小売価格

商品名ニッカ伊達
容量700ml
希望小売価格税込:3,850円

6-2.メルカリでの転売価格

メルカリでの転売価格は、4,000円~5,400円前後となっています。(※2021/7/23時点)

6-3.ヤフーオークション落札価格

ヤフーオークションでの落札価格は、最安3,500円、最高6,400円、平均5,079円(※2021/7/23時点より過去120日間の統計情報) 

6-4.楽天、ヤフーショッピング、Amazon

通販サイトでも、5,000円~7,000円前後で販売されています。 (※2021/7/23時点)

created by Rinker
¥5,750 (2021/09/24 17:33:39時点 楽天市場調べ-詳細)

6-5.BAR新海での提供価格

当サイトが運営する「BAR新海」では、1杯、45ml:1,650円 30ml:1,100円、15ml:550円などの少量でも提供しております。

7.まとめ

2008年に発売された伊達は裏面ラベルの原料欄に「モルト」としか表記されていませんでした。しかし表のラベルには「BLENDED WHISKY」と記載されていました。おそらく宮城峡蒸留所のモルトウィスキーとカフェ式連続式蒸留機で蒸留したカフェモルトをブレンドしていたからと言われています。
2012年から発売された現行の伊達に関しては原料欄には「モルト、グレーン」と表記されていて、宮城峡モルトとカフェモルト・カフェグレーン・ベンネヴィス蒸留所グレーンで構成されているようです。

今では通販サイトでも比較的手に入りやすウィスキー(若干プレ値ですが、、、)なので、宮城峡蒸留所の歴史を感じながら味わいたいなら、まさにこのボトルとなるでしょう。都内でも宮城県の物産展などあれば、定価で売っていることもあるようです。

■宮城峡に関するその他の記事も是非ご覧ください。

最後に:ジャパニーズウィスキーのおすすめ書籍

世界的なトレンドを巻き起こしている「ジャパニーズウィスキー」の事をもっと知りたい、もっと勉強したいという方は、是非こちらの書籍をおすすめいたします。

(1).ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー

世界的にも有名なウィスキー評論家で、ウィスキー文化研究所代表 土屋守先生の著書「ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウィスキー」です。
ウィスキーの基礎知識、日本へのウィスキーの伝来、ジャパニーズウィスキーの誕生、広告戦略とジャパニーズウィスキーの盛隆、そして、現在のクラフト蒸留所の勃興まで。日本のウィスキーの事が非常にわかりやすくまとめられた一冊。

(2).ウィスキーと私(竹鶴政孝)

日本でのウイスキー醸造に人生を捧げた、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝。ただひたすらにウイスキーを愛した男が自らを語った自伝の改訂復刻版。若き日、単身スコットランドに留学し、幾多の苦難を乗り越えてジャパニーズ・ウイスキーを完成させるまでの日々や、伴侶となるリタのことなどが鮮やかに描かれる。

created by Rinker
¥1,650
(2021/09/24 15:52:01時点 Amazon調べ-詳細)

(3).新世代蒸留所からの挑戦状

2019年発売。世界に空前のウイスキーブームが到来しているいま、クラフト蒸留所の経営者たちは何を考え、どんな想いでウイスキー造りに挑んだのか。日本でクラフト蒸留所が誕生するきっかけを作った、イチローズ・モルトで有名なベンチャーウイスキーの肥土伊知郎氏をはじめとする、13人のクラフト蒸留所の経営者たちが世界に挑む姿を綴った1冊。

created by Rinker
repicbook(リピックブック)株式会社
¥1,870
(2021/09/24 15:52:01時点 Amazon調べ-詳細)

(4).ウィスキーライジング

2016年にアメリカで出版された『Whisky Risng』の日本語版であり、内容も大幅にアップデート。ジャパニーズ・ウイスキーの歴史が詳細に記述されているだけでなく、近年、創設がつづくクラフト蒸溜所を含む、日本の全蒸溜所に関するデータも掲載。そのほかにも、今まで発売された伝説的なボトルの解説や、ジャパニーズ・ウイスキーが飲めるバーなども掲載されています。

関連記事

TOP