World Whiskies Awards 2024(ワールドウイスキーアワード2024) 日本予選の結果発表と受賞商品一覧

ニュース
ニュース
八郷蒸溜所余市蒸溜所宮城峡蒸溜所キリン富士御殿場蒸溜所秩父蒸溜所(イチローズモルト)厚岸蒸溜所信州蒸溜所津貫蒸溜所嘉之助蒸溜所ガイアフロー静岡蒸溜所三郎丸蒸留所長濱蒸溜所桜尾蒸留所江井ヶ嶋蒸溜所

2024年2月1日、世界各国からエントリーされたウイスキーの中からカテゴリーごとの最高賞を決めるウイスキーのコンペティション「World Whiskies Awards(ワールド・ウイスキー・アワード)」の2024年度の各国の予選の結果が発表されました。
ジャパニーズウイスキーでは、14銘柄がカテゴリウィナーを受賞し、この後に世界ラウンドへ進出となります。

本記事では、今回は出品された日本メーカーのウイスキーのうち、100%日本製造のウイスキーであるカテゴリ【Japan】のものに限定し、カテゴリ毎に整理して紹介して参ります。

※「New Make & Young Spirit」は今回は割愛させて頂きます。
※受賞タイトル「Bronze」は商品名のみ紹介とさせて頂きます。

スポンサーリンク

1.ワールド・ウイスキー・アワードとは?

ワールド・ウイスキー・アワードは、国際的に認められたあらゆるスタイルのウイスキーの中から、最も優れたものを選出する世界的な賞です。酒類専門家のための世界No.1オンラインリソースであるTheDrinksReport.comが主催するワールド・ウイスキー・アワードは、世界最高のウイスキーを選び、表彰し、世界中の消費者および業界関係者に向けてプロモーションを行うものです。

2.審査の流れ

この審査は、Taste(味)とDesign(デザイン)の2つのジャンルに分かれていますが、ここではTaste(味)の審査に関して説明していきます。

2-1.第1ラウンド

各ウイスキーをそれぞれのスタイルでテイスティングし、スタイルの勝者を特定・選出します。ワールド・ウイスキー・アワードの審査員には、国際的に活躍するジャーナリスト、酒類小売業者、業界の専門家などが名を連ねています。第一ラウンドの審査は、出品国それぞれで行われているようです。

2-2.第2ラウンド

スタイル賞を受賞したウイスキー同士をテイスティングし、各カテゴリーの「ベスト」ウイスキーを決定します。

2-3.第3ラウンド

各カテゴリーの「ベスト」ウイスキーは、最後にもう一度テイスティングを行い、「ワールド・ベスト」ウイスキーを決定します。この段階での審査員には、第1ラウンドと第2ラウンドの審査員に加え、第一線の蒸溜所経営者やウイスキー業界の専門家が名を連ねます。

3.日本の第1ラウンドの結果

それでは、日本より出品されたウイスキーの第1ラウンドの結果をカテゴリ毎に見ていきたいと思います。このリストのオリジナルの情報はこちら

尚、ボリュームの関係上、Blonze受賞ウイスキーは商品名のみの紹介とさせて頂きます。

3-1.Blended(ブレンデッド)

ブレンデッドウイスキーとは、少なくとも1種類のシングルモルトウイスキーと1種類のシングルグレーンウイスキーをヴァッティングして製造されたウイスキーです。ブレンデッドモルトに地理的表示(例:アイリッシュブレンデッドモルト)がある場合、そのブレンドはラベルに記載されている国でヴァッティングされ、瓶詰めされたものでなければなりません。さらに、構成ウイスキーの大部分(50%以上)が、ラベルに記載されている国で蒸留・熟成されたものでなければ、エントリーの資格はありません。

【Category Winner】シングルブレンデッド ジャパニーズウイスキー 富士

【レビュー】シングルブレンデッドジャパニーズウイスキー富士
シングルブレンデッドジャパニーズウイスキー富士。仕込から熟成までを全て富士山のふもとで行う、富士御殿場蒸溜所ならではの多彩なモルトとグレーンをブレンドした、世界でも稀有な商品です。

【Silver】日の丸ウイスキー KOME

【画像出展:日の丸ウイスキー KOME

日の丸ウイスキー KOME | HINOMARU WHISKY
酒米を30%の配合で醸造したもろみを、ポットスチルで蒸留したライスグレーンウイスキーに、味わい深いモルト原酒をブレンドしました。熟成はバーボン樽、シェリー樽を用い3年以上。米由来のフルーティーな香りとモルトウイスキーが奏でる複雑な味わいをお楽しみください。

3-2.Blended Limited Release(ブレンデッド 限定発売)

ブレンデッドウイスキーの発売で3600本以下の限定生産のもの。

【Category Winner】イチローズモルト&グレーン リミテッドエディション 2024

写真は2023年のバージョンなので、今回受賞したのは今年(2024年)にリリースされる商品と思われます。

Silver】日の丸ウイスキー The 1st Barrels

日の丸ウイスキー The 1st Barrels | HINOM...
「日の丸ウイスキー The 1st Barrels」は、2016年に那珂市・額田蒸溜所で最初に蒸溜したモルト原酒と、2020年に石岡市・八郷蒸溜所で最初に蒸留した国産小麦のグレーン原酒をそれぞれシェリー樽で熟成しブレンドしました。個性豊かな2か所の蒸溜所の原酒が生み出すハーモニーをお楽しみください。

3-3.Blended Malt(ブレンデッドモルト)

ブレンデッドモルトウイスキーは、異なる蒸溜所で蒸溜されたシングルモルトウイスキーを組み合わせて製造され、パッケージでは「ヴァッテッドモルト」または「ピュアモルト」と表記されることもあります。ブレンデッドモルトに地理的表示(例:アイリッシュブレンデッドモルト)がある場合、そのブレンドはラベルに記載されている国でヴァッティングされ、瓶詰めされたものでなければなりません。さらに、構成ウイスキーの大部分(50%以上)が、ラベルに記載されている国で蒸留・熟成されたものでなければ、エントリーの資格はありません。

【Category Winner】Mars The Y.A. #02

【レビュー】MARS The Y.A. #02
MARS The Y.A. #02は、本坊酒造より2023年5月上旬発売。9,900円(税込)。温暖な気候を感じさせる果実香、屋久島の森に霧がかかった時の神秘的な情景をイメージさせるスモーキーフレーバーや、潮風を連想させる香味。

【Silver】ニッカ 竹鶴 ピュアモルト

【レビュー】竹鶴ピュアモルト 新ラベル
2020年3月竹鶴17年・竹鶴21年・竹鶴25年が終売。竹鶴ピュアモルト(年数表記なし)はリニューアル。余市モルトの原酒使用比率を高め、香りやコクの余韻が付け足されました。北の海に鍛えられたモルトと、緑の峡谷で育まれたモルトを磨きあげ、組みあわせてできたのが新竹鶴ピュアモルトです。

【Bronze】イチローズモルト ダブルディスティラリーズ

【レビュー】イチローズモルト ダブルディスティラリーズ(DD)
2009年、WWA(ワールドウイスキーアワード)にて「ベストジャパニーズ・ブレンデッドモルト」受賞。羽生蒸留所と秩父蒸留所のモルト原酒をバッティング、羽生蒸留所のモルト原酒はパンチョン樽を主体に「シェリー樽」、秩父蒸留所のモルト原酒は「ミズナラ樽」を使用。

3-4.Single Cask Single Malt – No Age Statement(シングルカスクシングルモルト – ヴィンテージ無し)

シングルカスクとは、容量750リットル以下の木製樽を指します。シングルカスク・シングルモルト・ウイスキーの認定には、水(希釈用)および/スピリッツ・キャラメル以外のいかなる物質も添加せずに、排出およびボトリングされたことが条件となります。シングルカスク・シングルモルトの製造プロセスにおいて、2つ以上の樽をヴァッティングすることは一切認められていません。

【Category Winner】YUZA Medium Peated 2023 Spring

三越伊勢丹限定で発売された遊佐蒸溜所のシングルカスク。

【Silver】シングルモルト嘉之助 蒸溜所限定 #008

シングルモルト嘉之助蒸溜所、限定ボトル、#008、容量:200mI
ノーブランド品

3-5.Single Cask Single Malt –12 Years & Underシングルカスクシングルモルト –12年以下

【Category Winner】シングルカスク津貫 AGED 6 YEARS Cask No.T121

「12 Years & Under」のスタイルでカテゴリウィナーを受賞。
現時点では、メーカーHP等での商品情報が確認出来ず、今後発売予定ではないかと思われます。

【Silver 三郎丸 Ⅰ THE MAGICIAN For 一口樽オーナー 2018

2018年に三郎丸蒸留所の一口樽オーナーに応募された樽オーナー向けにボトリングされたウイスキー。
現時点で、メーカーHP等での商品詳細は公表されておりません。

【Bronze】シングルモルト三郎丸Ⅱ 70周年記念 スパニッシュオーク

【レビュー】シングルモルト三郎丸Ⅱ 70周年記念 スパニッシュオ...
シングルモルト三郎丸Ⅱ 70周年記念 スパニッシュオークは、三郎丸蒸留所より2022年11月24日発売。24,200円(税込)。世界初の鋳造製ポットスチル「ZEMON(ゼモン)」で蒸留。スパニッシュオークの新樽で熟成したシングルカスク、カスクストレングス。

【Bronze】シングルモルト三郎丸2019 3年 T&T TOYAMA COLLECTION

【レビュー】シングルモルト三郎丸2019 3年 T&T TOYA...
シングルモルト三郎丸2019 3年は、T&T TOYAMAより2023年2月14日発売。19,800円(税込)。これぞ三郎丸蒸留所という「圧倒的スモーキーな味わい」と円やかで舌触りも滑らかで甘さがプラスされたZEMONの酒質が見事にマッチした1本。

3-6.Single Malt – No Age Statementシングルモルト – ヴィンテージ無し

シングルモルト・ウイスキーは、麦芽100%、銅製のポットスチルを使って最低2回蒸留しなければなりません。複数の樽を使用することもできますが、単一の蒸留所の製品でアルコール度数40%以上、木製の樽で最低2年間熟成されている必要があります。シングルモルトウイスキーに地理的表示(アイリッシュシングルモルトウイスキーなど)がある場合は、ラベルに記載されている国で蒸溜・熟成されたものでなければなりません。

【Category Winner】イチローズ モルト秩父 レッドワインカスク 2023

【レビュー】イチローズモルト秩父レッドワインカスク2023
イチローズモルト秩父レッドワインカスク2023は、秩父蒸溜所より2023年9月1日発売。16,500円(税込)。赤ワインカスク特有のタンニン感に、フルーティかつ、しっかりとしたスパイシーさも感じられ長い余韻に包まれます。

【Silverシングルモルト津貫2024エディション

429 Too Many Requests

【Silver】シングルモルト余市 グランデ

【Silver】YUZA シングルモルト 2023

【レビュー】YUZA 2023
YUZA 2023は、2023年5月24日発売。13,750円(税込)。遊佐蒸溜所のハウススタイルの“原点”ともいえるバーボン樽で熟成させたものから厳選、クリーンでフルーティーな味わい、バニラのような甘い風味が特徴です。「クリーン、スウィート&フルーティー」バニラやハチミツ、そしてフルーティーな甘い香り。

【Bronze】シングルモルト江井ヶ嶋 QUARTET(カルテット)

【Bronze】シングルモルト嘉之助

【レビュー】シングルモルト嘉之助
シングルモルト嘉之助は、嘉之助蒸溜所の定番フラッグシップ商品として2023年1月18日発売。9,900円(税込)。ノンピート麦芽を使用し、アメリカンホワイトオークのリチャーカスクで熟成した原酒をキーに、複数の樽をヴァッティング。

【Bronze】シングルモルト嘉之助 2023 エディション

【レビュー】シングルモルト嘉之助 2023 LIMITED ED...
シングルモルト嘉之助 2023 LIMITED EDITIONは、嘉之助蒸留所より2023年6月14日発売。14,300円(税込)。2018~2019年にピート麦芽で仕込み、バーボン樽で熟成した原酒がメイン。焼酎リチャーカスク原酒等、複数の樽をヴァッティング、カスクストレングスでボトリング。

【Bronze】厚岸シングルモルト啓蟄

【レビュー】厚岸シングルモルトジャパニーズウイスキー啓蟄(けいち...
厚岸シングルモルト啓蟄(けいちつ)は、 2023年2月27日発売。19,800円(税込)。「啓蟄」は香ばしくも甘く後から若干ですがピーティな余韻も出てきます。全粒粉クッキーのような麦の香ばしさと甘みも感じ取れます。

【Bronze】シングルモルト余市

【レビュー】シングルモルト余市
2015年9月1日発売。シングルモルト余市。2017 ISC金賞。ストレートヘッド型ポットスチルと石炭直火蒸留ならではの重厚さと香ばしさ。ヘビーピートタイプの原酒が力強く主張し、新樽モルトとシェリー樽モルトのしっかりとしたボディ感とウッディな樽の風味、ピート香とソルティさを感じる個性的なシングルモルト。

【Bronze】YUZA Third Edition 2023

【レビュー】YUZA Third Edition 2023-特徴...
YUZA Third Editionは、遊佐蒸溜所より2023年11月発売、16,500円(税込み)。希少な『ミズナラ』の樽で熟成させた原酒を使用。さらにバーボンとシェリー樽の原酒もバッティングし、遊佐蒸溜所ならではのフルーティーさと共に複雑で上品な風味。

3-7.Single Malt –12 Years & Under(シングルモルト – 12年以下

【Category Winner】シングルモルト余市10年

【Silver】シングルモルトあかし PXシェリーカスク5年 Heavily Peated

【Bronze】日の丸ウイスキー シェリーカスク

3-8.Small Batch Single Malt – No Age Statement(スモールバッチシングルモルト – ビンテージ無し

スモールバッチシングルモルトウイスキーとは、100個以下の樽を使用して製造されたシングルモルトウイスキーと定義されます。

【Category Winner】 シングルモルト静岡 ポットスティルW 純日本大麦 初版

【レビュー】静岡 ポットスティルW 純日本大麦 初版
静岡 ポットスティルW 純日本大麦 初版は、2023年5月下旬発売、18,150円(税込)。「プロローグW」の後継で薪直火蒸留機Wの原酒で構成されたWシリーズの第3弾。日本産大麦を100%使用。ノンピートのバーボン樽熟成の原酒のみを使用したジャパニーズウイスキー。

Silver】シングルモルト津貫 7th Anniversary ローカルバーレイ

【レビュー】シングルモルト津貫 7th Anniversary ...
2020年以降コロナ禍の影響もあり、4年ぶりの現地開催となった「津貫蒸溜所祭」の限定ボトルです。価格は13,200円(税込)。今回は地元の大麦を使用したローカルバーレイ。特徴や味わいを紹介。

【Bronze】シングルモルト戸河内 Misty Stillman’s Selection

【Bronze】YUZA オロロソ・シェリーカスク 2023

3-9.Small Batch Single Malt12 Years & Under(スモールバッチシングルモルト12年以下)

【Category Winner】 シングルモルト駒ヶ岳 AGED 9 YEARS スモールバッチ

429 Too Many Requests

Silver】シングルモルト長濱 THE SECOND BATCH

【レビュー】シングルモルト長濱 THE SECOND BATCH
シングルモルト長濱 THE SECOND BATCHは、長濱蒸留所より2023年5月16日発売。11,000円(税込)。2019年蒸溜のオロロソシェリー樽 、KOVALウイスキー樽 、アイラクォーター樽、バーボンクォーター樽といった4種の熟成原酒を「AMAHAGAN」で培った技術と経験を用いて、慎重にヴァッティング。

【Bronze】シングルモルト長濱 THE THIRD BATCH

【レビュー】シングルモルト長濱 THE THIRD BATCH-...
長濱ロマンビールが手掛ける長濱蒸溜所より、「シングルモルト長濱」2022年にFIRST BATCH、23年5月にSECOND BATCHと発売されており、約7か月振りのシングルモルト長濱 THE THIRD BATCHが届きました。今回のキーモルトはどちらもピートタイプのバーボンバレル熟成原酒とアイラクォーター樽熟成原酒。11,000円(税込)

【Bronze】シングルモルト三郎丸Ⅲ THE EMPRESS

【レビュー】シングルモルト三郎丸Ⅲ THE EMPRESS-特徴...
若鶴酒造、三郎丸蒸留所よりシングルモルト三郎丸Ⅲ THE EMPRESSが発売されました。価格は14,850円(税込)。『女帝』の名が冠されたこちらの商品は、三郎丸蒸留所初の試みとして、アイラピート麦芽で仕込みを行い、今までの三郎丸とは違う一面が感じられます。

【Bronze】シングルモルト三郎丸Ⅲ THE EMPRESS カスクストレングス

【レビュー】シングルモルト三郎丸Ⅲ THE EMPRESS カス...
若鶴酒造、三郎丸蒸留所よりシングルモルト三郎丸Ⅲ THE EMPRESSカスクストレングスが発売されました。価格は19,800円(税込)。『女帝』の名が冠されたこちらの商品は、蒸留所初の試みとして、アイラピート麦芽で仕込みを行い、今までの三郎丸とは違う一面が感じられます。通常版との違いもご覧ください。

3-10.Grain(グレーン

グレーン・ウイスキーは、1種類以上の穀物からなるもろみを蒸溜したもので、小麦、トウモロコシ、大麦、キビ、スペルト、米、オート麦、ライ麦などが含まれるが、これらに限定されるものではない。

【Category Winner】ニッカザグレーン

【レビュー】ニッカ ザ・グレーン
「ニッカ ザ・グレーン」は、2023年3月28日発売、13,200円(税込)。2021年から展開する“NIKKA DISCOVERYシリーズ”の第3弾商品としてリリース。ニッカウヰスキーが保有する“グレーンウイスキーの多様性”に着目し開発されたウイスキー。

【Silver】ニッカカフェグレーン

【レビュー】ニッカ カフェグレーン
伝統的な連続式蒸留機が生む甘い香りとなめらかな口当たり「ニッカカフェグレーン」は、世界でも稀少な“カフェ式連続式蒸溜機”でつくられた味わい深いグレーンウイスキーです。一般的なグレーンウイスキーに比べ、原料由来の甘さがしっかりと残っているのはカフェ式だからこそ。

【Bronze】シングルグレーンジャパニーズウイスキー富士

【レビュー】シングルグレーンウイスキー富士
世界的に評価の高い富士御殿場蒸留所のグレーンウィスキー原酒のみを使用しており、香味タイプの異なる3種類のグレーン原酒を組み合わせ、それぞれの香味特長を生かした味わいになっている。フルーティーな果実香、オレンジやグレープが感じられる香味が特長のウィスキー。

3-10.Pot Still(ポットスティル)

ポットスティルウイスキーは、麦芽と未発芽の大麦の両方を含むマッシュビルで製造され、銅製のポットスティルで少なくとも2回蒸留されなければならない。このカテゴリーに分類されるためには、ポットスティルウイスキーはアルコール度数40%以上で瓶詰めされ、樽で最低2年間熟成されなければならない。

【Category Winner】嘉之助 HIOKI POT STILL

【レビュー】嘉之助 HIOKI POT STILL-特徴や味、定...
「シングルモルト嘉之助」に次ぐ、定番商品となる、「嘉之助 HIOKI POT STILL」が発売されました。「日置の蒸留蔵にて、アイリッシュポットスチルにインスパイアされた、新感覚のジャパニーズポットスチル」にて蒸留された商品です。小正嘉之助蒸溜所が手掛ける新しいジャパニーズウイスキーの形。希望小売価格は12,100円(税込)。

4.考察

昨年秋に発表された「ドリンクス・インターナショナル(Drinks International)の「世界で最も賞賛されるウイスキー」では、サントリーが複数の銘柄でタイトルを受賞し、快挙を果たした事が記憶に新しいところですが、今回の「ワールド・ウイスキー・アワード2024」ではサントリー製品の出品は行われて無かった模様です。

インターナショナルスピリッツチャレンジ2023で「山崎25年」「...
世界的な酒類コンペティション「ISC」でサントリーの「山崎25年」が全部門での最高賞「シュプリーム チャンピオン スピリット」を初受賞の快挙。その他ジャパニーズウイスキー多数受賞。ゴールド以上の受賞商品を一挙紹介。

大手メーカーとしては、ニッカ、キリンは順当に各カテゴリで「カテゴリウィナー」を受賞。

クラフトディスティラリーの中でもベテランの、秩父蒸溜所、マルスウイスキー(本坊酒造)は実力の高さを示すように複数カテゴリで「カテゴリウィナー」を受賞。

静岡蒸溜所、嘉之助蒸溜所、遊佐蒸溜所も「カテゴリウィナー」を受賞して世界ラウンドへ進出。

「カテゴリウィナー」の受賞は無かったものの、その他クラフトディスティラリー勢の健闘は、ジャパニーズウイスキーの品質が確実に高くなっている結果だと思います。

また、本記事には記載していませんが、「New Make & Young Spirit」部門でも19銘柄がタイトルを受賞しました。新潟亀田蒸溜所、新道蒸溜所、井川蒸溜所、山鹿蒸溜所、久住蒸留所、飛騨高山蒸溜所、丹波蒸溜所と、最近では日本国内のウイスキーフェスの常連蒸溜所の面々がしっかりと結果を出してきていると感じました。

最近では、「ジャパニーズウイスキーも淘汰の時期に入った」と言われる事がしばしばあります。まさに淘汰されて消えてゆく蒸溜所と、ますます実力を備えて成長していく蒸溜所と、今後更に二極化していくのではないかと予想されます。

世界的にも高級ウイスキーに人気が集まり、価値が上がり続けている背景にあるであろう「本物志向」に更に拍車がかかってくるのではないでしょうか。

引き続きジャパニーズウイスキーの発展を見守って参りたいと思います。

この記事を書いた人
新海 博之

1981年7月17日 北海道北広島市出身
大学卒業後、NTTデータカスタマサービス㈱へ新卒入社。
2010年「麻布十番BAR新海」を開業 → 2016年、名物「薬膳カレー」を開発 → 2018年「虎ノ門BAR新海」、2019年には「芝大門BAR新海」を開業 → 2020年 ウェブメディア「Japanese Whisky Dictionary」をスタート。
バーテンダーの私達だから出来る事として、ジャパニーズウイスキーの魅力を日々発信する。

新海 博之をフォローする
スポンサーリンク
ジャパニーズウイスキーディクショナリー
タイトルとURLをコピーしました