【ISC2023】インターナショナルスピリッツチャレンジ2023受賞結果発表

ニュース
ニュース

ジャパニーズウイスキー多数受賞!インターナショナルスピリッツチャレンジ2023の結果を抜粋して紹介。

イギリスの酒類専門の出版社「ドリンクス・インターナショナル」が主催する「インターナショナルスピリッツチャレンジ」(以下ISC)の結果が公表されました。

スポンサーリンク

1.インターナショナルスピリッツチャレンジ(ISC)とは?

今年28回目を迎える、国際的なスピリッツ(蒸溜酒)の品評会がロンドンで行われました。
三つのジャンルに分類されており、香味を評価対象にした「テイスティングアワード」、デザインを評価対象にした「デザイン&パッケージングアワード」、蒸溜所の魅力を評価対象にした「スピリッツツーリズムアワード」があります。
「テイスティングアワード」ではウイスキー部門、ブランデー部門、ラム部門、ホワイトスピリッツ部門、リキュール部門、焼酎部門があり、世界約70カ国からエントリーされ約2,200品以上のスピリッツが出品されています。
世界的に有名なスピリッツ業界の専門家がブラインドテイスティングで審査され、優れているものから順にダブルゴールド、ゴールド、シルバー、ブロンズが決定されます。

ジャパニーズウイスキーの過去の受賞

最高賞はダブルゴールドから選ばれる「トロフィー」で、ウイスキー部門では、日本のサントリーウイスキーの「響30年」が2004、06、07、08年と、過去に4回受賞しています。
2009年10月に行われた第13回では、ニッカウヰスキーの「竹鶴21年ピュアモルト」が初めてトロフィーを受賞しました。
それ以来ニッカウヰスキー竹鶴シリーズは10年以上に渡って金賞受賞を続けています。
さらにその各部門、全ての「トロフィー」の中から、蒸留酒としてもっと優れた銘柄に「シュプリーム・チャンピオン・スピリット」の称号が与えられます。
過去にこの「シュプリーム・チャンピオン・スピリット」を2017年にサントリーの「響21年が手にしています。

ほかのウイスキーの国際的なアワードとしては、同じイギリスのウイスキー専門誌「ウイスキーマガジン」誌の発行元が開催しているワールド・ウイスキー・アワード(WWA)もあります。
ちなみに出品すると全ての銘柄が何かしらの賞を、最低でもブロンズを受賞する事ができるようになっています。
それでは、今回はウイスキー部門のダブルゴールドとゴールドを受賞したウイスキーをご紹介したいと思います。

2.ダブルゴールド受賞

1-1.サントリー 響21年

https://jpwhisky.net/suntory-hibiki-21-year-2370/

1-2.サントリー 響30年

年間数千本しかつくれない、貴重で希少な数量限定商品です。
筆者も飲んだ事がありません。
モルト原酒にはサントリー秘蔵の超長期熟成樽の中から最低でも酒齢30年以上のモルト原酒が入念に選ばれます。
これに酒齢30年以上の円熟グレーン原酒を吟味して丁寧にブレンドします。
贅を極めた宝石のような美酒として、30面カットのクリスタルボトルに封じてお届けします。

1-3.サントリー 山崎25年

こちらも飲んだ事がありません。
高貴な木香と複雑な甘さ、伸びのある深い余韻。
ミズナラ樽をはじめ、スパニッシュオーク樽やアメリカンオーク樽で超長期熟成を重ねた酒齢25年以上の大変希少なモルト原酒を厳選し、丁寧にブレンド。年間生産本数千数百本の限定品です。

1-4.ニッカウヰスキー 余市ウッディ&バニラ

https://jpwhisky.net/single-malt-yoichi-woody-vanillic-4149/

2.ゴールド受賞

2-1.イチローズモルト DOUBLE DISTILLERY

https://jpwhisky.net/ichiros-malt-double-distilleryes-3165/

2-2.昌廣 Pure Malt Whisky 12 Years Old Oloroso Sherry Cask

画像出典:SINGROUP

泡盛を作る酒蔵として有名で、まさひろOKINAWA GINでも知られるまさひろ酒造のウイスキー。
12年物との事だが12年前に蒸留していたかは不明であり受賞しているにもかかわらず公式サイトには受賞を知らせる記載が一切ない。

2-3.山桜 Blended Malt Japanese Whisky 安積 Sherrywood Reserve

https://jpwhisky.net/yamazakura-blended-malt-sherry-12451/

2-4.大名乃 忍 Blended Whisky

画像出典:SINGROUP

巷では謎ウイスキーと言われている一本。

2-5.イチローズモルト&グレーン Blended Japanese Whisky2023

https://jpwhisky.net/ichiros-maltgrain-blended-japanese-limited-2022-16319/

上記リンク記事は2022年物の一本

2-6.キリン Single Blended Japanese Whisky 富士 FUJI

https://jpwhisky.net/kirin-single-blended-whisky-fuji-18899/

2-7.京都 Whisky (Nishijin-ori西陣織) KURO-OBI 黒帯

京都みやこ蒸溜所が作るウイスキー。
羽織なのか空手の黒帯なのか情報が多いですがラベルの色がそうで、ほかに赤帯、紫帯があります。

2-8.松井 Blended Whisky The 山陰

Blended Japanese Whisky「San-in」

画像出典:松井酒造

松井酒造から発売さえているブレンデッドウイスキー。
安価で手に入りやすい。

2-9.サントリー  響 BLENDER’S CHOICE

https://jpwhisky.net/hibiki-blenders-choice-928/

2-10.サントリー 響 JAPANESE HARMONY Master’s Select

海外限定のマスターズセレクトは通常のJAPANESE HARMONYに、山崎シェリーカスク原酒をブレンドしたという一品。
海外市場は大きく決して無視できるものではないですが、ネットでプレ値でなら入手できますが、ぜひ日本でも正式に発売されてほしいですね。

2-11.OKINAWA ISLAND BLUE 43%

泡盛の久米仙酒造が作るライスウイスキー。

2-12.キリン Single Grain Whiskey  富士 FUJI

https://jpwhisky.net/kirin-single-grain-whisky-fuji-3371/

2-13.ニッカ The Grain Whisky

https://jpwhisky.net/nikka-the-grain-26010/

2-14.白州 SINGLE MALT WHISKY 25 YEARS OLD

WWAことワールドウイスキーアワードでも「ワールドベストシングルモルトウイスキー」の称号が送られ“世界一おいしいシングルモルトウイスキー”と言われたのは2020年。もうもはや殿堂入りでも良い気が・・・。
一生に一度は飲んでみたいウイスキーです。

2-15.白州 SINGLE MALT JAPANESE WHISKY PEATED MALT 18 YEARS OLD

画像出典:海外公式サイト

本当に存在するのかとさえ思ってしまう、白州ピーテッド18年が受賞。

2-16.白州 SINGLE MALT WHISKY 18 YEARS OLD

ピーテッドとダブル受賞です。

【レビュー】シングルモルト白州18年
長期熟成モルトならではの深い味と香り。複雑なコクと甘み、豊かな樽香が見事に調和。 かすかなスモーキーさを含んだ余韻も心地よい。酒齢18年以上の長期熟成モルトが、 深い香りとほのかなスモーキーさを醸し出します。複雑なコクと甘み、馥郁とした樽香が見事に調和。スモーキーで心地よい余韻。

2-17.山崎 SINGLE MALT  MIZUNARA  CASK 18 YEARS OLD

2017年に発売された「山崎18年ミズナラ2017 EDITION」では、国内向けに1,500本、海外向け3,500本の非常に数が少ない限定品でした。
幻の一本からゴールドの受賞となりました。

2-18.山崎 SINGLE MALT WHISKY 12 YEARS OLD

https://jpwhisky.net/yamazaki12-1304/

2-19.山崎 SINGLE MALT WHISKY 18 YEARS OLD

https://jpwhisky.net/singlemalt-yamazaki-18year-676/

2-20.キリン Single Malt Japanese Whisky 富士 FUJI

 

https://jpwhisky.net/single-malt-fuji-27218/

2-21.キリン Single Malt Japanese Whisky 富士 FUJI 50th Anniversary Edition

富士御殿場蒸溜所設立50周年を記念して限定発売された一本。
1970年、80年、90年、00年、10年とそれぞれの年代から選りすぐりの原酒を使用しているのが特徴。

2-22.宮城峡 Single Malt Aromatic Yeast

 

https://jpwhisky.net/miyagikyo-aromaticyeast-20050/

2-23宮城峡 Single Malt Fruity & Rich

蒸溜所でのみ買える500ML入りの&シリーズ。
様々な○○&○○シリーズが存在するのは発酵工程におけるニッカ特有の酵母を使用した作り分けに由来する。

2-24.Single Malt KANOSUKE

https://jpwhisky.net/singlemalt-kanosuke-23476/

2-25.Single Malt 駒ヶ岳 2022 Edition

https://jpwhisky.net/komagatake-2022-edition-19720/

2-26.Single Malt Whisky 江井ヶ嶋 SEXTET

SEXTET(六重奏)を意味し、6つの樽を使用している。

2-27.厚岸 Single Malt Japanese Whisky 清明

https://jpwhisky.net/akkeshi-seimei-17539/

2-28.山崎 SINGLE MALT WHISKY

ノンエイジからの受賞。

https://jpwhisky.net/yamazaki-2093/

2-29.山崎 SINGLE MALT WHISKY LIMITED EDITION 2022

ミズナラ樽を贅沢に使用した、1000本限定のリミテッドエディション。

2-30.余市 Single Malt

こちらもノンエイジからの受賞。

https://jpwhisky.net/single-malt-yoichi-1936/

2-31.余市 Single Malt Grande

海外免税店向け商品。

https://jpwhisky.net/new-yoichigrande-miyagikyogrande-15983/

2-32.余市 Single Malt Peaty & Salty

https://jpwhisky.net/single-malt-yoichi-peaty-salty-5099/

2-33.三郎丸Ⅱ The high priestess Cask strength

https://jpwhisky.net/saburomaru-second-caskstrength-23058/

2-34.余市 Single Malt 10 Years Old

約7年ぶりとなるエイジング表記の余市
年間9000本を出荷しているようなので、いつかは酒屋さんで見つける事が出来るかも知れません。

3.まとめ

如何でしたでしょうか。
ゴールド、ダブルゴールド計38本をご紹介させて頂きました。
サントリー、ニッカ、キリンあたりはほとんどの商品が受賞していましたね。
全てのエントリー商品になにかしらの賞を贈るのは素晴らしい事だと思いますが、誤解を招きやすい事も懸念しています。
あやしいフェイクジャパニーズが受賞し、真っ当な蒸溜所と同列になってしまい、さらに世界各国でも誤解が生じるでしょう。
この受賞商品の中には、香港が本社にあり日本人が一人もいない会社が、どこで作られたものかもさっぱりわからない物にジャパニーズウイスキーと銘打って販売されているものもありました。
世界中で行われている品評会の審査員側に、「ジャパニーズウイスキーの定義」が認知されれば、もしかしたら未然に参加を防げるのかもしれません。
正しく世界にジャパニーズウイスキーの素晴らしさが広まる事を願っています。

この記事を書いた人
万代 竜一

福岡県福岡市出身
福岡にある中洲のBARで14年間修行後、俳優業での活動の拡大も兼ねて2018年上京。俳優佐藤二朗氏作の舞台にて東京初舞台を踏む。特技はギターとビール好きが高じてビール銘柄をブラインドで当てられる事。
最初はウイスキーを飲み慣れておらず苦手だったものの、深く知るにつれて作っている人達の想いが強い事に感銘を受けて、作り手の方達を知ってもらえる一助になれば、と思いJWDに参加。現在はウイスキーが大好き。

万代 竜一をフォローする
スポンサーリンク
ジャパニーズウイスキーディクショナリー
タイトルとURLをコピーしました