【低価格~5,000円までで買える】ジャパニーズウィスキーおすすめ10選

ここ数年で世界的人気となったジャパニーズウィスキー。「山崎」や「白州」、「響」、「竹鶴」、「余市」、「宮城峡」などの昔から有名なウィスキーは、原酒不足で生産量が激減し、日本国内でも定価よりも高値で流通しているのが現状です。また、世界中の多くのウィスキーファンも熱狂し、世界では定価の何倍もの価格で流通しています。

そんな、ジャパニーズウィスキーを「知りたい!」「飲んでみたい!」という、まずはジャパニーズウィスキー初心者向けに、『【低価格帯~5,000円まで】ジャパニーズウィスキーおすすめ10選』と題しまして、当サイト「Japanese Whisky Dictionary」がおすすめする5,000円までで購入できるおすすめのジャパニーズウィスキーを紹介いたします。

1.ジャパニーズウィスキーとは?

普段、あまり気にせず使っている「ジャパニーズウィスキー」という言葉ですが、実は今年2021年2月16日に日本洋酒酒造組合が「ジャパニーズウイスキーの表示に関する基準」を自主基準として制定しました。まずは、この基準について簡単に説明します。

1-1.ジャパニーズウィスキーの自主基準について

「ジャパニーズウィスキー」の基準をクリアする条件として、下記の①~④を満たす必要があります。

①原材料

原材料は、麦芽、穀類、日本国内で採水された水に限ること。なお、麦芽は必ず使用しなければならない。

②製造

糖化、発酵、蒸留は、日本国内の蒸留所で行うこと。なお、蒸留の際の留出時のアルコール分は95度未満とする。

③貯蔵

内容量700リットル以下の木製樽に詰め、当該詰めた日の翌日から起算して3年以上日本国内において貯蔵すること。

④瓶詰

日本国内において容器詰めし、充填時のアルコール分は40度以上であること。

この基準を満たすウィスキーは、殆どが5,000円(税込)を超える商品となってしまう為、今回は次項で示す特別な選定基準としました。

ジャパニーズウィスキーの定義に関する詳しい記事はこちらも是非ご覧ください。

2.【低価格帯~5,000円まで】の選定基準

低価格で購入できるジャパニーズウィスキーで当サイトのおすすめ10選を選定するにあたり、上記で記述してきた通り、ジャパニーズウィスキーの自主基準を採用すると、基準を満たす商品の殆どが5,000円以上となる為、低価格帯に限って特別な選定基準としました。

基準(1)5,000円(税込)未満で買えること

オンラインショップ等で、税込5,000円未満で購入可能なウィスキーである事。

基準(2)日本の原酒を使用していること

日本で蒸留、貯蔵された原酒を使用している事。
※海外からの輸入原酒がブレンドされていても良い事とする。

基準(3)表記が明確で消費者の混乱を招かないこと

海外からの輸入原酒をブレンドしている場合は、消費者がその商品をジャパニーズウィスキーだと勘違いしないよう、商品のラベル等でその旨が明示されている事。

3.低価格帯ジャパニーズウィスキーおすすめ10選

それでは、当サイト「Japanese Whisky Dictionary」がおすすめする、5,000円未満で買えるおすすめのジャパニーズウィスキー10選を紹介いたします!

1位.イチローズモルト&グレーン ワールドブレンデッド(3,850円)

最もおすすめしたいのが、「イチローズモルト&グレーン ワールドブレンデッド」(通称:イチローズモルトホワイトラベル)です。
イチローズモルトの商品は、日本国内でも入手困難で、定価で購入する事は難しいウィスキーですが、そのイチローズモルトの中でも比較的入手しやすく、今でもほぼ定価で購入できるのがこちらの商品です。
商品名に『ワールドブレンデッド』と記載があるように、日本を含めて世界5地域(※)で作られた原酒をブレンドしています。世界中から輸入された原酒は、秩父蒸留所で樽詰めして1年以上の追加熟成を経てブレンドされていて、輸入した原酒をそのままブレンドするのではなく、必ず自分たちの手を加え、秩父の環境で熟成させ、秩父のエッセンスが加わってからブレンドされているのです。
このようなストーリーを聞くと、ますます飲みたくなってきますね!イチローズモルト秩父蒸留所の「美味しいウィスキーを作る」事への情熱を感じられる1本。是非ご賞味ください!
(※世界5地域:日本、スコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダ)

商品名イチローズモルト&グレーン ワールドブレンデッドウィスキー ホワイトラベル
販売価格3,500円(税込:3,850円)
容量700ml
アルコール度数46%
酒別・構成ブレンデッドウィスキー(モルト、グレーン)
日本、スコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダで作られた原酒のブレンド
製造場所ベンチャーウィスキー㈱ 秩父蒸留所
自主基準一部輸入原酒を使用しています

「イチローズモルト&グレーン ワールドブレンデッド」の詳しい情報は是非こちらもご覧ください。

2位.岩井トラディション(2,200円)

2番目にオススメしたいジャパニーズウィスキーは、「岩井トラディション」です。
本坊酒造のウイスキー造りの創生期を支えた岩井喜一郎氏の功績を讃えるべく、2010年に発売された記念のブレンデッドウイスキー。
本坊酒造では、ウィスキーの販売価格を決める時にバーテンダーの意見も参考にされるそうです。バーテンダーがBARでお客様へ提供しやすい価格になるように意識されていて、ここ最近のジャパニーズウィスキー各社の中では、非常に良心的な価格で販売しているメーカーだと思います。
「岩井トラディション」は、安いウィスキー特有のアルコール臭は無く、しっかりと甘味があり、バランスの取れた味わいです。
マルスウィスキーの商品でも、「岩井トラディション」に関しては、『岩井友の会』に所属している酒屋さんだけに卸されると言われていて、どこでも買えるわけではありません。しかし、送料さえ負担すれば、楽天などの通販で容易に購入する事が出来ます。
驚異的なコストパフォーマンスの高さを、是非一度お試しください!

商品名岩井トラディション
販売価格2,000円(税込:2,200円)
容量750ml
アルコール度数40%
酒別・構成

ブレンデッドウィスキー(モルト、グレーン)

製造場所本坊酒造㈱ マルス信州蒸留所
自主基準一部輸入原酒を使用しています

「岩井トラディション」に関する詳しい情報は、是非こちらもご覧ください。

3位.シングルモルト余市(4,900円)

3番目におすすめするのが「シングルモルト余市」です。
様々なバリエーションが存在する余市の、スタンダード商品。
日本ウィスキーの父、竹鶴政孝が日本のスコットランドと称される北海道の「余市蒸留所」で生んだ、日本を代表するウイスキーとして世界的にも評価されているシングルモルトウィスキー。
こだわりの手法、「ストレートヘッド型ポットスチル」と「石炭直火蒸留」による、男性的と評価される重厚な力強さ、ピートと潮の香りが特徴となっています。
5000円以内でこのクオリティ、そして稀にコンビニでも取り扱っているため、大変お買い求めやすい一本。
是非、今一度ご賞味ください!

created by Rinker
余市
¥5,300 (2021/12/03 22:48:27時点 Amazon調べ-詳細)
商品名シングルモルト余市
販売価格4,455円(税込:4,900円)
容量700ml
アルコール度数45%
酒別・構成

シングルモルトウィスキー

製造場所ニッカウヰスキー株式会社 余市蒸留所
自主基準ジャパニーズウイスキーの表示基準に合致した商品です

「シングルモルト余市」に関する更に詳しい情報は、是非こちらもご覧ください。

4位.シングルモルト宮城峡(4,300円)

4番目は、3位に続きニッカウヰスキーより、「シングルモルト宮城峡」です。
余市蒸留所の稼働から30年。「異なる蒸留所で生まれた複数の原酒をブレンドすることで、ウィスキーはより味わい深く豊かになる」という竹鶴政孝の信念から仙台、宮城峡に建設された宮城峡蒸留所。平成元年、宮城峡蒸留所操業20周年を記念して作られました。
特徴といえば、「カフェ式連続式蒸留器」。これにより、軽快な中にも深みと厚みが生まれます。
余市とは対照的に女性的と評価され、りんごや洋梨を思わせる甘く華やかな香りと樽由来のやわらかなバニラ香が調和。ドライフルーツのようなスイートさとなめらかな口当たり。モルトの甘みと樽香が優しく広がるやわらかな余韻が特長です。
これからウィスキーを飲み始めたい!という方にもおすすめできる一本です。
こちらも余市同様、稀にコンビニ等で見かけることができます。

created by Rinker
宮城峡
¥4,565 (2021/12/03 22:48:27時点 Amazon調べ-詳細)
商品名シングルモルト宮城峡
販売価格3,910円(税込:4,300円)
容量700ml
アルコール度数45%
酒別・構成

シングルモルトウィスキー

製造場所ニッカウヰスキー株式会社 宮城峡蒸留所
自主基準ジャパニーズウイスキーの表示基準に合致した商品です

「シングルモルト宮城峡」に関する詳しい情報は、是非こちらもご覧ください。

5位.サントリー知多(3,500円)

5番目は、「サントリー知多」です。
愛知県・知多蒸留所は、連続式蒸留器によってクリーン、ミディアム、ヘビーの3タイプのグレーン原酒のつくり分けを行っており、そのグレーン原酒のみをブレンドし作り出されたのが「サントリー知多」です。
原材料に「モルト」表記があるがこれは素材となるトウモロコシやライ麦、小麦などのグレーンにモルトを少量添加して、発行させているためです。
軽やかな味わいとほのかに甘い香りは、「風香るハイボール」のキャッチコピーの通りに、ハイボールにすると確かな熟成感を残しながら、風のように軽やかな飲みごこち。清々しくやさしい香り、そしてほのかな甘みがうまみを引き立てます。
シーンを選ばず、気軽に飲める一本です。

created by Rinker
知多
¥3,950 (2021/12/03 22:48:28時点 Amazon調べ-詳細)
商品名サントリーウィスキー知多
販売価格3,181円(税込:3,500円)
容量700ml
アルコール度数43%
酒別・構成

シングルグレーンウィスキー

製造場所サントリースピリッツ株式会社 知多蒸留所
自主基準ジャパニーズウイスキーの表示基準に合致した商品です

「サントリー知多」に関する詳しい情報は、是非こちらもご覧ください。

6位.マルスモルテージ越百(4,500円)

6位は「マルスモルテージ越百(こすも)」です。
「いつか日本の風土を生かした本物のウイスキーを造りたい」その夢を実現させるべく建てられたマルスウィスキーマルス信州蒸留所は、霊峰駒ヶ岳を仰ぎ、標高798mの大自然のその静寂の中にたたずんでいます。
「越百(こすも)」というのは、中央アルプスに連なる山の一つの「越百山(こすもやま)」から名付けられたそうです。宇宙を連想させる越百(コスモ)という呼び名と、ラベルデザインは中央アルプス山麓にあるマルス信州蒸留所から見上げた夜空をイメージしたもの。
マルスウイスキーのブレンド技術により、タイプの異なるモルト原酒をヴァッティングすることで、複雑さと奥行きを表現したモルトウイスキーです。
蜂蜜を感じさせる甘い香りと樽香。熟したフルーツ感とスモーキーフレーバーが広がった後、柔らかく優しい余韻が続きます。柔らかい口当たりと軽いボディ。かなり飲みやすい印象です。
ジャパニーズウィスキー入門の方に是非、試していただきたい一本です。

商品名マルスモルテージ越百
販売価格4,090円(税込:4,500円)
容量700ml
アルコール度数43%
酒別・構成

ブレンデッドモルトウィスキー

製造場所本坊酒造(株) マルス信州蒸留所
自主基準一部輸入原酒を使用しています

「マルスモルテージ越百」に関する詳しい情報は、是非こちらもご覧ください。

7位.フロムザバレル(3,500円)

続いて第7位「ニッカ フロムザバレル」です。
世界的な酒類品評会である「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)2016」において5年連続で金賞を受賞。その他にも多くの賞を受賞しており、「名前だけなら聞いたことがある!」という方も多いと思います。
フロムザバレルは、熟成を経たモルト原酒とグレーン原酒をブレンド後、さらにもう一度樽詰めし、数ヶ月ほど再貯蔵。この再貯蔵は「マリッジ」と呼ばれ、まさにこの間、個性の違うウイスキーは結婚したかのように深く馴染み合い、調和の取れた美味しさが生まれます。
再貯蔵された多くのウイスキーは、瓶詰め前に割り水によってアルコール分・40~45%程度に調整されますが、『フロムザバレル』の名の通り、割り水を最小限に抑え、アルコール分「51%」に設定。マリッジで生まれた濃厚にして繊細な香りと味わい、豊かで長い余韻と。なんといってもどっしりとした飲み応えが抜群です。

created by Rinker
ニッカ フロム ザ バレル 51度 500ml 箱なし
¥5,478 (2021/12/04 06:32:49時点 Amazon調べ-詳細)
商品名ニッカ フロムザバレル
販売価格3,181円(税込:3,500円)
容量500ml
アルコール度数51.4%
酒別・構成ブレンデッドウィスキー(モルト、グレーン)
製造場所ニッカウヰスキー株式会社 余市蒸留所 宮城峡蒸留所 
自主基準一部輸入原酒を使用しています

「フロムザバレル」に関する詳しい情報は、是非こちらもご覧ください。

8位.ニッカ セッション(3,300円)

第8位、「ニッカセッション」です。
ニッカが2020年9月29日に6年ぶりに発売した新ブランド。
ブレンディングを手掛けたのは、主席ブレンダーの女川裕司氏。
「スコットランドと日本のモルト原酒を、先入観なく自由な発想でブレンドしてみよう。そうすれば本当に美味しいウィスキーがつくれるのではないか。そんな気持ちで試行錯誤を繰り返しました。」
スコットランドと日本の高品質なモルト原酒をブレンドした、新しいコンセプトのプレミアムウィスキーです。
ハイランドで育まれた、フルーティーでかろやかなベン・ネヴィスや、華やかな香りを咲かせるスコティッシュモルトの数々と、ふくよかな宮城峡モルトと、力強い余市モルトが互いの個性を発揮しながら繰り広げる心地よい音楽のようなウィスキー。
モルトの甘さと香ばしさ、樽由来のバニラ香、フルーツのような爽やかな香り。口当たりはクリーミーで、フルーティで軽やかな味わいの後に、ほのかなビターとピートが余韻としてゆっくり広がります。
初年度50,000ケース(700ml×12本)限定で発売でしたが、通販サイトではまだ在庫はあるみたいです。ぜひこのハーモニーをお試しください。

created by Rinker
ニッカ
¥3,742 (2021/12/03 23:38:07時点 Amazon調べ-詳細)
商品名ニッカ セッション
販売価格3,000円(税込:3,300円)
容量700ml
アルコール度数43%
酒別・構成ブレンデッドモルトウィスキー 
スコットランドのモルト原酒と日本のモルト原酒を使用
製造場所ニッカウヰスキー株式会社 余市蒸留所 宮城峡蒸留所
スコットランド ベン・ネヴィス蒸留所
自主基準一部輸入原酒を使用しています

「ニッカセッション」に関する詳しい情報は、是非こちらもご覧ください。

9位.スーパーニッカ(2,500円)

9位は「スーパーニッカ」です。
1962年10月にニッカウヰスキーから発売されました。
竹鶴政孝の妻リタが急逝し、竹鶴政孝は丸2日部屋から出てきませんでした。
「日本で本物のウィスキーを作ること」それは彼自身の夢であり、リタと交わした約束。その情熱が竹鶴を再奮起させます。
息子、威(たけし)とともに余市蒸留所の研究室に籠り、完成したのが「スーパーニッカ」。
「ウイスキーが熟成するまで何年もかかる。大きくなった娘を嫁にやるのと同じだから、立派な衣装を着せてやりたい」
ウィスキーを心から愛した彼は、カガミクリスタル製の手吹きボトルを採用。これは一本一本造形が微妙に異なるためキャップも一つ一つ合うものを選ぶ必要があり、量産ができず年間1,000本の製造が限界でした。発売価格も、当時3,000円(現在の感覚で約40,000円)と極めて割高でしたが、売れ行きは好調。「幻のスーパーニッカ」と言われました。
1980年代後期には量産体制が整い、ニッカウヰスキーを代表するブランドに。発売当初から現在まで、時間を掛け少しづつブレンドを変え、現在は余市のスモーキーかつ力強いピート感の漂う男性的なモルト、宮城峡のやわらかさを伴った華やかな女性的なモルト、そして宮城峡のカフェスチルで蒸溜したカフェグレーンの、ニッカの各種原酒をブレンドした物になっています。余市の男性的な特徴と宮城峡の女性的な特徴を併せ持ち、2面の顔を見せてくれるその味わいはまさに、竹鶴政孝とリタの夢と情熱の結晶のよう。

created by Rinker
ニッカ
¥2,036 (2021/12/04 09:33:55時点 Amazon調べ-詳細)
商品名スーパーニッカ
販売価格2,272円(税込:2,500円)
容量700ml
アルコール度数43%
酒別・構成ブレンデッドウィスキー(モルト、グレーン)
製造場所

ニッカウヰスキー 余市蒸留所 宮城峡蒸留所

自主基準一部輸入原酒を使用しています

10位.サンシャインウィスキープレミアム(2,200円)

ラストは三郎丸蒸留所より、「サンシャインウィスキープレミアム」です。
三郎丸は、火災、老朽化と危機に瀕しますが、地域の方の協力や、クラウドファンディングで再建。
2017年7月に、「北陸唯一の見学できるウィスキー蒸留所」として生まれ変わりました。
「富山から、世界に愛されるウイスキーを。」をモットーに1953年に若鶴酒造が初めて発売したのが「サンシャインウィスキー」です。この名前は、公募で決まったもので、
「戦争の中ですべてを失った日本で水と空気と太陽光線からできる蒸留酒によってふたたび日をのぼらせよう」
(若鶴酒造のサイトより)
の思いが込められています。
1953年の発売から半世紀後。新たなブレンドとして開発されたのが、この「サンシャインウィスキープレミアム」。
モルティでスモーキーな香り。アルコールの刺激はまろやかで、前面に現れるバニラやカラメルのような甘みとフルーツ感。ほかのジャニーズウィスキーでは感じることのできないピート感があります。余韻はかなりドライ。
若さを感じますが、飲みづらさはほとんど無く、とても丁寧な作りを感じます。
この価格でこのクオリティは間違いありません。一度は絶対に試していただきたい一本です。

created by Rinker
サンシャインウイスキー
¥2,530 (2021/12/04 13:54:36時点 Amazon調べ-詳細)
商品名サンシャインウイスキープレミアム
販売価格2,000円(税込:2,200円)
容量700ml
アルコール度数40%
酒別・構成ブレンデッドウィスキー(モルト、グレーン)
製造場所

若鶴酒造株式会社 三郎丸蒸留所

自主基準一部輸入原酒を使用しています