World Whiskies Awards 2022 日本予選の結果発表と受賞商品一覧

世界各国からエントリーされたウイスキーの中からカテゴリーごとの最高賞を決めるウイスキーのコンペティション「World Whiskies Awards(ワールド・ウイスキー・アワード)」。2022年度の各国の予選の結果が発表されました。

本記事では、日本での1次予選の結果をカテゴリ毎に整理して紹介して参ります。

厚岸」「嘉之助」「津貫」「駒ヶ岳」「安積」「三郎丸」などのクラフトディスティラリーズ(小規模蒸留所)からリリースされたウイスキーが多数受賞する結果となりました。

予選の入賞商品は、この後、世界ラウンドへ進出し、3/24に最終結果が発表される事となっています。

Contents

1.ワールド・ウイスキー・アワードとは?

ワールド・ウイスキー・アワードは、国際的に認められたあらゆるスタイルのウイスキーの中から、最も優れたものを選出する世界的な賞です。酒類専門家のための世界No.1オンラインリソースであるTheDrinksReport.comが主催するワールド・ウイスキー・アワードは、世界最高のウイスキーを選び、表彰し、世界中の消費者および業界関係者に向けてプロモーションを行うものです。

 

(画像出典:World Whiskies Awards)

 

2.審査の流れ

この審査は、Taste(味)とDesign(デザイン)の2つのジャンルに分かれていますが、ここではTaste(味)の審査に関して説明していきます。

2-1.第1ラウンド

各ウイスキーをそれぞれのスタイルでテイスティングし、スタイルの勝者を特定・選出します。ワールド・ウイスキー・アワードの審査員には、国際的に活躍するジャーナリスト、酒類小売業者、業界の専門家などが名を連ねています。第一ラウンドの審査は、出品国それぞれで行われているようです。

2-2.第2ラウンド

スタイル賞を受賞したウイスキー同士をテイスティングし、各カテゴリーの「ベスト」ウイスキーを決定します。

2-3.第3ラウンド

各カテゴリーの「ベスト」ウイスキーは、最後にもう一度テイスティングを行い、「ワールド・ベスト」ウイスキーを決定します。この段階での審査員には、第1ラウンドと第2ラウンドの審査員に加え、第一線の蒸溜所経営者やウイスキー業界の専門家が名を連ねます。

3.日本の第1ラウンドの結果

それでは、日本より出品されたウイスキーの第1ラウンドの結果をカテゴリ毎に見ていきたいと思います。このリストのオリジナルの情報はこちら

尚、ボリュームの関係上、Blonze受賞ウイスキーは商品名のみの紹介とさせて頂きます。

3-1.Blended(ブレンデッド)

ブレンデッドウイスキーとは、少なくとも1種類のシングルモルトウイスキーと1種類のシングルグレーンウイスキーをヴァッティングして製造されたウイスキーです。ブレンデッドモルトに地理的表示(例:アイリッシュブレンデッドモルト)がある場合、そのブレンドはラベルに記載されている国でヴァッティングされ、瓶詰めされたものでなければなりません。さらに、構成ウイスキーの大部分(50%以上)が、ラベルに記載されている国で蒸留・熟成されたものでなければ、エントリーの資格はありません。

【Category Winner】厚岸ブレンデッドウイスキー処暑

【Gold】ニッカ フロム ザ バレル

【Silver】 厚岸ブレンデッドウイスキー雨水

【Silver】 ニッカ デイズ

【Silver】 忍 ブレンデッドウイスキー ミズナラウッドフィニッシュ

【Silver】京都ウイスキー 西陣織 黒帯